魅力的に変わり行く街武蔵小杉での飲食

        日常・時事   

さきほど家の周りをいつもより長めに散歩してきました。町田市(&麻生区&青葉区)は畑も結構あり、うちの近くにも電灯がない真っ暗な谷間の畑道があり、目を休めると共にカエルの大合唱が心地よかったです。今日は曇りですが流星を見に行った事もありました。最近あまり来ていませんでしたが、こういう場所が身近にあるのは良いなぁと改めて思いました。

昨夜は武蔵小杉駅の下のラーメン屋「濃厚博多とんこつ たかくら」に行きました。隣にあるお気に入りの「つけ麺TETSU」には何度か通っていますが、今回はあえてこちらに行ってみました。店内はカウンター席が10席ぐらい、4人座れる丸テーブルが2つ。席はさほど密集してなくてほどよい開放感。ラーメンは濃厚レベルが3種類あり、一番あっさりの「一番釜」を注文しました。注文受けてからしっかり茹で始めるためか比較的時間はかかった印象。/diary_picture/201407/001.jpgラーメンは品のある雰囲気、スープは見るからにこってりとは反対で、気にせず気軽に食べられそうな薄さでした。食べてみると今まで食べた事がないぐらいに本当にあっさり味でした。とんこつ特有の臭みも全然気にならず、女性でも抵抗ないと思います。なかなか美味しい。替え玉1杯無料なのも嬉しいです。今ちょうど福岡旅行も考えていて屋台等色々調査中で、ここで博多ラーメンを食べてますます楽しみになりました(^^)

その後いつもの「イタリアン酒場NATURA」へ。武蔵小杉で飲むといえば絶対外せない場所となりました。武蔵小杉は来るたびに道とか建物が変わっていきますね。今アクティブに生きている街です。小雨の中いつもよりちょっと長めの100分ぐらい待ちました。でもこの活気ある雰囲気が最高で待つ価値があります。/diary_picture/201407/002.jpgヒューガルデンの立ち飲みから始まっていつものたっぷり赤ワイン。ボリュームのあるイタリア料理が美味しい。大体いつもカルパッチョ、野菜のバーニャカウダは定番になりました。本当に美味しいです。/diary_picture/201407/003.jpg/diary_picture/201407/004.jpgカルパッチョは何だかいつもより新鮮?何をつけても美味しいと思えてしまう濃厚な味のバーニャカウダはもう本当にクセになります。

このクオリティを知ってしまうと他の居酒屋にはもう行けません・・・。壁に定番メニューのランキングが貼ってあるのを見て、ほとんどその中のものしか食べてない事に気づきました(^^;)他のメニューも色々挑戦していきたいです。

タグ:

日常・時事 |  コメント(0)

記事へのコメント

コメントを投稿

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須