【群馬旅行】(2) 草津温泉(湯畑、西の河原公園)、高崎(箕輪城跡、高崎観音)

    関東地方

こんにちは、旅行散策と一眼レフ撮影を楽しんでいる「みやだい」です。

群馬旅行1日目の続きです。前日は温泉を堪能し、この日は中心地の湯畑周辺を散策し、高崎方面に戻ります。

・草津温泉の湯畑草津温泉・湯畑

光泉寺

最初は湯畑近くにある温泉発祥の光泉寺へ。

・光泉寺のマップ

日本三大温泉薬師の1つ。雪が積もり冷たい空気で静かな境内、ここでもまた鐘を突きました。

・湯畑方面に向かう道草津温泉の通り

・光泉寺光泉寺光泉寺光泉寺

・光泉寺から見た湯畑光泉寺から見た湯畑

↓さらに詳細はこちら

草津温泉・湯畑

草津温泉のシンボル、中心地である湯畑へ。

・草津温泉湯畑のマップ

湯煙と硫黄のにおいが漂う中、源泉が樋を通り滝が流れ落ちます。沢山の人が集まり、周りには様々なお店が囲っています。足湯もありました。ゆっくり散策しながら温泉街の雰囲気を楽しめます。

・白旗源泉草津温泉・白旗源泉

・熱の湯草津温泉・熱の湯

・湯畑、著名人の名前が書かれた柵草津温泉・湯畑

・湯畑の湯草津温泉・湯畑

・樋を流れる源泉草津温泉・湯畑草津温泉・湯畑

・勢いよく流れ落ちる湯の滝草津温泉・湯畑

・雰囲気のあるお店が取り囲い、沢山の人びりでにぎわう草津温泉・湯畑

景観配慮型のセブンイレブンもありました。

西の河原通り

西の河原通りは入口は旅館が立ち並び、その先は饅頭や温泉饅頭、お土産など様々なお店が連なる和風の商店街です。良い雰囲気で見ているだけで楽しめます。

・入口は旅館西の河原通り

・和風な商店街を散策西の河原通り西の河原通り

↓さらに詳細はこちら

西の河原公園

さらに西に進んで西の河原公園へ入ります。

・西の河原公園のマップ

西の河原公園は川沿いのごつごつした岩場の散策路です。硫黄のにおいが漂い、所々から温泉が湧き出る湯の川です。岩で囲った足湯が点在し、水は緑色で触れてみると温度は様々でした。

・西の河原公園へ西の河原公園

・所々に足湯があります西の河原公園・足湯西の河原公園・足湯

・自然の中の岩場を散策西の河原公園西の河原公園

こんな感じで名湯草津温泉と周辺の温泉街の雰囲気を楽しみました。

↓さらに詳細はこちら

箕輪城跡

草津を後にして高崎方面へ戻ります。高崎市内には箕輪跡城があります。

・箕輪城のマップ

箕輪城は巡っている日本100名城の1つ。のどかな住宅地や畑に囲まれた丘の上にあり、建物はほぼなく空堀のある静かな城跡です。

・大堀切箕輪城跡・大堀切

・本丸箕輪城跡・本丸

・空堀箕輪城跡・空堀

100名城スタンプは少し離れた高崎市役所箕郷支所にあります。

↓さらに詳細はこちら

慈眼院(高崎観音)

最後は慈眼院(じげんいん)へ。「高崎観音」として知られている場所です。

・慈眼院のマップ

見上げる巨大な観音は圧巻でした。胎内に入り階段を登っていくと20体の仏像や観音建造の絵があります。最上階は肩の位置で、小窓から風景を眺めました。

・巨大な高崎白衣大観音慈眼院・高崎白衣大観音

・胎内の階段慈眼院・観音胎内の階段

・最上階慈眼院・観音胎内

・最上階からの景色慈眼院・観音胎内・景色

・高崎周辺の景色慈眼院・観音胎内・高崎周辺の景色

↓さらに詳細はこちら

遅めの昼食で訪れた近くのお店にはかわいいフクロウがいました。多様な商品を売っているこのお店はよくTVに出ているそうです。

・付近のお店とフクロウ慈眼院付近のお店フクロウ

これで全行程を終了、帰途につきます。

終わりに

草津温泉を一番の目的としつつ、群馬県内の様々なスポットを訪れました。温泉は本当に気持ち良くて最高で、毎日でも入りたいぐらいです。他にも様々な寺社やお城などの歴史、文化に触れました。非日常の中のそれぞれの箇所がユニークでワクワクさせられるもので楽しみました。

調べていくと群馬県は関東地方の中でも温泉地が多く集中していて魅力的です。温泉の他にも富岡製糸場、足尾銅山などまだまだ行きたい所があるので、また群馬県を味わいに行きたいです。

※各所のより詳しい写真は群馬旅行2020の写真ページに掲載しています。

【1日目】

   

↓拍手ボタンを押して頂けるととても励みになります。


みやだいのプロフィールアイコン

Written by みやだい

一眼レフ風景写真が好きな「みやだい」です。全国を旅行、散策しながら風景写真を撮影しています。写真は定期的にテレビ等に提供しています。真面目マイペース平和主義、前向きでいたい。
X(旧Twitter) → @miyadai_photo



記事へのコメント

\コメントを書く/

※絵文字は対応していません。
※攻撃的、乱暴なコメントはしないで下さい。

名前 (必須)

コメント (必須)