新橋駅周辺[東京都]*51枚

2021年1月、新橋・浜松町周辺を散策しました。新橋駅は1872年(明治5年)に横浜駅(現桜木町駅)とを結ぶ日本初の鉄道路線の駅として開業しました。日本の鉄道発祥の地であり、当時の駅は後の汐留駅にありました。東京の南の玄関口として機能し、1914年(大正3年)に東京駅まで開通すると烏森駅が新橋駅となりました。現在はJR東日本の他に東京メトロ、都営地下鉄、ゆりかもめの駅があります。

駅周辺はビジネス街で、SL広場は「サラリーマンの街」としてテレビなどでよく取り上げられ、駅周辺はサラリーマン向けの飲食店等が立ち並んでいます。1971年(昭和46年)竣工の「ニュー新橋ビル」(通称おやじビル)や1966年(昭和41年)竣工の「新橋駅前ビル」は「サラリーマンのオアシス」として昭和レトロな雰囲気を残していますが、2022年(令和4年)には再開発の為解体される予定です。

作成

撮影場所の概要
撮影時期2021年01月
エリア関東地方 / 東京都
所在地東京都港区新橋2丁目
アクセスJR「新橋」駅周辺
地図

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


日比谷口・SL広場

日比谷口のSL広場へ。「サラリーマンの街」としてTV等で良く見られる場所です。
日比谷口のSL広場へ。「サラリーマンの街」としてTV等で良く見られる場所です。

日比谷口のSL広場へ。「サラリーマンの街」としてTV等で良く見られる場所です。

JR新橋駅レンガ造りの高架駅。
JR新橋駅レンガ造りの高架駅。

JR新橋駅レンガ造りの高架駅。

駅の奥には汐留の高層ビル群。
駅の奥には汐留の高層ビル群。

駅の奥には汐留の高層ビル群。

1971年(昭和46年)竣工、レトロな雰囲気のニュー新橋ビルがあります。
1971年(昭和46年)竣工、レトロな雰囲気のニュー新橋ビルがあります。

1971年(昭和46年)竣工、レトロな雰囲気のニュー新橋ビルがあります。

広場にはシンボルのSLがあります。
広場にはシンボルのSLがあります。

広場にはシンボルのSLがあります。

SLの前方。複雑な構造の大きな動輪。
SLの前方。複雑な構造の大きな動輪。

SLの前方。複雑な構造の大きな動輪。

SLの後方。運転室と多数の配線。
SLの後方。運転室と多数の配線。

SLの後方。運転室と多数の配線。

重厚なSLが間近に見られます。
重厚なSLが間近に見られます。

重厚なSLが間近に見られます。

道路側より。
道路側より。

道路側より。

駅周辺はオフィス街。
駅周辺はオフィス街。

駅周辺はオフィス街。

飲食店などの雑居ビルが連なります。
飲食店などの雑居ビルが連なります。

飲食店などの雑居ビルが連なります。

ニュー新橋ビルは通称「おやじビル」。
ニュー新橋ビルは通称「おやじビル」。

ニュー新橋ビルは通称「おやじビル」。

乙女と盲導犬の像があります。
乙女と盲導犬の像があります。

乙女と盲導犬の像があります。

駅はレトロなレンガ造り。連なるアーチに店舗があります。
駅はレトロなレンガ造り。連なるアーチに店舗があります。

駅はレトロなレンガ造り。連なるアーチに店舗があります。

レンガは結構傷んでいる印象。
レンガは結構傷んでいる印象。

レンガは結構傷んでいる印象。

駅周辺のビル群、行き交う人々。
駅周辺のビル群、行き交う人々。

駅周辺のビル群、行き交う人々。

銀座口

銀座口へ。新幹線の下より有楽町、銀座方面。
銀座口へ。新幹線の下より有楽町、銀座方面。

銀座口へ。新幹線の下より有楽町、銀座方面。

汐留方面に大きなビル群が林立。
汐留方面に大きなビル群が林立。

汐留方面に大きなビル群が林立。

頭上を新幹線がゆっくり走り音を立てます。
頭上を新幹線がゆっくり走り音を立てます。

頭上を新幹線がゆっくり走り音を立てます。

ロータリー前に新橋駅前ビル1号館。汐留のビルと対照的なレトロな雰囲気。
ロータリー前に新橋駅前ビル1号館。汐留のビルと対照的なレトロな雰囲気。

ロータリー前に新橋駅前ビル1号館。汐留のビルと対照的なレトロな雰囲気。

D51機関車の動輪と鉄道唱歌の碑があります。
D51機関車の動輪と鉄道唱歌の碑があります。

D51機関車の動輪と鉄道唱歌の碑があります。

デゴイチの大きな動輪。1976(昭和51)年の総武・横須賀線乗り入れ記念に設置。
デゴイチの大きな動輪。1976(昭和51)年の総武・横須賀線乗り入れ記念に設置。

デゴイチの大きな動輪。1976(昭和51)年の総武・横須賀線乗り入れ記念に設置。

鉄道唱歌の碑。1957(昭和32)年に作詞家大和田建樹生誕100年を記念して建立。
鉄道唱歌の碑。1957(昭和32)年に作詞家大和田建樹生誕100年を記念して建立。

鉄道唱歌の碑。1957(昭和32)年に作詞家大和田建樹生誕100年を記念して建立。

新橋駅前ビルの1号館と2号館の間にゆりかもめの新橋駅があります。
新橋駅前ビルの1号館と2号館の間にゆりかもめの新橋駅があります。

新橋駅前ビルの1号館と2号館の間にゆりかもめの新橋駅があります。

JR新橋駅の汐留側。
JR新橋駅の汐留側。

JR新橋駅の汐留側。

道路の上のゆりかもめ駅。
道路の上のゆりかもめ駅。

道路の上のゆりかもめ駅。

ロータリー周辺の様子。
ロータリー周辺の様子。

ロータリー周辺の様子。

そびえ立つ汐留の高層ビル群。
そびえ立つ汐留の高層ビル群。

そびえ立つ汐留の高層ビル群。

2号館脇を進み昭和通り側へ。
2号館脇を進み昭和通り側へ。

2号館脇を進み昭和通り側へ。

ゆりかもめの下の新橋駅前交差点。
ゆりかもめの下の新橋駅前交差点。

ゆりかもめの下の新橋駅前交差点。

新宿駅前ビル1号館・2号館

新橋駅前ビル1号館の正面へ。
新橋駅前ビル1号館の正面へ。

新橋駅前ビル1号館の正面へ。

1966年(昭和41年)竣工のレトロな雰囲気の建物です。
1966年(昭和41年)竣工のレトロな雰囲気の建物です。

1966年(昭和41年)竣工のレトロな雰囲気の建物です。

ロータリー越しの新橋駅。
ロータリー越しの新橋駅。

ロータリー越しの新橋駅。

走行する新幹線が印象的です。
走行する新幹線が印象的です。

走行する新幹線が印象的です。

ビルの中へ。タイムスリップしたようなレトロな雰囲気、昭和感。
ビルの中へ。タイムスリップしたようなレトロな雰囲気、昭和感。

ビルの中へ。タイムスリップしたようなレトロな雰囲気、昭和感。

地下の飲食店街、「サラリーマンのオアシス」の雰囲気を感じられます。
地下の飲食店街、「サラリーマンのオアシス」の雰囲気を感じられます。

地下の飲食店街、「サラリーマンのオアシス」の雰囲気を感じられます。

独特な雰囲気を味わいビルを出ると地下鉄への地下通路へ直結。
独特な雰囲気を味わいビルを出ると地下鉄への地下通路へ直結。

独特な雰囲気を味わいビルを出ると地下鉄への地下通路へ直結。

通路を挟んで2号館があります。
通路を挟んで2号館があります。

通路を挟んで2号館があります。

地下通路を駅方面に進んで地上に出ると汐留口。
地下通路を駅方面に進んで地上に出ると汐留口。

地下通路を駅方面に進んで地上に出ると汐留口。

2号館は小さいですが1号館と同じような意匠。
2号館は小さいですが1号館と同じような意匠。

2号館は小さいですが1号館と同じような意匠。

こちらもレトロな風情のビル。
こちらもレトロな風情のビル。

こちらもレトロな風情のビル。

新幹線のガード下を進みます。
新幹線のガード下を進みます。

新幹線のガード下を進みます。

2号館を振り返る。1,2号館共に解体予定で惜しまれます。
2号館を振り返る。1,2号館共に解体予定で惜しまれます。

2号館を振り返る。1,2号館共に解体予定で惜しまれます。

ガード下にも飲み屋が並びます。
ガード下にも飲み屋が並びます。

ガード下にも飲み屋が並びます。

烏森口周辺

薄暗く電車の音が響くガード下を通り西側へ。
薄暗く電車の音が響くガード下を通り西側へ。

薄暗く電車の音が響くガード下を通り西側へ。

駅同様のレンガ造りの高架下の店舗が連なります。
駅同様のレンガ造りの高架下の店舗が連なります。

駅同様のレンガ造りの高架下の店舗が連なります。

見上げる汐留の高層ビル群。
見上げる汐留の高層ビル群。

見上げる汐留の高層ビル群。

周辺は雑居ビルに飲食店などが多数あり、サラリーマンの街らしさを感じられます。
周辺は雑居ビルに飲食店などが多数あり、サラリーマンの街らしさを感じられます。

周辺は雑居ビルに飲食店などが多数あり、サラリーマンの街らしさを感じられます。

新橋西口通りも多数のお店が連なります。
新橋西口通りも多数のお店が連なります。

新橋西口通りも多数のお店が連なります。

飲食店街を抜けて烏丸口へ。
飲食店街を抜けて烏丸口へ。

飲食店街を抜けて烏丸口へ。

ニュー新橋ビルも解体予定で惜しまれます。
ニュー新橋ビルも解体予定で惜しまれます。

ニュー新橋ビルも解体予定で惜しまれます。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


「新橋駅周辺」の地図

所在地東京都港区新橋2丁目
アクセスJR「新橋」駅周辺

近隣の写真ページ(近い順)

前後の撮影場所