臼井城址公園の桜[千葉県]*24枚

2018年3月、桜の時期に千葉の城跡を巡りました。臼井城は千葉県佐倉市臼井田付近にあったお城です。12世紀中ごろに臼井常康が居を築き、14世紀中ごろに臼井興胤の代に本格的城郭として整備されました。文明11年(1479年)には太田道灌率いる上杉方に攻められ、永禄9年(1566年)には上杉謙信に攻められる等何度も合戦の舞台となり、慶長9年(1604年)の酒井家次の高崎移封に伴い廃城となりました。現在は公園として整備され、城跡からは印旛沼を一望する事ができます。

撮影場所の概要
撮影時期2018年03月
エリア関東地方 / 千葉県
所在地千葉県佐倉市臼井字城之内
アクセス京成電鉄本線「京成臼井」駅から徒歩20分
地図

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

二の丸

住宅街の丘にある臼井城址公園へ。駐車場付近より。
住宅街の丘にある臼井城址公園へ。駐車場付近より。

住宅街の丘にある臼井城址公園へ。駐車場付近より。

静かな二の丸の広場、桜の木が一本。
静かな二の丸の広場、桜の木が一本。

静かな二の丸の広場、桜の木が一本。

広場では遊ぶ親子がいるが閑散としている。
広場では遊ぶ親子がいるが閑散としている。

広場では遊ぶ親子がいるが閑散としている。

二の丸の奥より。
二の丸の奥より。

二の丸の奥より。

空堀で隔てられた二の丸と本丸を渡す土橋の解説。防御と攻撃を考えた構造。
空堀で隔てられた二の丸と本丸を渡す土橋の解説。防御と攻撃を考えた構造。

空堀で隔てられた二の丸と本丸を渡す土橋の解説。防御と攻撃を考えた構造。

土橋を渡り本丸へ進みます。
土橋を渡り本丸へ進みます。

土橋を渡り本丸へ進みます。

スポンサーリンク

本丸

本丸の広場へ。桜がきれい。
本丸の広場へ。桜がきれい。

本丸の広場へ。桜がきれい。

静かな本丸に立ち並ぶ桜の木々。
静かな本丸に立ち並ぶ桜の木々。

静かな本丸に立ち並ぶ桜の木々。

美しい桜の木々。人もほぼおらず独り占めできます。
美しい桜の木々。人もほぼおらず独り占めできます。

美しい桜の木々。人もほぼおらず独り占めできます。

風に舞う桜の花びら。
風に舞う桜の花びら。

風に舞う桜の花びら。

満開のきれいな桜。
満開のきれいな桜。

満開のきれいな桜。

左奥の方へ来て振り返る。こちらには桜はない。
左奥の方へ来て振り返る。こちらには桜はない。

左奥の方へ来て振り返る。こちらには桜はない。

高台から印旛沼を眺める事ができます。
高台から印旛沼を眺める事ができます。

高台から印旛沼を眺める事ができます。

沼沿いにも桜の木々。
沼沿いにも桜の木々。

沼沿いにも桜の木々。

印旛沼の眺め。地平線は平均標高の低い千葉県らしくなだらか。
印旛沼の眺め。地平線は平均標高の低い千葉県らしくなだらか。

印旛沼の眺め。地平線は平均標高の低い千葉県らしくなだらか。

一部葉桜になっているがきれい。
一部葉桜になっているがきれい。

一部葉桜になっているがきれい。

高台にある本丸の斜面。
高台にある本丸の斜面。

高台にある本丸の斜面。

高台の下は住宅が敷き詰められている。
高台の下は住宅が敷き詰められている。

高台の下は住宅が敷き詰められている。

斜面側に立つ桜。
斜面側に立つ桜。

斜面側に立つ桜。

見晴らしがよく静かで自然豊かな本丸。
見晴らしがよく静かで自然豊かな本丸。

見晴らしがよく静かで自然豊かな本丸。

本丸に入って左側は雑然としている。
本丸に入って左側は雑然としている。

本丸に入って左側は雑然としている。

傾いた祠。
傾いた祠。

傾いた祠。

見張りの櫓と思われる跡。
見張りの櫓と思われる跡。

見張りの櫓と思われる跡。

土橋の先は二の丸。
土橋の先は二の丸。

土橋の先は二の丸。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

「臼井城址公園の桜」の地図

所在地千葉県佐倉市臼井字城之内
アクセス京成電鉄本線「京成臼井」駅から徒歩20分

前後の撮影場所


スポンサーリンク

スポンサーリンク