石舟橋[東京都]<20枚>

2020年8月、奥多摩旅行に行きました。石舟橋は秋川渓谷にかかる全長96mの橋です。歩行者専用の橋で、檜原街道から温泉施設「瀬音の湯」に渡るために造られました。秋川渓谷のシンボル的存在で、橋の上からは渓谷風景を楽しむことができます。紅葉が美しい場所としても知られています。

撮影場所の概要
撮影時期2020年08月
エリア関東地方 / 東京都
所在地東京都あきる野市戸倉1421
アクセス「十里木」バス停徒歩6分
地図

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

石舟橋

温泉施設「瀬音の湯」から歩きます。
温泉施設「瀬音の湯」から歩きます。

温泉施設「瀬音の湯」から歩きます。

森の中の遊歩道を進みます。左側からは河原で遊ぶ人達の声が響く。
森の中の遊歩道を進みます。左側からは河原で遊ぶ人達の声が響く。

森の中の遊歩道を進みます。左側からは河原で遊ぶ人達の声が響く。

分岐した道が合流し、石舟橋に到着。
分岐した道が合流し、石舟橋に到着。

分岐した道が合流し、石舟橋に到着。

橋は中央部ほど低くなる形をしています。
橋は中央部ほど低くなる形をしています。

橋は中央部ほど低くなる形をしています。

全長96mの歩道専用橋、渡って行きます。
全長96mの歩道専用橋、渡って行きます。

全長96mの歩道専用橋、渡って行きます。

右側の川上方面。流れは比較的穏やかです。
右側の川上方面。流れは比較的穏やかです。

右側の川上方面。流れは比較的穏やかです。

左側の川下方面。近くの岩場は落差があり、音と共にダイナミックに流れています。
左側の川下方面。近くの岩場は落差があり、音と共にダイナミックに流れています。

左側の川下方面。近くの岩場は落差があり、音と共にダイナミックに流れています。

水しぶきを上げて勢いよく岩場に流れ込む。
水しぶきを上げて勢いよく岩場に流れ込む。

水しぶきを上げて勢いよく岩場に流れ込む。

周辺の岩場で遊ぶ人達。
周辺の岩場で遊ぶ人達。

周辺の岩場で遊ぶ人達。

激しく水が流れ込む所は目を引きます。
激しく水が流れ込む所は目を引きます。

激しく水が流れ込む所は目を引きます。

橋を振り返る。豊かな緑の中の橋。
橋を振り返る。豊かな緑の中の橋。

橋を振り返る。豊かな緑の中の橋。

川下はカーブし、岩場が続きます。
川下はカーブし、岩場が続きます。

川下はカーブし、岩場が続きます。

落差のある部分を横から。
落差のある部分を横から。

落差のある部分を横から。

渡った先には檜原街道。
渡った先には檜原街道。

渡った先には檜原街道。

橋を渡り切り再び木々の中へ。
橋を渡り切り再び木々の中へ。

橋を渡り切り再び木々の中へ。

街道へ登る階段。
街道へ登る階段。

街道へ登る階段。

秋川渓谷の看板。
秋川渓谷の看板。

秋川渓谷の看板。

展望スペースより。緑豊かな渓谷に架かる石舟橋。
展望スペースより。緑豊かな渓谷に架かる石舟橋。

展望スペースより。緑豊かな渓谷に架かる石舟橋。

秋川渓谷のシンボル的存在です。
秋川渓谷のシンボル的存在です。

秋川渓谷のシンボル的存在です。

檜原街道へと続きます。
檜原街道へと続きます。

檜原街道へと続きます。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

「石舟橋」の地図

所在地東京都あきる野市戸倉1421
アクセス「十里木」バス停徒歩6分

前後の撮影場所


スポンサーリンク

スポンサーリンク