相模国分寺[神奈川県]<12枚>

2019年12月、相鉄・JR直通線沿線を散策しました。相模国分寺は海老名市にある高野山真言宗の寺院です。奈良時代に聖武天皇が全国各地に建立した国分寺のうち、相模国国分僧寺の後続寺院にあたります。8世紀中期の創建とされ、鎌倉時代、江戸時代、明治時代の3回の復興を繰り返し現在に至ります。現在は本堂、客殿、鐘楼があり、鎌倉時代作の梵鐘は国の重要文化財に指定されています。本堂には本尊の薬師如来などが安置されています。北西に100m離れた所に僧寺跡(相模国分寺跡)があり、講堂や金堂や塔を持つ法隆寺式の伽藍配置でした。跡地は歴史公園として整備されています。

撮影場所の概要
撮影時期2019年12月
エリア関東地方 / 神奈川県
所在地神奈川県海老名市国分南1丁目25-38
アクセス小田急・相鉄「海老名」駅徒歩10分
地図

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

相模国分寺

ビナウォークを抜け国分坂下交差点へ。
ビナウォークを抜け国分坂下交差点へ。

ビナウォークを抜け国分坂下交差点へ。

坂を上ると県指定天然記念物の海老名の大ケヤキ。現寺はこの木の右、僧寺跡は左。
坂を上ると県指定天然記念物の海老名の大ケヤキ。現寺はこの木の右、僧寺跡は左。

坂を上ると県指定天然記念物の海老名の大ケヤキ。現寺はこの木の右、僧寺跡は左。

幹の太い力強い木です。
幹の太い力強い木です。

幹の太い力強い木です。

海老名の大ケヤキの解説。
海老名の大ケヤキの解説。

海老名の大ケヤキの解説。

大ケヤキの先に相模国分寺。
大ケヤキの先に相模国分寺。

大ケヤキの先に相模国分寺。

静かな境内。駐車場からすぐ本堂でコンパクト。
静かな境内。駐車場からすぐ本堂でコンパクト。

静かな境内。駐車場からすぐ本堂でコンパクト。

左側には鐘楼。
左側には鐘楼。

左側には鐘楼。

梵鐘は鎌倉時代作、国の重要文化財。下に猫がいました。
梵鐘は鎌倉時代作、国の重要文化財。下に猫がいました。

梵鐘は鎌倉時代作、国の重要文化財。下に猫がいました。

本堂からはお経が聞こえてきます。
本堂からはお経が聞こえてきます。

本堂からはお経が聞こえてきます。

右側にはお地蔵さんや灯篭。
右側にはお地蔵さんや灯篭。

右側にはお地蔵さんや灯篭。

後ろには鮮やかな銀杏の木。
後ろには鮮やかな銀杏の木。

後ろには鮮やかな銀杏の木。

住宅街の中の静かなお寺でした。
住宅街の中の静かなお寺でした。

住宅街の中の静かなお寺でした。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

「相模国分寺」の地図

所在地神奈川県海老名市国分南1丁目25-38
アクセス小田急・相鉄「海老名」駅徒歩10分

近隣の写真ページ(近い順)

前後の撮影場所


スポンサーリンク

スポンサーリンク