アマティが破産?!ファゴットやコントラファゴットを普及させた低価格メーカー

        音楽-管弦楽・吹奏楽   

管楽器を中心としたチェコの楽器メーカーの「アマティ」(Amati)が破産したという情報を知りました。

アマティについて

ファゴットを作っているメーカーの1つにチェコのアマティがあります。比較的低価格のモデルを生産していて、特に初級モデルとして普及しているイメージがあります。最初に吹いた楽器がアマティだったという人も多いのではないでしょうか。

そして特にコントラファゴットはとてもコスパが良く、数百万円が当たり前な楽器ですが、100万円台で購入する事が出来ます。そのためコントラファゴットを所有するアマオケや大編成の吹奏楽団ではアマティであることが多く、私を含め個人所有者もいます。

・アマティ社製のMyコントラファゴット/diary_picture/202008/040.jpg

また使用頻度が少ないC管クラリネットが低価格で入手できるイメージがあります。その他にもラインナップを見ると、ビューグル、メロフォーン、ヴァルヴトロンボーンなど、珍しい楽器も製造しています。フルートとオーボエを除き、とても幅広いラインナップの総合楽器メーカーです。

アマティの破産

そんなアマティですが、Wikipediaの情報によると、2019年11月に破産宣告をしたそうです。


2019年11月、裁判所がAmatiの破産を宣告した。負債額は1億4,000万チェコ・コルナ以上。自力での再建は難しく、イギリスの親会社は2019年末で全従業員を解雇し、会社を精算する意向である。しかし、Amatiの買収に興味を示している企業が数社あり、35名の従業員が解雇されたが、残った115名の従業員により現在でも楽器の生産は続けられている

引用:アマティ (楽器メーカー) - Wikipedia

この情報には驚きました。他に情報はあまり多くありませんが、調べて末尾にリンクをまとめました。破産したこと、賃金支払いの問題、貴重な楽器コレクションの保存の問題などについてチェコ語で書かれた記事がいくつか見つかりました。

前述の通りファゴットやコントラファゴットにとってはとても重要なメーカーで、もしそれらの製品がなくなってしまうと業界に大きな痛手になります。特にコントラファゴットはアマティがなかったらこれほどアマチュアに一般化してなかったはずです。

・吹奏楽でコントラファゴットが広まったのはアマティのおかげといっても過言ではない/diary_picture/202008/041.jpg

終わりに

アマティが破産したとはいえ、なんとか生産を続けられているのはせめてもの救いです。今後どうなっていくか分かりませんが、会社の清算は避けてほしいですね。安定した企業に買収されて今後も同ブランドを継続して生産し、同じような低価格帯で販売てくれることを願うのみです。今後も動向の情報を探って行きます。

【関連】
アマティ (楽器メーカー) - Wikipedia
Výroba hudebních dechových nástrojů | AMATI(アマティ社公式サイト)
Vyráběla hudební nástroje, teď je v insolvenci. O firmu Amati-Denak má zájem pět kupců — ČT24 — Česká televize(破産を伝えるチェコ語の記事)
Legendární dodavatel českých kapel má problémy. Amati Kraslice padá do insolvence - Aktuálně.cz(同)
Kraslická legenda Amati má potíže, někteří zaměstnanci jsou bez výplaty - iDNES.cz(同)

記事へのコメント

コメントを投稿

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須