赤堤六所神社[東京都]<20枚>

2020年8月、世田谷線沿いを散策しました。六所神社は世田谷区赤堤にある1584年(天正12年)に創建された神社です。平貞盛の末裔の服部貞殷が府中の武蔵総社六所宮(現大國魂神社)の分霊を勧進して創建したことが起源とされています。服部家の祈願所であり、赤堤村の鎮守とされました。1969(昭和44)年に造営された拝殿・神楽殿の他、天祖神社・子安神社・御嶽神社・大鳥神社・神明社が祀られている合祀殿、松沢稲荷神社、厳島神社があります。

撮影場所の概要
撮影時期2020年08月
エリア関東地方 / 東京都
所在地東京都世田谷区赤堤2丁目25-2
アクセス東急世田谷線「松原」駅徒歩3分
地図

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

六所神社

路面電車のような小さな車両の東急世田谷線、松原駅で下車。
路面電車のような小さな車両の東急世田谷線、松原駅で下車。

路面電車のような小さな車両の東急世田谷線、松原駅で下車。

住宅街を線路沿いに南下します。のどかで良い雰囲気です。
住宅街を線路沿いに南下します。のどかで良い雰囲気です。

住宅街を線路沿いに南下します。のどかで良い雰囲気です。

踏切の先の左に曲がった所に六所神社があります。
踏切の先の左に曲がった所に六所神社があります。

踏切の先の左に曲がった所に六所神社があります。

木々が鬱蒼と生い茂る心地よい境内、踏切や電車の音が響きます。
木々が鬱蒼と生い茂る心地よい境内、踏切や電車の音が響きます。

木々が鬱蒼と生い茂る心地よい境内、踏切や電車の音が響きます。

二の鳥居をくぐり拝殿前へ。
二の鳥居をくぐり拝殿前へ。

二の鳥居をくぐり拝殿前へ。

朱色が鮮やかな手水舎。
朱色が鮮やかな手水舎。

朱色が鮮やかな手水舎。

亀が水を吐き出していいます。
亀が水を吐き出していいます。

亀が水を吐き出していいます。

鳥の声が聞こえる静かな境内。正面には拝殿。色鮮やかで美しく緑との対比が映えます。
鳥の声が聞こえる静かな境内。正面には拝殿。色鮮やかで美しく緑との対比が映えます。

鳥の声が聞こえる静かな境内。正面には拝殿。色鮮やかで美しく緑との対比が映えます。

左の狛犬。
左の狛犬。

左の狛犬。

右の狛犬。
右の狛犬。

右の狛犬。

左手には天祖神社・子安神社・御嶽神社・大鳥神社・神明社が祀られている合祀殿。
左手には天祖神社・子安神社・御嶽神社・大鳥神社・神明社が祀られている合祀殿。

左手には天祖神社・子安神社・御嶽神社・大鳥神社・神明社が祀られている合祀殿。

(調査中)
(調査中)

(調査中)

拝殿左脇には松沢稲荷神社。
拝殿左脇には松沢稲荷神社。

拝殿左脇には松沢稲荷神社。

	振り返ると境内を貫くまっすぐの巨木。自然が心地よい。
振り返ると境内を貫くまっすぐの巨木。自然が心地よい。

振り返ると境内を貫くまっすぐの巨木。自然が心地よい。

右手に神楽殿。
右手に神楽殿。

右手に神楽殿。

手水舎脇に厳島神社。
手水舎脇に厳島神社。

手水舎脇に厳島神社。

池に囲まれた潤いのある厳島神社。
池に囲まれた潤いのある厳島神社。

池に囲まれた潤いのある厳島神社。

芸能の始教神、天宇受売命(あめのうずめのみこと)。
芸能の始教神、天宇受売命(あめのうずめのみこと)。

芸能の始教神、天宇受売命(あめのうずめのみこと)。

住宅街にある自然が心地よい心落ち着く神社です。
住宅街にある自然が心地よい心落ち着く神社です。

住宅街にある自然が心地よい心落ち着く神社です。

頭上には林立する豊かな巨木達。
頭上には林立する豊かな巨木達。

頭上には林立する豊かな巨木達。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

「赤堤六所神社」の地図

所在地東京都世田谷区赤堤2丁目25-2
アクセス東急世田谷線「松原」駅徒歩3分

近隣の写真ページ(近い順)

前後の撮影場所


スポンサーリンク

スポンサーリンク