竜飛漁港[青森県]*26枚

2019年10月、青森旅行に行きました。竜飛漁港は津軽半島最北端にある漁港です。切り立った竜飛岬を下る階段国道の下に位置し、帯島と繋がった形をしています。周辺は釣りスポットとなっています。少し離れた所には太宰治文学碑があり、小説「津軽」の一節が書かれています。また道路建設を指導した牧野逸蔵の胸像があります。

撮影場所の概要
撮影時期2019年10月
エリア東北地方 / 青森県
所在地青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜
アクセスJR津軽線「三厩」駅からバス30分・龍飛崎灯台バス停
地図

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

竜飛漁港

階段国道を下り竜飛漁港へ。波の音がして静かで、カモメがいて潮の香りがします。
階段国道を下り竜飛漁港へ。波の音がして静かで、カモメがいて潮の香りがします。

階段国道を下り竜飛漁港へ。波の音がして静かで、カモメがいて潮の香りがします。

海の向こうに下北半島の山並みが見えます。
海の向こうに下北半島の山並みが見えます。

海の向こうに下北半島の山並みが見えます。

閑散としてひと気はありません。道路の陸側に住宅等の建物、丘の上にはホテル竜飛。
閑散としてひと気はありません。道路の陸側に住宅等の建物、丘の上にはホテル竜飛。

閑散としてひと気はありません。道路の陸側に住宅等の建物、丘の上にはホテル竜飛。

漁船はいくつかあるもひと気はありません。
漁船はいくつかあるもひと気はありません。

漁船はいくつかあるもひと気はありません。

竜飛岬の崖、その下に食堂等があります。
竜飛岬の崖、その下に食堂等があります。

竜飛岬の崖、その下に食堂等があります。

帯島との間を繋いで港湾になっています。
帯島との間を繋いで港湾になっています。

帯島との間を繋いで港湾になっています。

帯島へ渡る小さな橋。駐車場の角が竜飛最北端。
帯島へ渡る小さな橋。駐車場の角が竜飛最北端。

帯島へ渡る小さな橋。駐車場の角が竜飛最北端。

帯島の岩越しに北海道の松前半島が見えます。
帯島の岩越しに北海道の松前半島が見えます。

帯島の岩越しに北海道の松前半島が見えます。

大きくて生々しい岩の帯島。電灯にカモメが。
大きくて生々しい岩の帯島。電灯にカモメが。

大きくて生々しい岩の帯島。電灯にカモメが。

帯島側から静かでのどかな漁港を見渡します。
帯島側から静かでのどかな漁港を見渡します。

帯島側から静かでのどかな漁港を見渡します。

弁財天宮があります。
弁財天宮があります。

弁財天宮があります。

海側から並ぶ鳥居。
海側から並ぶ鳥居。

海側から並ぶ鳥居。

竜飛岬と竜飛漁港。
竜飛岬と竜飛漁港。

竜飛岬と竜飛漁港。

帯島は険しい岩が続いています。
帯島は険しい岩が続いています。

帯島は険しい岩が続いています。

帯島の一番奥。竜飛最北の場所です。
帯島の一番奥。竜飛最北の場所です。

帯島の一番奥。竜飛最北の場所です。

うっすらと草が生えるだけの岩。
うっすらと草が生えるだけの岩。

うっすらと草が生えるだけの岩。

対岸には階段国道が見えます。
対岸には階段国道が見えます。

対岸には階段国道が見えます。

スポンサーリンク

太宰治文学碑周辺

少し離れた太宰治文学碑周辺へ。
少し離れた太宰治文学碑周辺へ。

少し離れた太宰治文学碑周辺へ。

透明な水、波の音、北海道の山並み。
透明な水、波の音、北海道の山並み。

透明な水、波の音、北海道の山並み。

道路竣成記念碑。
道路竣成記念碑。

道路竣成記念碑。

太宰治文学碑のある一角。
太宰治文学碑のある一角。

太宰治文学碑のある一角。

竜飛への道路建設に貢献した牧野逸蔵の胸像。
竜飛への道路建設に貢献した牧野逸蔵の胸像。

竜飛への道路建設に貢献した牧野逸蔵の胸像。

あわび道路・十三の洞門の解説。
あわび道路・十三の洞門の解説。

あわび道路・十三の洞門の解説。

太宰治文学碑。
太宰治文学碑。

太宰治文学碑。

小説「津軽」の一節。
小説「津軽」の一節。

小説「津軽」の一節。

太宰治の解説。
太宰治の解説。

太宰治の解説。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

「竜飛漁港」の地図

所在地青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜
アクセスJR津軽線「三厩」駅からバス30分・龍飛崎灯台バス停

近隣の写真ページ(近い順)

階段国道の写真ページ

階段国道(25枚)

竜飛崎の写真ページ

竜飛崎(37枚)

前後の撮影場所


スポンサーリンク

スポンサーリンク