奥氷川神社[東京都]<16枚>

2020年8月、奥多摩旅行に行きました。奥氷川神社は奥多摩町にある神社です。日本武尊が東征の際に祀った社を起源とし、貞観2年(860年)に无邪志国造の出雲族が再興し「奥氷川大明神」としました。明治2年(1986年)に奥氷川神社に改称されています。本殿は神明造、祭神として素戔嗚尊(スサノオ)、奇稲田姫命(クシナダヒメ)を祀っています。境内にあるご神木の氷川三本杉は樹高約43mの都内最大の杉で、都天然記念物に指定されています。

撮影場所の概要
撮影時期2020年08月
エリア関東地方 / 東京都
所在地東京都西多摩郡奥多摩町氷川185
アクセスJR青梅線「奥多摩」駅徒歩3分
地図

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

奥氷川神社

奥多摩駅入口交差点、神社は氷川大橋側にあります。
奥多摩駅入口交差点、神社は氷川大橋側にあります。

奥多摩駅入口交差点、神社は氷川大橋側にあります。

都天然記念物の氷川三本杉があります。大きな根元から3本に分岐しています。
都天然記念物の氷川三本杉があります。大きな根元から3本に分岐しています。

都天然記念物の氷川三本杉があります。大きな根元から3本に分岐しています。

高さ43m、都内最大の大きな杉の木です。
高さ43m、都内最大の大きな杉の木です。

高さ43m、都内最大の大きな杉の木です。

道路からの入口は神社裏手。本殿にも大きな杉の木が立ちます。
道路からの入口は神社裏手。本殿にも大きな杉の木が立ちます。

道路からの入口は神社裏手。本殿にも大きな杉の木が立ちます。

氷川大橋沿いの坂を下ります。
氷川大橋沿いの坂を下ります。

氷川大橋沿いの坂を下ります。

下った角の鳥居から入ります。
下った角の鳥居から入ります。

下った角の鳥居から入ります。

手水舎。水は出ていません。
手水舎。水は出ていません。

手水舎。水は出ていません。

手水舎。
手水舎。

手水舎。

境内の本殿前はほぼ正方形の広場。セミの声が響く。
境内の本殿前はほぼ正方形の広場。セミの声が響く。

境内の本殿前はほぼ正方形の広場。セミの声が響く。

正面に鎮座する本殿。
正面に鎮座する本殿。

正面に鎮座する本殿。

左側に氷川三本杉。
左側に氷川三本杉。

左側に氷川三本杉。

本殿の背後にも大きな杉の木が林立します。
本殿の背後にも大きな杉の木が林立します。

本殿の背後にも大きな杉の木が林立します。

(調査中)
(調査中)

(調査中)

境内側から見た力強い氷川三本杉。
境内側から見た力強い氷川三本杉。

境内側から見た力強い氷川三本杉。

見上げる巨木。
見上げる巨木。

見上げる巨木。

氷川三本杉の解説。
氷川三本杉の解説。

氷川三本杉の解説。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

「奥氷川神社」の地図

所在地東京都西多摩郡奥多摩町氷川185
アクセスJR青梅線「奥多摩」駅徒歩3分

近隣の写真ページ(近い順)

奥多摩駅の写真ページ

奥多摩駅(33枚)

前後の撮影場所


スポンサーリンク

スポンサーリンク