浜松城[静岡県]60枚

家康居城・出世大名が多い「出世城」

2022年5月、東三河・浜松旅行に行きました。浜松城は浜松市にあった城跡で、周辺は浜松城公園として整備されています。15世紀ごろに築城された曳馬城を前身とし、徳川家康が遠江の拠点として元亀元年(1570年)に入城して浜松城と改称し、17年に渡り統治しました。後に徳川家とゆかりの濃い譜代大名が居城し、幕府の要職に就いた者も多い(水野忠邦など)ことから「出世城」とも呼ばれます。野面積みの石垣が有名であり、現在の天守は昭和33年(1958年)に完成した模擬天守で、天守門は平成26年(2014年)に復原されています。

作成

撮影場所の概要
撮影時期2022年05月
エリア中部地方静岡県
所在地浜松市中区元城町100-2
アクセスバス「市役所南」徒歩6分、駐車場あり
公式/関連サイト徳川300年の歴史を刻む出世城。浜松城
地図

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


本丸・天守門

浜松城公園にある浜松城へ南東側から入ります。
浜松城公園にある浜松城へ南東側から入ります。

[1/60] 浜松城公園にある浜松城へ南東側から入ります。

坂を登ると本丸へ。右側は突き出た構造です。
坂を登ると本丸へ。右側は突き出た構造です。

[2/60] 坂を登ると本丸へ。右側は突き出た構造です。

左上には天守門が見えます。
左上には天守門が見えます。

[3/60] 左上には天守門が見えます。

細長い本丸、坂を登った右側。
細長い本丸、坂を登った右側。

[4/60] 細長い本丸、坂を登った右側。

左側の野面積みの石垣が生々しく力強い。
左側の野面積みの石垣が生々しく力強い。

[5/60] 左側の野面積みの石垣が生々しく力強い。

天守門へ階段を登ります。
天守門へ階段を登ります。

[6/60] 天守門へ階段を登ります。

天守門の石垣もダイナミック。
天守門の石垣もダイナミック。

[7/60] 天守門の石垣もダイナミック。

天守門横に野面積みの石垣が続きます。
天守門横に野面積みの石垣が続きます。

[8/60] 天守門横に野面積みの石垣が続きます。

天守曲輪

天守曲輪へ。すぐ右上に天守の姿があります。
天守曲輪へ。すぐ右上に天守の姿があります。

[9/60] 天守曲輪へ。すぐ右上に天守の姿があります。

右上にある神社(調査中)。
右上にある神社(調査中)。

[10/60] 右上にある神社(調査中)。

天守の石垣も野面積みです。
天守の石垣も野面積みです。

[11/60] 天守の石垣も野面積みです。

井戸があります。
井戸があります。

[12/60] 井戸があります。

天守曲輪の広場の様子。人が多いです。
天守曲輪の広場の様子。人が多いです。

[13/60] 天守曲輪の広場の様子。人が多いです。

曲輪は外側に向かってせり上がっています。
曲輪は外側に向かってせり上がっています。

[14/60] 曲輪は外側に向かってせり上がっています。

曲輪の端から眺める天守。
曲輪の端から眺める天守。

[15/60] 曲輪の端から眺める天守。

外側は市役所の建物が見えます。
外側は市役所の建物が見えます。

[16/60] 外側は市役所の建物が見えます。

復元された天守門。横から入れます。
復元された天守門。横から入れます。

[17/60] 復元された天守門。横から入れます。

少し小ぶりな印象の復元天守です。
少し小ぶりな印象の復元天守です。

[18/60] 少し小ぶりな印象の復元天守です。

復元天守。
復元天守。

[19/60] 復元天守。

天守曲輪と天守の様子。
天守曲輪と天守の様子。

[20/60] 天守曲輪と天守の様子。

天守に入城する階段へ、天守脇の迫力ある石垣。
天守に入城する階段へ、天守脇の迫力ある石垣。

[21/60] 天守に入城する階段へ、天守脇の迫力ある石垣。

右手にある天守門。
右手にある天守門。

[22/60] 右手にある天守門。

天守からの展望

最上階の展望室へ。
最上階の展望室へ。

[23/60] 最上階の展望室へ。

天井には家紋があります。
天井には家紋があります。

[24/60] 天井には家紋があります。

西側の眺望。
西側の眺望。

[25/60] 西側の眺望。

浜名湖がある方向ですが直接は見えません。
浜名湖がある方向ですが直接は見えません。

[26/60] 浜名湖がある方向ですが直接は見えません。

八幡台という突起した場所があります。
八幡台という突起した場所があります。

[27/60] 八幡台という突起した場所があります。

北側の眺望。
北側の眺望。

[28/60] 北側の眺望。

井伊谷、三方ヶ原古戦場方面。
井伊谷、三方ヶ原古戦場方面。

[29/60] 井伊谷、三方ヶ原古戦場方面。

二俣城跡、鳥羽山城跡方面。
二俣城跡、鳥羽山城跡方面。

[30/60] 二俣城跡、鳥羽山城跡方面。

東側の眺望。「〇」が印象的な二の丸と市街地の風景。
東側の眺望。「〇」が印象的な二の丸と市街地の風景。

[31/60] 東側の眺望。「〇」が印象的な二の丸と市街地の風景。

天気が良ければ北東のホテルの右側に富士山が見えます。
天気が良ければ北東のホテルの右側に富士山が見えます。

[32/60] 天気が良ければ北東のホテルの右側に富士山が見えます。

南側の眺望。天守曲輪の広場や市役所方面。
南側の眺望。天守曲輪の広場や市役所方面。

[33/60] 南側の眺望。天守曲輪の広場や市役所方面。

井戸周辺。
井戸周辺。

[34/60] 井戸周辺。

八幡台と石垣。ここまで一周しました。
八幡台と石垣。ここまで一周しました。

[35/60] 八幡台と石垣。ここまで一周しました。

本丸・家康の像

天守門を出て石垣沿いの階段を下ります。
天守門を出て石垣沿いの階段を下ります。

[36/60] 天守門を出て石垣沿いの階段を下ります。

本丸へ戻りました。
本丸へ戻りました。

[37/60] 本丸へ戻りました。

徳川家康の像があります。
徳川家康の像があります。

[38/60] 徳川家康の像があります。

「若き日の徳川家康公像」
「若き日の徳川家康公像」

[39/60] 「若き日の徳川家康公像」

富士見櫓と天守門の間の通路の石垣。
富士見櫓と天守門の間の通路の石垣。

[40/60] 富士見櫓と天守門の間の通路の石垣。

富士見櫓に上がる階段。
富士見櫓に上がる階段。

[41/60] 富士見櫓に上がる階段。

階段の石垣も迫力があります。
階段の石垣も迫力があります。

[42/60] 階段の石垣も迫力があります。

先端の富士見櫓へ。眺望が良い所です。
先端の富士見櫓へ。眺望が良い所です。

[43/60] 先端の富士見櫓へ。眺望が良い所です。

天気が良ければホテルの右側に文字通り富士山が見えます。
天気が良ければホテルの右側に文字通り富士山が見えます。

[44/60] 天気が良ければホテルの右側に文字通り富士山が見えます。

二の丸の広場と市街地。高層ビルのアクトシティ浜松が見えます。
二の丸の広場と市街地。高層ビルのアクトシティ浜松が見えます。

[45/60] 二の丸の広場と市街地。高層ビルのアクトシティ浜松が見えます。

富士見櫓からの天守門と天守。
富士見櫓からの天守門と天守。

[46/60] 富士見櫓からの天守門と天守。

天守門と狭間のある塀。
天守門と狭間のある塀。

[47/60] 天守門と狭間のある塀。

天守門へ向かいます。
天守門へ向かいます。

[48/60] 天守門へ向かいます。

富士見櫓からの通路。
富士見櫓からの通路。

[49/60] 富士見櫓からの通路。

再び天守門をくぐり天守曲輪へ。
再び天守門をくぐり天守曲輪へ。

[50/60] 再び天守門をくぐり天守曲輪へ。

南側~南広場

天守曲輪を抜けて井戸脇の坂を下ります。木の先は八幡台の石垣。
天守曲輪を抜けて井戸脇の坂を下ります。木の先は八幡台の石垣。

[51/60] 天守曲輪を抜けて井戸脇の坂を下ります。木の先は八幡台の石垣。

天守曲輪の石垣を西側から。
天守曲輪の石垣を西側から。

[52/60] 天守曲輪の石垣を西側から。

石垣の下は緑豊か。周辺は公園のような雰囲気です。
石垣の下は緑豊か。周辺は公園のような雰囲気です。

[53/60] 石垣の下は緑豊か。周辺は公園のような雰囲気です。

石垣越しの天守。
石垣越しの天守。

[54/60] 石垣越しの天守。

南側の道を進みます。
南側の道を進みます。

[55/60] 南側の道を進みます。

市役所横の南広場前へ降ります。
市役所横の南広場前へ降ります。

[56/60] 市役所横の南広場前へ降ります。

天守門を続く道へ合流。
天守門を続く道へ合流。

[57/60] 天守門を続く道へ合流。

開放的な南広場から望む天守と天守門。
開放的な南広場から望む天守と天守門。

[58/60] 開放的な南広場から望む天守と天守門。

2つの主要建物の天守と天守門。
2つの主要建物の天守と天守門。

[59/60] 2つの主要建物の天守と天守門。

道路沿いに家康公鎧掛松があります。
道路沿いに家康公鎧掛松があります。

[60/60] 道路沿いに家康公鎧掛松があります。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details



前後の撮影場所

  • 辨天神社の写真ページへ
  • - NEXT -
    辨天神社(14枚)
    弁天島の由来・海上安全祈願の神社

「浜松城」の地図

所在地浜松市中区元城町100-2
アクセスバス「市役所南」徒歩6分、駐車場あり
公式/関連サイト徳川300年の歴史を刻む出世城。浜松城
関連ブログ

ブログに共通のタグ 「東三河・浜松旅行2022」の記事があります。



↓拍手ボタンを押して頂けると励みになります。