醍醐寺(下醍醐)の桜(51枚) [京都府]

2019年4月、大阪・京都旅行に行きました。醍醐寺は京都市伏見区にある真言宗醍醐派総本山です。貞観16年(874年)に聖宝により創建され、醍醐山(笠取山)に200万坪以上の広大な境内を持ち(上醍醐)、修験者の霊場として発展しました。後に醍醐天皇が山麓に金堂(本尊の薬師如来坐像を安置)、三宝院などを中心とした大伽藍「下醍醐」を造成しますが、応仁の乱などで荒廃して五重塔のみが残り、後に金堂などが再建されました。豊臣秀吉による「醍醐の花見」の地としても知られています。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録され、桜の名所としても知られています。

画像の無断利用を禁じます。写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details

醍醐寺(下醍醐)の桜
撮影時期2019年04月
エリア京都府
所在地京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
アクセス京都市営地下鉄東西線「醍醐」駅徒歩10分
地図

総門~仁王門

醍醐寺総門へ。市内中心部とは違う静けさだが人が多い。
醍醐寺総門へ。市内中心部とは違う静けさだが人が多い。

醍醐寺総門へ。市内中心部とは違う静けさだが人が多い。


右手の大きな桜の木。
右手の大きな桜の木。

右手の大きな桜の木。


左手にも大きな桜の木。
左手にも大きな桜の木。

左手にも大きな桜の木。


三宝院、霊宝館の間の道、沢山の人とあふれる桜。
三宝院、霊宝館の間の道、沢山の人とあふれる桜。

三宝院、霊宝館の間の道、沢山の人とあふれる桜。


塀から伸びる見事な桜の木。
塀から伸びる見事な桜の木。

塀から伸びる見事な桜の木。


左手に三宝院の入口。
左手に三宝院の入口。

左手に三宝院の入口。


右手の霊宝館方面の通路も桜のアーチがきれい。
右手の霊宝館方面の通路も桜のアーチがきれい。

右手の霊宝館方面の通路も桜のアーチがきれい。


沢山の人が行き交う桜馬場。
沢山の人が行き交う桜馬場。

沢山の人が行き交う桜馬場。


三宝院側に国宝の唐門。
三宝院側に国宝の唐門。

三宝院側に国宝の唐門。


伽藍への入口、仁王門(西大門)へ。
伽藍への入口、仁王門(西大門)へ。

伽藍への入口、仁王門(西大門)へ。


桜と仁王門(西大門)。
桜と仁王門(西大門)。

桜と仁王門(西大門)。


仁王門脇の静かな道も風情。
仁王門脇の静かな道も風情。

仁王門脇の静かな道も風情。


重要文化財の仁王像。
重要文化財の仁王像。

重要文化財の仁王像。


重要文化財の仁王像。
重要文化財の仁王像。

重要文化財の仁王像。


伽藍・五重塔周辺

仁王門をくぐり伽藍へ。
仁王門をくぐり伽藍へ。

仁王門をくぐり伽藍へ。


入ってすぐは造成中の雰囲気。
入ってすぐは造成中の雰囲気。

入ってすぐは造成中の雰囲気。


右手、重要文化財の清瀧宮本殿。
右手、重要文化財の清瀧宮本殿。

右手、重要文化財の清瀧宮本殿。


その脇には巨大な桜の木。見たことがない規模の大きさ。
その脇には巨大な桜の木。見たことがない規模の大きさ。

その脇には巨大な桜の木。見たことがない規模の大きさ。


清瀧宮拝殿。
清瀧宮拝殿。

清瀧宮拝殿。


その脇にも巨大な桜の木。こちらも枝ぶりが見事。
その脇にも巨大な桜の木。こちらも枝ぶりが見事。

その脇にも巨大な桜の木。こちらも枝ぶりが見事。


南側の古そうな門と印象的な木。
南側の古そうな門と印象的な木。

南側の古そうな門と印象的な木。


頭上にあふれる桜。
頭上にあふれる桜。

頭上にあふれる桜。


国宝の五重塔。天暦5年(951)に完成、高さ38m、京都府で最古の木造建築物。歴史を感じさせる古さ、大きな存在感。
国宝の五重塔。天暦5年(951)に完成、高さ38m、京都府で最古の木造建築物。歴史を感じさせる古さ、大きな存在感。

国宝の五重塔。天暦5年(951)に完成、高さ38m、京都府で最古の木造建築物。歴史を感じさせる古さ、大きな存在感。


中央通路左手、国宝の金堂。延長4年(926)に建立、慶長5年(1600)に再建。本尊の薬師如来坐像を安置。
中央通路左手、国宝の金堂。延長4年(926)に建立、慶長5年(1600)に再建。本尊の薬師如来坐像を安置。

中央通路左手、国宝の金堂。延長4年(926)に建立、慶長5年(1600)に再建。本尊の薬師如来坐像を安置。


点在する桜の木。
点在する桜の木。

点在する桜の木。


自然を感じさせる境内。風そよぐ音や空気も気持ち良い。
自然を感じさせる境内。風そよぐ音や空気も気持ち良い。

自然を感じさせる境内。風そよぐ音や空気も気持ち良い。


不動堂・護摩道場。
不動堂・護摩道場。

不動堂・護摩道場。


不動堂・護摩道場。
不動堂・護摩道場。

不動堂・護摩道場。


心地よい桜が点在。
心地よい桜が点在。

心地よい桜が点在。


真如三昧耶堂。天暦3年(949)に創建、平成9年(1997)に再建。
真如三昧耶堂。天暦3年(949)に創建、平成9年(1997)に再建。

真如三昧耶堂。天暦3年(949)に創建、平成9年(1997)に再建。


(調査中)
(調査中)

(調査中)


美しい五重塔。
美しい五重塔。

美しい五重塔。


祖師堂前の池。水の音が心地よい。
祖師堂前の池。水の音が心地よい。

祖師堂前の池。水の音が心地よい。


祖師堂。慶長10年(1605)に建立。
祖師堂。慶長10年(1605)に建立。

祖師堂。慶長10年(1605)に建立。


振り返る。ここからより自然の風情へ。
振り返る。ここからより自然の風情へ。

振り返る。ここからより自然の風情へ。


伽藍・観音堂周辺

伽藍の奥へ。日月門。
伽藍の奥へ。日月門。

伽藍の奥へ。日月門。


観音堂手前にきれいな桜の木。
観音堂手前にきれいな桜の木。

観音堂手前にきれいな桜の木。


観音堂。西国第十一番札所。
観音堂。西国第十一番札所。

観音堂。西国第十一番札所。


観音堂脇の大きな桜の木。
観音堂脇の大きな桜の木。

観音堂脇の大きな桜の木。


桜であふれる。岩の苔も心地よい。
桜であふれる。岩の苔も心地よい。

桜であふれる。岩の苔も心地よい。


広い池と弁天堂。
広い池と弁天堂。

広い池と弁天堂。


きれいな桜の木。
きれいな桜の木。

きれいな桜の木。


心地よい池と桜。
心地よい池と桜。

心地よい池と桜。


寿庵前、小庭園風。
寿庵前、小庭園風。

寿庵前、小庭園風。


朱色の橋の先に弁天堂。
朱色の橋の先に弁天堂。

朱色の橋の先に弁天堂。


きれいに整備された庭園風景に癒される。
きれいに整備された庭園風景に癒される。

きれいに整備された庭園風景に癒される。


苔の岩場を流れる小滝。
苔の岩場を流れる小滝。

苔の岩場を流れる小滝。


滝の上より。苔に覆われた静かな美しい庭園。
滝の上より。苔に覆われた静かな美しい庭園。

滝の上より。苔に覆われた静かな美しい庭園。


小川の水はきれい。
小川の水はきれい。

小川の水はきれい。


突き当りにはまた小滝。下醍醐の一番奥です。
突き当りにはまた小滝。下醍醐の一番奥です。

突き当りにはまた小滝。下醍醐の一番奥です。


仁王門へ戻ります。安らぐ雰囲気の広い境内でした。
仁王門へ戻ります。安らぐ雰囲気の広い境内でした。

仁王門へ戻ります。安らぐ雰囲気の広い境内でした。


画像の無断利用を禁じます。写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details

「醍醐寺(下醍醐)の桜」の周辺地図

所在地京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
アクセス京都市営地下鉄東西線「醍醐」駅徒歩10分
近隣の写真ページ(近い順)

「醍醐寺(下醍醐)の桜」と類似、関連する写真ページ

類似する写真ページ
東寺の写真ページ

東寺(32枚)

天龍寺の写真ページ

天龍寺(32枚)

岡崎疏水の桜の写真ページ

岡崎疏水の桜(25枚)

平野神社の桜の写真ページ

平野神社の桜(48枚)

醍醐寺(下醍醐)の桜と関連する「大阪・京都旅行2019」の日記があります。