最上峡[18枚]

松尾芭蕉が句を詠んだ最上川の峡谷

2013年6月、山形に旅行に行きました。新庄市から西へ最上川沿いに進み、最上川沿いの自然豊かな最上峡が続く戸沢村へ。松尾芭蕉が「最上川」の句を詠んだ地でもあります。幅の広い最上川を渡った所に道の駅とざわ(モモカミの里・高麗館)があります。日本の田舎風景に似つかない韓国風の建物であるのは、戸沢村と韓国に親交の歴史があるため。自然深い最上川沿いの国道47号線・鶴岡街道を進み、陸羽西線(奥の細道最上川ライン)高屋駅近くの蕎麦屋にて昼食。最上川を眺めると川下りの舟や、偶然鮎の遡上の様子も見つけることができました。庄内町に入ると、田園風景の中に多数の風車群が現れました。

作成

撮影時期2013年06月
エリア東北地方山形県
所在地山形県最上郡戸沢村  [MAP]
アクセス国道47号線沿い、陸羽西線沿線
ルート道の駅とざわ→最上川沿い→庄内町

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details

道の駅とざわ

新庄市の市街地を抜けてから西側へ。
[1] 新庄市の市街地を抜けてから西側へ。
陸羽西線(奥の細道最上川ライン)沿いに美しい田舎風景を進んで行きます。
[2] 陸羽西線(奥の細道最上川ライン)沿いに美しい田舎風景を進んで行きます。
緑一色の豊かな田園地帯。
[3] 緑一色の豊かな田園地帯。
川幅の大きな最上川を渡ります。
[4] 川幅の大きな最上川を渡ります。
道の駅とざわへ。斜面状の広い敷地に韓国風の建物が建っています。
[5] 道の駅とざわへ。斜面状の広い敷地に韓国風の建物が建っています。
さきほどの橋と川の下流方向。青い橋が見えます。
[6] さきほどの橋と川の下流方向。青い橋が見えます。
川の上流方向は緑一色の風景。大きな最上川がカーブしています。
[7] 川の上流方向は緑一色の風景。大きな最上川がカーブしています。
階段を登り売店へ進んでいきます。
[8] 階段を登り売店へ進んでいきます。
少し高い所から再び川を見渡す。
[9] 少し高い所から再び川を見渡す。
斜面状の建物や独特な石造。売店の商品とBGM、レストランのメニューも韓国。戸沢村と親交があるようです。
[10] 斜面状の建物や独特な石造。売店の商品とBGM、レストランのメニューも韓国。戸沢村と親交があるようです。

最上峡(戸沢村・庄内町)

緑豊かな最上川沿いの国道47号線・鶴岡街道を進むと、「佐藤長三郎そば」を発見。
[11] 緑豊かな最上川沿いの国道47号線・鶴岡街道を進むと、「佐藤長三郎そば」を発見。
一軒だけの味のある古民家の蕎麦屋さん。左の斜面上に陸羽西線の高屋駅がありますが、周囲に建物はほとんどありません。
[12] 一軒だけの味のある古民家の蕎麦屋さん。左の斜面上に陸羽西線の高屋駅がありますが、周囲に建物はほとんどありません。
心地良さそうな舟。写真では分かりませんが、鮎が水しぶきをあげゆっくり遡上していました!
[13] 心地良さそうな舟。写真では分かりませんが、鮎が水しぶきをあげゆっくり遡上していました!
舟下り乗り場があります。
[14] 舟下り乗り場があります。
川幅の広い最上川。山形県南端の米沢市から流れているとても長い川です。
[15] 川幅の広い最上川。山形県南端の米沢市から流れているとても長い川です。
立谷沢川が合流し、庄内町へ入っていきます。
[16] 立谷沢川が合流し、庄内町へ入っていきます。
「最上川さみだれ大堰」を振り返る。遡上用に魚道が設けられています。
[17] 「最上川さみだれ大堰」を振り返る。遡上用に魚道が設けられています。
鶴岡方面へ、日本有数の穀倉地帯、豊かな田園風景の庄内平野を行く。
[18] 鶴岡方面へ、日本有数の穀倉地帯、豊かな田園風景の庄内平野を行く。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details

「最上峡」の地図

所在地山形県最上郡戸沢村
アクセス国道47号線沿い、陸羽西線沿線
ルート道の駅とざわ→最上川沿い→庄内町

↓拍手ボタンを押して頂けるととても励みになります。

前後の撮影場所

【NEXT】
鶴岡公園(鶴ヶ岡城址)の写真ページへ

鶴岡公園(鶴ヶ岡城址)(18枚)
庄内藩酒井家居城・鶴ヶ岡城址の公園

【PREV】
山形城跡(霞城公園)の写真ページへ

山形城跡(霞城公園)(14枚)
山形市中心部にある広大な城址公園

関連ブログ

旅ブログに共通のタグ 「山形旅行2013」の記事があります。