【演奏会後記】ヨコハマベイフィルハーモニー Winter Concert 2017(横浜大さん橋)

        音楽-管弦楽・吹奏楽

横浜大さん橋での第九(4楽章)演奏を無事に盛大に終えました。

当日の横浜は風は冷たいが天気は心地よい晴れ、冬特有の澄んだ青空や空気が気持ち良かったです。一眼レフ持っていけばよかったと後悔したぐらいです。/diary_picture/201712/018.jpg/diary_picture/201712/019.jpg

昼のリハーサルの終盤、開場前から既に入場の行列!開演してみると自分たちで設営した300以上の席が埋り、さらに後ろに立ち見の壁が続く光景に驚きました(スタッフによると約700人という話も!)。地区センターの時もですが、演奏会ホールとは異なり立ち見が可能なので、演奏者側からも新鮮な風景です。

・演奏した大さん橋入出国ロビー/diary_picture/201712/020.jpg

・細長い大さん橋内。突き当りで演奏し、このクリスマスツリーまで立ち見が続いたらしい!/diary_picture/201712/021.jpg

演奏は目前にお客さんの壁もあり、さらにライブ配信をするとのことでカメラが設置され、いつも以上に緊張しました。そんな中で重要なオブリガードのあるファゴットの1stを頑張って吹きました。今期の集大成でもあるし、リハーサル時よりしっかり表現したい意識を高めて臨みました。今回も100人の大迫力の合唱、豪華な歌ソリスト達(後述)とオーケストラで熱演し、ブラボーの声も飛び盛大に終えました。全体的に前回の地区センターよりもさらにパワーアップした演奏ができた気がします。今回は第九の4楽章と横浜市歌だけということもありあっという間の感覚でした。

・リハーサル時の演奏風景/diary_picture/201712/022.jpg/diary_picture/201712/026.jpg

今回は奥の「大さん橋ホール」ではなく、人々が行き交う手前の「入出国ロビー」でのこのようなイベント企画は初めてとのことでした。大さん橋を含む横浜港は約160年前の1859年(安政6年)に開時して様々な西洋文化が入ってきた場所で、関内駅から歩く途中にも様々な「発祥の地」の石碑があり横浜生まれの自分でも驚きました。西洋音楽・管弦楽もその1つであり、そのような場所で演奏できたことは貴重であり縁を感じます。横浜市歌は1909年(明治42年)に開港50周年を記念して作曲されましたが、森鴎外が作詞した当時と比べてここ大さん橋や停泊する飛鳥IIのように今はさらに大きな港になっている事も感慨深いです。

前回の地区センター、今回の大さん橋とソリストの方々と共演しましたが、本当に凄い方達なんです。プロオケとしか共演しないような方々で、プロフィールの長い実績の羅列を見て驚きます。団長が持っているヨコハマ・ベイ・フィルの熱いコンセプト、その意欲的な取り組みにやりがいを感じて頂いて共演が実現していると聞きました。みなとみらいホールを満員にするという近い目標に向かって、さらに沢山の人と関わり合い貴重な充実した活動をしていきたいです。

大さん橋には先週のリハ同様豪華客船「飛鳥II」が停泊していました。調べるとその日の夕方に出港した後、名古屋、神戸を経て再びここ母港に戻ってきたようです。まるで巨大な建物がそこに建っているかのような客船です。いつかこの船の中で演奏できたら…というのは難しそうですが。ちなみに船のクルーの人も聞きに来てくれたようです。/diary_picture/201712/027.jpg

そしてファゴットと飛鳥II、ベイブリッジ、山下公園(マリンタワー、氷川丸)で記念撮影しました。これもなかなか実現できない共演ですね。

・飛鳥II/diary_picture/201712/023.jpg

・横浜ベイブリッジ/diary_picture/201712/024.jpg

・山下公園(マリンタワー、氷川丸)/diary_picture/201712/025.jpg

演奏と片付けを終えた帰り、夕暮れで表情を増す飛鳥II、みなとみらい。大さん橋は解放感が気持ち良くて港街の風景が美しい、本当に魅力的な場所です。今後も大さん橋で演奏する機会があると思いますので横浜観光と併せてぜひお越し下さい。/diary_picture/201712/028.jpg/diary_picture/201712/029.jpg

横浜ベイフィルハーモニー Winter Concert 2017(横浜・大さん橋)

【日時】平成29年12月17日(日)開演:14:00
【場所】横浜港大さん橋国際客船ターミナル ※大桟橋ホールより手前の室内です
【指揮】松本宗利音
【ソリスト】S:佐藤優子、A:布施奈緒子、T:城宏憲、Br:増原英也
【合唱】YBP第九合唱団2017
【入場料】無料
【曲目】
ベートーヴェン/交響曲第九番 第四楽章
アンコール:横浜市歌/diary_picture/201712/001.jpg


スポンサーリンク

記事へのコメント

コメントを投稿

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須