吹奏楽にファゴットは必要か?と疑った時に推察される3つの問題点

作成:   更新:   カテゴリ:音楽-管弦楽・吹奏楽

「吹奏楽にファゴットは必要か」はよく話題になります。結論から言うと「スクールバンド」は選曲の偏りや予算的に厳しい実情があるので必ずしも必要とは言い切れないですが、それを包含する「吹奏楽」自体には必要だと思います。この2つは明確に区別した方が良いと考えています。

ファゴットファゴット
特に「音量が小さい」「聞こえない」と言われることがあると思いますが、私見では以下3つの問題点があると思います。

  • 1.選曲の問題
  • 2.編成人数とバランスの問題
  • 3.ファゴット奏者の技術と認識の問題




  • 【関連】ファゴットの魅力よ伝われ!「関ジャム 完全燃SHOW」でファゴット特集

    1.選曲の問題


    大人になってみてスクールバンドは特殊な環境だったと感じます。ファゴットが活躍しづらいマーチやポップス曲の比率が大きい、アルメニアンダンスはパート1のみでパート2をやらない、オーケストラ曲は派手な楽章しかやらない等。それは学生向けの選曲の偏りにより、吹奏楽本来の概念の内ほんの一部しか経験していなかったのです。結果として元気で派手で埋もれやすい安易な構造の曲(同じ音域の楽器をコピペしたような曲も多い)、つまりファゴットが主体的に活躍することがない曲が選ばれているのです。

    一方で吹奏楽オリジナル曲では特にA.リード、J.バーンズ、P.スパーク、J.デ=メイは素晴らしい作品が多く、比較的ファゴットを重用する作曲家でもあります。安易にサウンドを分厚くせず、様々な楽器が浮き立つような作りになっており、ファゴットも重要な1つの色としてしっかり扱われています。大音量のトゥッティを除いて決して「聞こえない」という感覚にはなりません。またファゴットの本領はオーケストラですので、オーケストラ曲を選曲する事も有効です。ファゴット奏者にとってやりがいがある、このような曲も演奏曲に加えてみてはいかがでしょうか。

    ・ファゴットが活きるかは選曲が大事
    ファゴットファゴット

    2.編成人数とバランスの問題


    派手な曲はお客さんにインパクトを与えますが、沢山の美しい音色を奏でられる楽器が集まっている吹奏楽ができることはそれだけではありません。管楽器は出そうと思えば大きな音、荒々しい派手な音を出すことができますが、それを許しては自己満足的な演奏でしかありません。

    吹奏楽は管弦楽のように人数の指定がないにしても、適切な人数バランスがあります。特にサックス、トランペットなど大きな音を出せる楽器ほど人気かつ所有率が高いために多くなりがちですが、楽器がある範囲でファゴットを含め不足しがちな楽器にコンバートをするべきです。例えばバンドでギターが2人なのにベースが3人もいたらおかしいでしょう。吹奏楽は単に楽器を持ち寄ったアンサンブルではなく、吹奏楽としての編成に整える必要があります。

    そして人数が多いパートがあった場合、常に全員で吹くのではなく、音量を落とす所は人数を減らしてバランスをとるべきです(降り番を作ることも選択肢)。もちろん大きな音を出せる楽器(トロンボーン、バリサク等)が派手に雑に吹きすぎないことも大事です。音楽は個々の主張競争ではなく、皆で調和した1つの作品を作る表現作業です。これらによりサウンド全体が適正な音量にならないとファゴットは埋もれた感覚が強くなります。大きすぎるパートがないか、セクション練習をしてバランスを調整します。基礎サウンドが適正なバランスになっているかを再確認しましょう。

    ・人数バランス、サウンドバランスが大事
    吹奏楽練習吹奏楽練習

    3.ファゴット奏者の技術と認識の問題


    ファゴット奏者側も「ファゴットらしい音」を崩さない範囲で、腹筋を使ってしっかり息を吹き込み、楽器を全体をよく響かせて吹く必要があります。ファゴットは「聞こえづらい」という先入観がありますが、それに甘えずに1つの音の色として主体的な意識を持って演奏する必要があります。そのための最低限の演奏技術を習得する必要があります。リードの状態にも大きく左右されるのでリードの調整法もとても重要です。先輩がいれば基本事項は受け継ぐことができますが、居ない場合はレッスンを受けた方が良いです。教わるのは特にオーケストラ専門ではなく吹奏楽に理解のある人が望ましいと個人的には思います。

    そしてファゴットはトランペットやオーボエ、ポップスのサックス等のような単独で目立つキャラクターの楽器ではないことも理解すべきです。ファゴットは音域が広いために低音セクション、中音セクション、さらにオーボエ等と共にオーケストラの木管セクションにも属して多くの役割を持ちます。曲によりますが、ファゴット単独で動くということはあまり多くありません。

    その中で同じ動きの楽器と一体化して溶け込みます。(サウンドバランスが適正な前提で)ファゴットという柔らかく優美な音色を付け加えて響きを増しているのです。響きを立体的にするという表現も良いかもしれません。テナーサックスだけ、バスクラリネットだけよりも断然豊かな響きです。特に役割の近いバスクラリネットと完全に一体化する感覚は重要で、ファゴットが抜けた低音セクションの響きは寂しいものです。ファゴット単独で目立つというより、同じ動きの楽器と調和してより豊かな音を作るという考え方が良いと思います。もちろんソロや単独音はしっかりファゴットの音色を響かせます。

    ファゴットは大音量トゥッティを除いて、ホールでは空間に反響して意外と聞こえています。確かに関係者でないとファゴットの音色は聞き分けられないかもしれませんが、譜面に書かれているのだから吹奏楽として本来ファゴットが混ざった響きが必要なのです。どうせ聞こえないと消極的にならず、吹奏楽サウンドの一員として周りとのアンサンブルに意識を置き、1つ1つの音を大事にしましょう。その方が絶対にやりがいがあります。

    ・ファゴットは演奏会ホールのステージで一番活きる
    吹奏楽・演奏会ステージ吹奏楽・演奏会ステージ吹奏楽・演奏会ステージ吹奏楽・演奏会ステージ

    余談:Option指定について


    譜面のOption指定は、吹奏楽自体にファゴットが「なくてもいい」のではなく、あるべきだが予算などの実情に合わせて「省略できるようにした」のだと思うのです。それを読み違えて「吹奏楽にはファゴットはなくてもいい」とネガティブに捉えられてしまうとすれば悲しいことです。そうやって培った吹奏楽観が広まると、ますます「ファゴットを揃えよう」という発想が起きにくくなってしまいます。

    全国大会に出場してるような団体がこのような妥協的な認識でいると思いますか?もちろんそんなことはなく、全員が高いレベルの意識でサウンド作りに取り組んでいます。ファゴットに限らず、与えられた環境の中で高い意識、正しい認識を持ち、充実した前向きな活動を目指すことが大事です。

    まとめ


    選曲、バランス、技術と意識、これらのどれが欠けてもファゴットは埋もれ、存在意義を見失ってしまいます。これらがうまくいっている団体は、ファゴットの優美な響きがサウンドに効果的にブレンドし、活かされています。そうするとファゴット奏者は主体的な意識を持ち音1つ1つを大切にして演奏を楽しむことができます。この感覚はぜひ知ってほしいです。

    吹奏楽は管楽器が主体の合奏形態であり、一管楽器であるファゴットだけがいなくてもいい理由なんてありません。現代吹奏楽の始まりとされるホルスト作曲の「吹奏楽のための第一組曲」からファゴットは編成に入っています。ファゴットは吹奏楽というパレットの色の1つであることは疑いようもなく、ファゴットがなければ吹奏楽のサウンドは完成しません

    今回書いたことはあくまで私見ではありますが、もしファゴットが必要かどうかを疑う状況になったら、上記3点に問題がないかを検証してみて下さい。ファゴットで豊かに生きている人間として、ファゴットが正しく認識されて効果的に使われることを願ってやみません。
    ファゴットファゴット
    【関連】ファゴットの魅力よ伝われ!「関ジャム 完全燃SHOW」でファゴット特集

    P.S.ファゴットが大活躍する吹奏楽曲といえば


    ■祝典のための音楽(F.スパーク) ※特に4:10~


    【関連】顧問の先生に知ってほしい、吹奏楽部でファゴットを有効に使うための留意点
    【関連】ファゴットの魅力よ伝われ!「関ジャム 完全燃SHOW」でファゴット特集





    コメント一覧(1件)

    コメント一覧(1件)

    [1]   2018/11/10(土) 20:19

    高校の吹奏楽部員です。
    ありがとうございます。この記事を読む事ができて本当によかったです。失いかけていた存在意義を見つけることができました。頑張ります!

    削除PW:


    コメントを書く

    この記事へのコメントを投稿

    記入者(*)

    コメント(*)

    (*)は入力必須項目