永代橋[10枚]

元禄からの歴史・国の重要文化財の橋

2021年3月、深川周辺の桜スポットを散策しました。永代橋は隅田川に架かる橋です。元の橋は元禄11年(1698年)に深川の大渡しの代わりに架けられ、左岸が永代島と呼ばれていた事から名付けられました。富岡八幡宮の例祭で詰めかけた群衆の重みで落橋し死者1000人を越える大惨事がありました。1897年(明治30年)には道路橋で初めての鋼鉄製のトラス橋が架けられるも1923年(大正12年)の関東大震災で焼損しました。現在の橋は1926年(大正15年)に架けられ、橋長184.7m、幅25mの現存最古のタイドアーチ橋です。2007年(平成19年)に国の重要文化財に指定されています。

作成

撮影時期2021年03月
エリア関東地方東京都
所在地東京都中央区新川1丁目、江東区永代1丁目  [MAP]
アクセス東京メトロ日比谷線「茅場町」駅徒歩10分

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details

永代橋

新川公園より、隅田川に架かる青いアーチ型の永代橋。
[1] 新川公園より、隅田川に架かる青いアーチ型の永代橋。
永代通りに架かる永代橋。国の重要文化財に指定されています。
[2] 永代通りに架かる永代橋。国の重要文化財に指定されています。
近づくと重厚さを感じられる橋です。
[3] 近づくと重厚さを感じられる橋です。
沢山の車が行き交う歴史あるアーチ橋。
[4] 沢山の車が行き交う歴史あるアーチ橋。
東京スカイツリーも顔を出します。
[5] 東京スカイツリーも顔を出します。
橋の中央部より。分岐する幅広い隅田川に大川端リバーシティ21の巨大なタワーマンション群というダイナミックな眺望。
[6] 橋の中央部より。分岐する幅広い隅田川に大川端リバーシティ21の巨大なタワーマンション群というダイナミックな眺望。
渡った先の永代公園。
[7] 渡った先の永代公園。
反対側は新川公園。大きなビル群と連続する桜並木。
[8] 反対側は新川公園。大きなビル群と連続する桜並木。
歴史があり趣があり景色も良い橋です。
[9] 歴史があり趣があり景色も良い橋です。
開放的で心地よい眺望を楽しめました。
[10] 開放的で心地よい眺望を楽しめました。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details

「永代橋」の地図

所在地東京都中央区新川1丁目、江東区永代1丁目
アクセス東京メトロ日比谷線「茅場町」駅徒歩10分

永代橋の近隣

新川公園の桜の写真ページ

新川公園の桜(50枚)260m

石川島公園の写真ページ

石川島公園(49枚)580m

越中島公園の写真ページ

越中島公園(19枚)710m

佃公園の写真ページ

佃公園(50枚)840m

清澄公園の桜の写真ページ

清澄公園の桜(45枚)850m

大横川の桜並木の写真ページ

大横川の桜並木(60枚)920m

住吉神社(佃)の写真ページ

住吉神社(佃)(18枚)1000m

中の島公園の写真ページ

中の島公園(23枚)1010m

※距離は大まかな自動計算です。
↓拍手ボタンを押して頂けるととても励みになります。

前後の撮影場所

【NEXT】
大横川の桜並木の写真ページへ

大横川の桜並木(60枚)
門前仲町付近・両岸1.3kmの桜並木

【PREV】
新川公園の桜の写真ページへ

新川公園の桜(50枚)
開放的な穴場・隅田川沿い桜並木の公園

関連ブログ

旅ブログに共通のタグ 「深川桜散策2021」の記事があります。