松本城(60枚) [中部地方]

2019年4月、長野を訪れました。松本城は長野県松本市にある城です。1504年(永正元年)に島立氏が築城したとされる深志城を前身とし、武田信玄の信濃進攻で武田氏の拠点となります。武田氏の滅亡後、小笠原貞慶が城を奪還し「松本城」と改めました。石川数正が城主となると、小笠原氏が始めた城郭、城下町の整備を続けました。漆黒の天守は連結複合式天守である現在の天守は文禄2年から3年(1593~1594)に築造されたとされ、現存12天守の1つです。現存する天守、乾小天守、渡櫓、辰巳附櫓、月見櫓の5棟が国宝に指定されています。黒門は平成2年(1990年)、太鼓門は平成11年(1999年)に再建されています。日本100名城の1つに選ばれています。

画像の無断利用を禁じます。写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details

松本城
撮影時期2019年04月
エリア中部地方
所在地長野県松本市丸の内4-1
アクセスJR篠ノ井線「松本」駅徒歩15分
地図

二ノ丸・太鼓門周辺

大名町通りの突き当り、松本城交差点から入城します。
大名町通りの突き当り、松本城交差点から入城します。

大名町通りの突き当り、松本城交差点から入城します。


内堀の先には立派な黒門。
内堀の先には立派な黒門。

内堀の先には立派な黒門。


右側、太鼓門側の堀沿いには桜の木々。
右側、太鼓門側の堀沿いには桜の木々。

右側、太鼓門側の堀沿いには桜の木々。


再建された大きな太鼓門。太鼓の音が聞こえてきます。
再建された大きな太鼓門。太鼓の音が聞こえてきます。

再建された大きな太鼓門。太鼓の音が聞こえてきます。


太鼓門の中、少しずれた位置にまた門があります。
太鼓門の中、少しずれた位置にまた門があります。

太鼓門の中、少しずれた位置にまた門があります。


巨大な玄蕃石。
巨大な玄蕃石。

巨大な玄蕃石。


太鼓門を振り返る。
太鼓門を振り返る。

太鼓門を振り返る。


外の堀沿いには桜の木が並びます。
外の堀沿いには桜の木が並びます。

外の堀沿いには桜の木が並びます。


再建された太鼓門を外から。
再建された太鼓門を外から。

再建された太鼓門を外から。


太鼓門脇は二の丸御殿跡への入口。
太鼓門脇は二の丸御殿跡への入口。

太鼓門脇は二の丸御殿跡への入口。


太鼓門から二の丸御殿跡を望む。
太鼓門から二の丸御殿跡を望む。

太鼓門から二の丸御殿跡を望む。


本丸、天守方面も良く見えます。
本丸、天守方面も良く見えます。

本丸、天守方面も良く見えます。


右側の石垣の上には桜がひしめく。
右側の石垣の上には桜がひしめく。

右側の石垣の上には桜がひしめく。


天守の先には北アルプスが見えます。
天守の先には北アルプスが見えます。

天守の先には北アルプスが見えます。


黒門方面。
黒門方面。

黒門方面。


二ノ丸

再建された立派な黒門。
再建された立派な黒門。

再建された立派な黒門。


内堀越しの黒門。
内堀越しの黒門。

内堀越しの黒門。


内堀の先には北アルプスが見えます。
内堀の先には北アルプスが見えます。

内堀の先には北アルプスが見えます。


広がる内堀と黒い立派な天守、そして北アルプス。
広がる内堀と黒い立派な天守、そして北アルプス。

広がる内堀と黒い立派な天守、そして北アルプス。


池から離れると桜の木々があります。
池から離れると桜の木々があります。

池から離れると桜の木々があります。


公園のように気持ち良い二ノ丸。
公園のように気持ち良い二ノ丸。

公園のように気持ち良い二ノ丸。


天守と月見櫓、内堀が広く距離があります。赤い橋が見えてきた。
天守と月見櫓、内堀が広く距離があります。赤い橋が見えてきた。

天守と月見櫓、内堀が広く距離があります。赤い橋が見えてきた。


南側の横から。角度によって表情が変わります。
南側の横から。角度によって表情が変わります。

南側の横から。角度によって表情が変わります。


天守の上層部。
天守の上層部。

天守の上層部。


曲線の堀と赤い橋。堀は浅く、鯉や鴨がいます。
曲線の堀と赤い橋。堀は浅く、鯉や鴨がいます。

曲線の堀と赤い橋。堀は浅く、鯉や鴨がいます。


斜めからの天守、この角度も美しい。
斜めからの天守、この角度も美しい。

斜めからの天守、この角度も美しい。


桜越しの天守。
桜越しの天守。

桜越しの天守。


桜の集まる所では花見をする人も。
桜の集まる所では花見をする人も。

桜の集まる所では花見をする人も。


1本の柳の木が印象的。
1本の柳の木が印象的。

1本の柳の木が印象的。


西側の横から。北側(左)には乾小天守が連なり、また見え方が変わります。
西側の横から。北側(左)には乾小天守が連なり、また見え方が変わります。

西側の横から。北側(左)には乾小天守が連なり、また見え方が変わります。


赤い埋橋が印象的です。
赤い埋橋が印象的です。

赤い埋橋が印象的です。


埋橋の先は門の跡があります。
埋橋の先は門の跡があります。

埋橋の先は門の跡があります。


埋橋越しの天守も良い眺めです。
埋橋越しの天守も良い眺めです。

埋橋越しの天守も良い眺めです。


月見櫓の先に月が見えました。
月見櫓の先に月が見えました。

月見櫓の先に月が見えました。


黒門へと内堀沿いを戻ります。
黒門へと内堀沿いを戻ります。

黒門へと内堀沿いを戻ります。


本丸

再建された黒門が本丸への入口。
再建された黒門が本丸への入口。

再建された黒門が本丸への入口。


本丸御殿跡の先に複合連結式の立派な天守。
本丸御殿跡の先に複合連結式の立派な天守。

本丸御殿跡の先に複合連結式の立派な天守。


黒門脇に樹齢の長そうな桜の木。
黒門脇に樹齢の長そうな桜の木。

黒門脇に樹齢の長そうな桜の木。


建物はなく広い本丸御殿跡。
建物はなく広い本丸御殿跡。

建物はなく広い本丸御殿跡。


周囲所々に桜の木。
周囲所々に桜の木。

周囲所々に桜の木。


天守前へ。五層の大きな天守。
天守前へ。五層の大きな天守。

天守前へ。五層の大きな天守。


東側に月見櫓。
東側に月見櫓。

東側に月見櫓。


北側に乾小天守。
北側に乾小天守。

北側に乾小天守。


天守内

天守内は暗く古い木造感。狭間や石落としがあります。
天守内は暗く古い木造感。狭間や石落としがあります。

天守内は暗く古い木造感。狭間や石落としがあります。


展示されているとても長い銃。
展示されているとても長い銃。

展示されているとても長い銃。


古くて揺れる城内、すれ違いが難しい急階段を登っていきます。
古くて揺れる城内、すれ違いが難しい急階段を登っていきます。

古くて揺れる城内、すれ違いが難しい急階段を登っていきます。


最上階へ到着。頭上の木組み。
最上階へ到着。頭上の木組み。

最上階へ到着。頭上の木組み。


北側の風景。城内は桜がひしめきます。
北側の風景。城内は桜がひしめきます。

北側の風景。城内は桜がひしめきます。


東側の本丸御殿跡。街の先に山並みがきれい。
東側の本丸御殿跡。街の先に山並みがきれい。

東側の本丸御殿跡。街の先に山並みがきれい。


桜がひしめく所。
桜がひしめく所。

桜がひしめく所。


黒門周辺。
黒門周辺。

黒門周辺。


南側は都市風景。
南側は都市風景。

南側は都市風景。


入ってきた入口付近。
入ってきた入口付近。

入ってきた入口付近。


西側、遠くには北アルプスの山並み。
西側、遠くには北アルプスの山並み。

西側、遠くには北アルプスの山並み。


北西側、赤い埋橋が印象的。
北西側、赤い埋橋が印象的。

北西側、赤い埋橋が印象的。


北アルプスの山並み。
北アルプスの山並み。

北アルプスの山並み。


古城名物の急階段を慎重に降ります。
古城名物の急階段を慎重に降ります。

古城名物の急階段を慎重に降ります。


月見櫓へ。三面が開き景色と風通しが良さそう。
月見櫓へ。三面が開き景色と風通しが良さそう。

月見櫓へ。三面が開き景色と風通しが良さそう。


南側の内堀と二ノ丸方面。
南側の内堀と二ノ丸方面。

南側の内堀と二ノ丸方面。


東側の本丸御殿方面。
東側の本丸御殿方面。

東側の本丸御殿方面。


画像の無断利用を禁じます。写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details

「松本城」の周辺地図

所在地長野県松本市丸の内4-1
アクセスJR篠ノ井線「松本」駅徒歩15分

「松本城」と類似、関連する写真ページ