【群馬旅行】(3) わたらせ渓谷鐵道 ~ 神戸(ごうど)・列車のレストラン清流

    関東地方

こんにちは、旅行散策と一眼レフ撮影を楽しんでいる「みやだい」です。

群馬旅行、実質2日目の後半はわたらせ渓谷鐵道の神戸(ごうど)駅と帰路について書きます。

・神戸(ごうど)駅わたらせ渓谷鐵道・神戸駅

神戸駅

駅のホーム

神戸と書いて「ごうど」と読みます。「わ鐵」のちょうど中間地点の駅です。

・神戸駅のマップ

ここも交換駅で2つの列車のエンジン音や人が乗り降りして、列車が居る間は賑わいました。

・跨線橋から眺めるわたらせ渓谷鐵道・神戸駅わたらせ渓谷鐵道・神戸駅

・ホームを歩くわたらせ渓谷鐵道・神戸駅わたらせ渓谷鐵道・神戸駅

・向こう側に元特急列車わたらせ渓谷鐵道・神戸駅

・停車している列車わたらせ渓谷鐵道・神戸駅

・ホームの反対側には踏切がありバリアフリーわたらせ渓谷鐵道・神戸駅

・列車のレストランの入口わたらせ渓谷鐵道・神戸駅

・昔ながらのレトロな駅舎わたらせ渓谷鐵道・神戸駅

暑くてセミの声が響き自然に囲まれて、近くには何もないような駅という感じです。

列車が居なくなると静かになって寂しくなります。

列車のレストラン清流

ホーム横には昔の東武の特急の車両が2両分留置、少なくとも片方はレストランとなっていました。他方は不明です。

・ホーム横に留置された車両がレストランわたらせ渓谷鐵道・神戸駅・列車のレストラン

・ホームに停車しているかのような感じわたらせ渓谷鐵道・神戸駅・列車のレストラン

ちょうどお昼時で、列車のレストラン清流に入ります。跨線橋側の入口っぽい所は今は使われておらず、駅中央側の建物から入ります。

・入口から入ります(右奥にある車両は不明)わたらせ渓谷鐵道・神戸駅・列車のレストラン

食券を買って注文して車両側へ、昔の特急車両の席で趣があります。

・客席がある車両の内部へわたらせ渓谷鐵道・神戸駅・列車のレストラン

・こちらのボックス席に着席わたらせ渓谷鐵道・神戸駅・列車のレストラン

・木のあるホームの車窓。わたらせ渓谷鐵道・神戸駅・列車のレストラン

中はエアコンあり、車両両端にあるので端ほど涼しいです。椅子のリクライニングは動きます。

テーブルが置かれていますが食事の席としては思ったほど狭くなかったです。車内での食事は今や貴重な体験ですね。

・「わ鐵カレー」を食べましたわたらせ渓谷鐵道・神戸駅・列車のレストラン

この時の客は5組ぐらい。外は暑いしゆっくりくつろぎました。

・車内を見渡す、反対側は森林の車窓わたらせ渓谷鐵道・神戸駅・列車のレストラン

奥の車端部にはトイレあり、車両時代のトイレのままではなく、一般的な室内の洋式トイレが左右にあります。洗面所は列車の雰囲気のままです(水の出が悪かった)。

ここまでとても暑くて体力を消耗してしまったため、足尾銅山に行くのは諦めてここで引き返すことにしました。真夏だし無理は禁物だし、魅力的な路線なのでまたいつか乗りに来ようと思います。

一旦駅舎の外に出てみます。

・レストランを後にするわたらせ渓谷鐵道・神戸駅・列車のレストラン

駅舎の外へ

駅舎の外に出ます。田舎駅という感じでのどかで味がある良い感じです。

・味のある駅舎わたらせ渓谷鐵道・神戸駅

・駅名表示わたらせ渓谷鐵道・神戸駅

・周辺は建物らしいものはないですわたらせ渓谷鐵道・神戸駅

地図を見ると少し離れたところに街並みがあるようです。

桐生駅へ

14時過ぎの桐生行の列車で帰ります。左側の川の景色を楽しみました。自然豊かで癒される、とても良い景色です。

・列車がやってきたわたらせ渓谷鐵道・神戸~桐生

・左側の席に座るわたらせ渓谷鐵道・神戸~桐生

・豊かな森林や川を眺めつつ、たまに駅に停車わたらせ渓谷鐵道・神戸~桐生わたらせ渓谷鐵道・神戸~桐生わたらせ渓谷鐵道・神戸~桐生

車内販売でクリアファイルを買いました。販売員はつい先日テレビに出ていた人(昼めし旅)。その対応の良さに小さい会社だけどその分行き届いている感じがしました(大間々駅の駅員さんも)。

・購入したクリアファイルわたらせ渓谷鐵道・神戸~桐生

・大間々駅手前の車庫わたらせ渓谷鐵道・神戸~桐生

大間々駅に着くとここからは街中の風景に変化していきます。

・桐生駅に向けてひと気が増えた風景にわたらせ渓谷鐵道・神戸~桐生

最後は右の席に移動、両毛線と合流し渡良瀬川を渡ります。

・両毛線と合流するわたらせ渓谷鐵道・神戸~桐生

・渡良瀬川を渡るわたらせ渓谷鐵道・神戸~桐生

・桐生駅へわたらせ渓谷鐵道・桐生駅

・15時頃に桐生駅に到着しましたわたらせ渓谷鐵道・桐生駅

車窓が素晴らしくてエアコンもしっかりきいて、乗り心地良い路線でした。

桐生駅から帰宅

改札を出て着替えたりしながら1時間ぐらい休憩しました。暑さで疲れたためにその時間が必要でした。周辺にあまりお店が無いので駅の広いスペースにて。

駅ピアノがあったのでピアノが弾けたら少しは退屈しのぎになったかも。

16時発の小山行に乗車、(新宿からの)行きは高崎経由なので、結果的に両毛線乗り通しの旅になりました。

のどかな景色、広い畑の所もあり、駅間が長いです。佐野駅、栃木駅などは大きい駅でした。

・両毛線、小山駅両毛線・小山駅

小山駅に到着、乗換通路が長くてホームが離れているようでしたので乗換時間には要注意です。

お手洗いを含めて急ぐ形で湘南新宿ラインに乗車、逗子行き。速度が速い、都心のいつもの感じ、1時間ちょっとで新宿まで到着して思ったより速かったです。

終わりに

真夏の群馬県、とにかく暑かったです。平年より高い気温の日々でもあり、高崎、前橋、桐生という元々暑い地域を体感しました。

わたらせ渓谷鐵道ののどかでレトロだけど新しい快適さ、良い路線でした。直前にテレビでも観たしワクワクして行きました車窓、景色が心地よいし、鉄道会社関係者の対応の雰囲気が良かったです

水沼駅の温泉が廃業になったのは残念でしたはこういうことも旅の思い出ですね。全体的に自然・田舎の雰囲気、深呼吸したくなる美味しい空気、セミが鳴く夏らしい音も味わいました。

旅行はいつも急ぐ行程になりますが暑かったし全体的に長く休憩をとってゆっくりしました。それでも真夏はやはりきつい、途中で引き返すことになりましたがこれが現実ですが仕方ないし、今後も無理しない方が良いと思いました。

魅力的な路線で予定を満たせず途中で引き返しても十分満足できる路線でした。トロッコもあるし今回行けなかった奥の方へもまたぜひ乗りに来たいです。

【群馬旅行リンク】


   

↓拍手ボタンを押して頂けるととても励みになります。


みやだいのプロフィールアイコン

Written by みやだい

一眼レフ風景写真が好きな「みやだい」です。全国を旅行、散策しながら風景写真を撮影しています。写真は定期的にテレビ等に提供しています。真面目マイペース平和主義、前向きでいたい。
X(旧Twitter) → @miyadai_photo



記事へのコメント

\コメントを書く/

※絵文字は対応していません。
※攻撃的、乱暴なコメントはしないで下さい。

名前 (必須)

コメント (必須)