【演奏会後記】ヨコハマベイフィルハーモニー ベイサイドコンサート

        音楽-管弦楽・吹奏楽

横浜・大さん橋内の広いロビー空間で演奏しました。天気は曇りでしたが2回とも用意した席が埋まるほどたくさんの人に聞いてもらえました。ホールとは違う独特な響きですが楽しんで演奏できました。大きい船が出航する様子も印象的でした。

・リハーサル前/diary_picture/201707/004.jpg・ステージ風景/diary_picture/201707/005.jpg

演奏曲について。マイスタージンガーは音量が大きいのと吹き続けで疲れますね。セビリアは、E-durの指が苦手なので後半のソロはなんとかなってよかったです。チェロと同じ細かい八分の動きは大変でした。カルメンは有名な楽章を抜粋しました。アンコールは横浜市歌を演奏しました。森鴎外作詞のその歌詞はまさにこの港の事を表しているので感慨深いですね。

・ファゴットとみなとみらい/diary_picture/201707/006.jpg

年末にはまたここで第九を演奏する機会があります(合唱メンバー募集中です)。いつもはコントラですが今回は1stを吹く予定なので頑張ります。

ヨコハマベイフィルハーモニー ベイサイドコンサート

【日時】2017年7月2日(日)14:00~、16:00~
【場所】横浜大さん橋 出入国ロビー
【指揮』松本 宗利音
【入場料】無料
【曲目】
ロッシーニ/「セビリアの理髪師」序曲
ワーグナー/「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第一幕への前奏曲
ビゼー/「カルメン」より抜粋
※アンコール
南能衛/横浜市歌


スポンサーリンク

記事へのコメント

コメントを投稿

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須