松重閘門の塔[愛知県]|26枚

発展を支えた「東洋のパナマ運河」跡

2021年4月、愛知旅行に行きました。松重閘門は中川運河と堀川の間の閘門です。閘門とは水位の差がある水路間で船を上下さて通航できるようにする設備です。1932(昭和7)年に供給開始し「東洋のパナマ運河」とも呼ばれ、名古屋の経済・産業を支えました。その後物流が水運から陸運へシフトした影響で1976(昭和51)年に使用停止となりますが、住民の要望で保存されることになりました。1986(昭和61)年に名古屋市指定有形文化財に、1993(平成5)年には名古屋市都市景観重要工作物に指定されました。ヨーロッパの城塔を思わせる外観から「水上の貴婦人」とも称されています。

作成 New!

撮影場所の概要
撮影時期2021年04月
エリア中部地方 / 愛知県
所在地愛知県名古屋市中川区9
アクセス名鉄名古屋本線「山王」駅徒歩6分
地図

写真コンテンツ「全国風景写真」について

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


松重閘門(西側)

最寄り駅の名鉄の山王駅から歩きます。
最寄り駅の名鉄の山王駅から歩きます。

[1/26] 最寄り駅の名鉄の山王駅から歩きます。

名鉄やJR2線、新幹線がひっきりなしに走る場所です。
名鉄やJR2線、新幹線がひっきりなしに走る場所です。

[2/26] 名鉄やJR2線、新幹線がひっきりなしに走る場所です。

西日置橋南交差点。名駅方面を沢山の車が行き来します。
西日置橋南交差点。名駅方面を沢山の車が行き来します。

[3/26] 西日置橋南交差点。名駅方面を沢山の車が行き来します。

中川運河を東側に静かな道を進みます。
中川運河を東側に静かな道を進みます。

[4/26] 中川運河を東側に静かな道を進みます。

運河の先に松重閘門が見えてきます。
運河の先に松重閘門が見えてきます。

[5/26] 運河の先に松重閘門が見えてきます。

運河の様子(後方)。鉄道や車と比べ現在は静かになった水運の路。
運河の様子(後方)。鉄道や車と比べ現在は静かになった水運の路。

[6/26] 運河の様子(後方)。鉄道や車と比べ現在は静かになった水運の路。

水路が終わる所に静かに立つ西洋風の2つの塔を持つ水門です。
水路が終わる所に静かに立つ西洋風の2つの塔を持つ水門です。

[7/26] 水路が終わる所に静かに立つ西洋風の2つの塔を持つ水門です。

現在は使われいませんが歴史を感じる意匠、その優美な姿を残しています。
現在は使われいませんが歴史を感じる意匠、その優美な姿を残しています。

[8/26] 現在は使われいませんが歴史を感じる意匠、その優美な姿を残しています。

右側の塔。
右側の塔。

[9/26] 右側の塔。

左側の塔。
左側の塔。

[10/26] 左側の塔。

塔の上部。
塔の上部。

[11/26] 塔の上部。

水門の先は公園になっています。
水門の先は公園になっています。

[12/26] 水門の先は公園になっています。

水路部分を渡る橋があります。
水路部分を渡る橋があります。

[13/26] 水路部分を渡る橋があります。

水門の内側から眺める松重閘門。水路は草が生えています。
水門の内側から眺める松重閘門。水路は草が生えています。

[14/26] 水門の内側から眺める松重閘門。水路は草が生えています。

塔から水門の内側に出る扉と梯子。
塔から水門の内側に出る扉と梯子。

[15/26] 塔から水門の内側に出る扉と梯子。

橋の先にも公園が続きます。
橋の先にも公園が続きます。

[16/26] 橋の先にも公園が続きます。

松重閘門のご案内の看板。
松重閘門のご案内の看板。

[17/26] 松重閘門のご案内の看板。

松重閘門(東側)

水路に直交する道路越しに東側の同じような閘門の塔があります。
水路に直交する道路越しに東側の同じような閘門の塔があります。

[18/26] 水路に直交する道路越しに東側の同じような閘門の塔があります。

閘門間の大通りを渡り東側に向かいます。車通りが多く輸送形態の変化を感じさせます。
閘門間の大通りを渡り東側に向かいます。車通りが多く輸送形態の変化を感じさせます。

[19/26] 閘門間の大通りを渡り東側に向かいます。車通りが多く輸送形態の変化を感じさせます。

幻想的にライトアップされた姿の写真。
幻想的にライトアップされた姿の写真。

[20/26] 幻想的にライトアップされた姿の写真。

東側の閘門の塔、西側と同じ構造に見えます。
東側の閘門の塔、西側と同じ構造に見えます。

[21/26] 東側の閘門の塔、西側と同じ構造に見えます。

現在は動かない水路の仕切り門を間近に見られます。
現在は動かない水路の仕切り門を間近に見られます。

[22/26] 現在は動かない水路の仕切り門を間近に見られます。

閘門の先は堀川に突き当たります。
閘門の先は堀川に突き当たります。

[23/26] 閘門の先は堀川に突き当たります。

こちらの方が間近に門の構造が見られます。
こちらの方が間近に門の構造が見られます。

[24/26] こちらの方が間近に門の構造が見られます。

門の外側(右)の扉から塔に入る構造になっています。
門の外側(右)の扉から塔に入る構造になっています。

[25/26] 門の外側(右)の扉から塔に入る構造になっています。

西側の塔。ちょうど新幹線が門にフレームインしました。名古屋の発展を支えた遺構でした。
西側の塔。ちょうど新幹線が門にフレームインしました。名古屋の発展を支えた遺構でした。

[26/26] 西側の塔。ちょうど新幹線が門にフレームインしました。名古屋の発展を支えた遺構でした。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


「松重閘門の塔」の地図

所在地愛知県名古屋市中川区9
アクセス名鉄名古屋本線「山王」駅徒歩6分

近隣の写真ページ

※距離は代表的な座標同士の自動計算のため誤差があります。

前後の撮影場所





  1. ホーム
  2. 写真
  3. 中部地方
  4. 愛知県
  5. 松重閘門の塔