日比谷公園の桜[東京都]<36枚>

2013年3月、桜の季節に日比谷公園を訪れました。日比谷公園は有楽町付近の高層ビル群に囲われた広大な公園で、会社員を中心に憩う人々が集まり、都会のオアシスという感じがしました。園内には大噴水、日比谷公会堂、図書館、野外大音楽堂、鶴の噴水、松本楼、草地広場、小音楽堂、第一・第二花壇、心字池などがあります。この日は天気に恵まれて暖かい日差しや、色鮮やかな植物、噴水の水しぶき、開放的な園内の敷地、園内や庭園の池のハト・コイ・カメ、都心に居ながら感じられる植物の香りと静けさ、とても気持ちよく落ち着く空間でした。園内の桜の木は約200本で主に西側にあり、鶴の池や草地広場周辺の緑の木々と共に点在し、青い空と濃淡の緑の中に鮮やかな淡いピンク色が加わり、明るく美しい魅力的な情景を作っていました。

撮影場所の概要
撮影時期2013年03月
エリア関東地方 / 東京都
所在地東京都千代田区日比谷公園
アクセス東京メトロ「霞ヶ関」駅徒歩2分、東京メトロ・都営「日比谷」駅徒歩2分、JR・東京メトロ有楽町線「有楽町」駅徒歩8分
地図

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

大噴水周辺

日比谷駅A14出口を出て日比谷公園前へ。交通量の多い日比谷通りには少しだけ桜がありました。右は帝国ホテル。
日比谷駅A14出口を出て日比谷公園前へ。交通量の多い日比谷通りには少しだけ桜がありました。右は帝国ホテル。

日比谷駅A14出口を出て日比谷公園前へ。交通量の多い日比谷通りには少しだけ桜がありました。右は帝国ホテル。

日比谷門から広大な公園へ入っていきます。
日比谷門から広大な公園へ入っていきます。

日比谷門から広大な公園へ入っていきます。

広場に出るとその広さに驚きました!憩う人も多く、高層ビル群の中のオアシスです。園内は静かで、所々に鳩も休んでいます。
広場に出るとその広さに驚きました!憩う人も多く、高層ビル群の中のオアシスです。園内は静かで、所々に鳩も休んでいます。

広場に出るとその広さに驚きました!憩う人も多く、高層ビル群の中のオアシスです。園内は静かで、所々に鳩も休んでいます。

大噴水と小音楽堂。天気も良く開放感と噴水で心地よい。
大噴水と小音楽堂。天気も良く開放感と噴水で心地よい。

大噴水と小音楽堂。天気も良く開放感と噴水で心地よい。

大噴水が大きく噴出しているところ。離れても水しぶきが飛んできます。
大噴水が大きく噴出しているところ。離れても水しぶきが飛んできます。

大噴水が大きく噴出しているところ。離れても水しぶきが飛んできます。

帝国ホテル側。木漏れ日の心地よいベンチで憩う人々。
帝国ホテル側。木漏れ日の心地よいベンチで憩う人々。

帝国ホテル側。木漏れ日の心地よいベンチで憩う人々。

広い「第二花壇」の先には日比谷公会堂、奥には大きなビル群が構えます。
広い「第二花壇」の先には日比谷公会堂、奥には大きなビル群が構えます。

広い「第二花壇」の先には日比谷公会堂、奥には大きなビル群が構えます。

日比谷公会堂前の「にれの木広場」へ。公園周囲は高層ビル群、左側は丸の内方面。
日比谷公会堂前の「にれの木広場」へ。公園周囲は高層ビル群、左側は丸の内方面。

日比谷公会堂前の「にれの木広場」へ。公園周囲は高層ビル群、左側は丸の内方面。

日比谷公会堂。歴史を感じさせる造りです。
日比谷公会堂。歴史を感じさせる造りです。

日比谷公会堂。歴史を感じさせる造りです。

横から。こちらの階段側が入口でしょうか。
横から。こちらの階段側が入口でしょうか。

横から。こちらの階段側が入口でしょうか。

スポンサーリンク

雲形池周辺

「ハナミズキ林」で、数は少ないですがようやく桜を見られました。
「ハナミズキ林」で、数は少ないですがようやく桜を見られました。

「ハナミズキ林」で、数は少ないですがようやく桜を見られました。

満開の薄ピンク色の桜、幹のこげ茶色、木の葉の深緑、空の青と様々な色が混在して映えます。
満開の薄ピンク色の桜、幹のこげ茶色、木の葉の深緑、空の青と様々な色が混在して映えます。

満開の薄ピンク色の桜、幹のこげ茶色、木の葉の深緑、空の青と様々な色が混在して映えます。

隣の木は花びらが真っ白。
隣の木は花びらが真っ白。

隣の木は花びらが真っ白。

日比谷野外大音楽堂前。ヤシの木?と並ぶ桜が新鮮。
日比谷野外大音楽堂前。ヤシの木?と並ぶ桜が新鮮。

日比谷野外大音楽堂前。ヤシの木?と並ぶ桜が新鮮。

雲形池にある桜。庭園風景の桜は本当に美しい。
雲形池にある桜。庭園風景の桜は本当に美しい。

雲形池にある桜。庭園風景の桜は本当に美しい。

緑と青によくマッチする桜色。
緑と青によくマッチする桜色。

緑と青によくマッチする桜色。

鶴の噴水と緑の苔が赴きのある桜。
鶴の噴水と緑の苔が赴きのある桜。

鶴の噴水と緑の苔が赴きのある桜。

緑と一緒だと桜はより映えます。
緑と一緒だと桜はより映えます。

緑と一緒だと桜はより映えます。

環境省のビルを背景に雲形池・鶴の噴水と周囲の自然の情景。
環境省のビルを背景に雲形池・鶴の噴水と周囲の自然の情景。

環境省のビルを背景に雲形池・鶴の噴水と周囲の自然の情景。

青空の気持ちよさと、様々な緑色が目に優しい。
青空の気持ちよさと、様々な緑色が目に優しい。

青空の気持ちよさと、様々な緑色が目に優しい。

屋根の下で椅子に座り鶴の噴水を眺める。池には鯉と、よく見ると亀が!
屋根の下で椅子に座り鶴の噴水を眺める。池には鯉と、よく見ると亀が!

屋根の下で椅子に座り鶴の噴水を眺める。池には鯉と、よく見ると亀が!

草地広場周辺

草地広場前にはピンク色の濃い桜がありました。
草地広場前にはピンク色の濃い桜がありました。

草地広場前にはピンク色の濃い桜がありました。

とてもきれいな色です。
とてもきれいな色です。

とてもきれいな色です。

ビル群を背景に。
ビル群を背景に。

ビル群を背景に。

草地広場の周囲の遊歩道沿いに少し桜の木があります。
草地広場の周囲の遊歩道沿いに少し桜の木があります。

草地広場の周囲の遊歩道沿いに少し桜の木があります。

広場中央の明るい緑色の木もきれいですね。
広場中央の明るい緑色の木もきれいですね。

広場中央の明るい緑色の木もきれいですね。

「第一花壇」前には高さのある立派な桜の木があります。
「第一花壇」前には高さのある立派な桜の木があります。

「第一花壇」前には高さのある立派な桜の木があります。

第一花壇には色彩豊かな花が並んでいます。
第一花壇には色彩豊かな花が並んでいます。

第一花壇には色彩豊かな花が並んでいます。

園内をほぼ一周、大噴水へ戻ります。
園内をほぼ一周、大噴水へ戻ります。

園内をほぼ一周、大噴水へ戻ります。

創業1903年、日比谷公園と共に創業した松本楼は大勢並んでいてすぐには入れません^^;
創業1903年、日比谷公園と共に創業した松本楼は大勢並んでいてすぐには入れません^^;

創業1903年、日比谷公園と共に創業した松本楼は大勢並んでいてすぐには入れません^^;

広々とした公園から高層ビル群を眺める。天気が良くて本当に気持ち良い。
広々とした公園から高層ビル群を眺める。天気が良くて本当に気持ち良い。

広々とした公園から高層ビル群を眺める。天気が良くて本当に気持ち良い。

初めて来ましたが本当に素晴らしい公園でした。
初めて来ましたが本当に素晴らしい公園でした。

初めて来ましたが本当に素晴らしい公園でした。

日比谷公園周辺

帝国ホテル。大きくて立派な建物です。
帝国ホテル。大きくて立派な建物です。

帝国ホテル。大きくて立派な建物です。

日比谷門横にある日比谷花壇は近代的で清潔感がある雰囲気。
日比谷門横にある日比谷花壇は近代的で清潔感がある雰囲気。

日比谷門横にある日比谷花壇は近代的で清潔感がある雰囲気。

皇居の堀と接する、晴海通り・日比谷通りが交差する日比谷交差点。交通量が多い。
皇居の堀と接する、晴海通り・日比谷通りが交差する日比谷交差点。交通量が多い。

皇居の堀と接する、晴海通り・日比谷通りが交差する日比谷交差点。交通量が多い。

有楽町駅周辺の都心らしい風景。公園とは別世界です。都市にも公園の存在は大事だと感じました。
有楽町駅周辺の都心らしい風景。公園とは別世界です。都市にも公園の存在は大事だと感じました。

有楽町駅周辺の都心らしい風景。公園とは別世界です。都市にも公園の存在は大事だと感じました。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

「日比谷公園の桜」の地図

所在地東京都千代田区日比谷公園
アクセス東京メトロ「霞ヶ関」駅徒歩2分、東京メトロ・都営「日比谷」駅徒歩2分、JR・東京メトロ有楽町線「有楽町」駅徒歩8分

近隣の写真ページ(近い順)

霞が関の写真ページ

霞が関(17枚)

皇居外苑の写真ページ

皇居外苑(32枚)

虎ノ門ヒルズの写真ページ

虎ノ門ヒルズ(14枚)

丸の内の写真ページ

丸の内(31枚)

愛宕神社の写真ページ

愛宕神社(18枚)

東京駅の写真ページ

東京駅(27枚)

前後の撮影場所


スポンサーリンク

スポンサーリンク