世田谷八幡宮[東京都]*24枚

2020年8月、世田谷線沿いを散策しました。世田谷八幡宮は世田谷区にある神社です。寛治5年(1091年)に源義家が東北地方での後三年の役の帰途に世田谷で豪雨に遭い、滞在中に戦勝は八幡大神の加護によるものと思い、この地に豊前国の宇佐八幡宮の分霊を勧請しました。後に世田谷城主の吉良頼康が天文15年(1546年)に再興させました。江戸郊外三大相撲の1つとして神事の奉納相撲が現在でも毎年9月に行われています。最寄りの宮の坂の駅名は神社脇の坂が由来となっています。

撮影場所の概要
撮影時期2020年08月
エリア関東地方 / 東京都
所在地東京都世田谷区宮坂1丁目26-2
アクセス東急世田谷線「宮の坂」駅徒歩3分
地図

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

世田谷八幡宮

宮の坂駅すぐの交差点、神社脇の道が駅名の由来の坂。
宮の坂駅すぐの交差点、神社脇の道が駅名の由来の坂。

宮の坂駅すぐの交差点、神社脇の道が駅名の由来の坂。

社務所から道を挟んだ境内へ。
社務所から道を挟んだ境内へ。

社務所から道を挟んだ境内へ。

大きな立派な鳥居。境内は緑豊か。
大きな立派な鳥居。境内は緑豊か。

大きな立派な鳥居。境内は緑豊か。

セミが鳴く静かで涼しい境内。たまに電車の音が響きます。
セミが鳴く静かで涼しい境内。たまに電車の音が響きます。

セミが鳴く静かで涼しい境内。たまに電車の音が響きます。

右手の厳島神社へ。
右手の厳島神社へ。

右手の厳島神社へ。

左へ曲がります。
左へ曲がります。

左へ曲がります。

池の中に鎮座する祠、市杵島比売命を祀る。
池の中に鎮座する祠、市杵島比売命を祀る。

池の中に鎮座する祠、市杵島比売命を祀る。

小さな滝が心地よい音を立てる。
小さな滝が心地よい音を立てる。

小さな滝が心地よい音を立てる。

潤いのある癒される空間でした。
潤いのある癒される空間でした。

潤いのある癒される空間でした。

参道へ戻り本殿へ。注連縄の付いた二の石鳥をくぐり階段を上ります。
参道へ戻り本殿へ。注連縄の付いた二の石鳥をくぐり階段を上ります。

参道へ戻り本殿へ。注連縄の付いた二の石鳥をくぐり階段を上ります。

階段途中右手には、奉納相撲の土俵があります。傾斜を利用した客席が囲います。
階段途中右手には、奉納相撲の土俵があります。傾斜を利用した客席が囲います。

階段途中右手には、奉納相撲の土俵があります。傾斜を利用した客席が囲います。

階段を上ると左手に手水舎。
階段を上ると左手に手水舎。

階段を上ると左手に手水舎。

参道の先に本殿が見えます。穏やかな境内には高木が林立します。
参道の先に本殿が見えます。穏やかな境内には高木が林立します。

参道の先に本殿が見えます。穏やかな境内には高木が林立します。

左の狛犬。
左の狛犬。

左の狛犬。

右の狛犬。
右の狛犬。

右の狛犬。

右手には歴史の古そうな仮殿があります。
右手には歴史の古そうな仮殿があります。

右手には歴史の古そうな仮殿があります。

振り返ると鬱蒼と生い茂る木々。
振り返ると鬱蒼と生い茂る木々。

振り返ると鬱蒼と生い茂る木々。

正面には大きな本殿が鎮座します。
正面には大きな本殿が鎮座します。

正面には大きな本殿が鎮座します。

力石があります。
力石があります。

力石があります。

本殿右脇に高木が林立する境内が広がります。
本殿右脇に高木が林立する境内が広がります。

本殿右脇に高木が林立する境内が広がります。

大きな力強い木々、特徴的な木も。
大きな力強い木々、特徴的な木も。

大きな力強い木々、特徴的な木も。

奥には世田谷招魂神社。戦没者を祀ります。
奥には世田谷招魂神社。戦没者を祀ります。

奥には世田谷招魂神社。戦没者を祀ります。

帰路階段の上より。日が差し込み輝く木々。
帰路階段の上より。日が差し込み輝く木々。

帰路階段の上より。日が差し込み輝く木々。

心地よい巨木のアーチが歴史を感じさせます。
心地よい巨木のアーチが歴史を感じさせます。

心地よい巨木のアーチが歴史を感じさせます。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

「世田谷八幡宮」の地図

所在地東京都世田谷区宮坂1丁目26-2
アクセス東急世田谷線「宮の坂」駅徒歩3分

近隣の写真ページ(近い順)

前後の撮影場所


スポンサーリンク

スポンサーリンク