猛暑の中休みと10.5kmと大好物

        日常・時事

猛暑日&熱帯夜の日々が嘘のように涼しくなったので落としてたジョギングペースを元に戻し、1ヶ月ぶりぐらいにいつも目標としていたクォーターマラソン距離(10.5km)を走れました。このぐらいの気温が一番気持ちいい。あと走ってるときは音楽のイメトレするのが最適。第九の4楽章のソロ等を頭の中で歌いまくっていました。最後の急坂を短距離の走り方でスパートするのも楽しみになっています(^^;)これからもマイペースに続けていきます。

ちなみに10.5kmという距離、京都府庁(京都御所隣)〜滋賀県庁(大津駅前)の直線距離だそうで。最も近い都道府県庁同士の距離とはいえなんだかすごいですね。数年前までまさかこんなに運動する人になるなんて想像もできなかったので、今でも自分でも驚きです(´・ω・`)

涼しい風景ということで写真:最上川の峡谷、戸沢村にあった佐藤長三郎そばという手打ち蕎麦屋さん。蕎麦は大好物。ボリュームもありとても美味しく、静かで落ち着くお店の雰囲気にも癒されました。

・お店の雰囲気/diary_picture/201307/013.jpg

・てんぷら/diary_picture/201307/014.jpg

・手打ち蕎麦/diary_picture/201307/015.jpg

【関連】最上峡(戸沢村)の写真ページ戸沢村の地図


スポンサーリンク

記事へのコメント

コメントを投稿

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須