立待岬[北海道・道南]23枚

函館の南の岬

2018年4月、北海道旅行に行きました。立待岬は函館山の南東に位置する南に突き出た岬で、元は異国船を監視する要所でした。30mの断崖上にあり、天気が良ければ津軽海峡の先に下北半島、下北半島を、夜にはイカ釣り漁船の漁火も見られます。「立待」はアイヌ語の「ピウス」(岩の上で魚を待ち伏せしてヤスで獲る場所)を意訳したという説があります。岬の岩は五稜郭の石垣の一部に使用されました。付近には与謝野寛・晶子の歌碑、岬への途中には石川啄木一族の墓があります。

作成

撮影場所の概要
撮影時期2018年04月
エリア北海道道南
所在地北海道函館市住吉町
アクセス函館市電「谷地頭」電停徒歩15分
地図

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


立待岬

函館山の麓の立待岬へ。
函館山の麓の立待岬へ。

[1/23] 函館山の麓の立待岬へ。

立待岬の看板。その名はアイヌ語に由来する。
立待岬の看板。その名はアイヌ語に由来する。

[2/23] 立待岬の看板。その名はアイヌ語に由来する。

海岸はダイナミックな断崖の岩場。
海岸はダイナミックな断崖の岩場。

[3/23] 海岸はダイナミックな断崖の岩場。

生々しい岩場に波が押し寄せる音が響く。
生々しい岩場に波が押し寄せる音が響く。

[4/23] 生々しい岩場に波が押し寄せる音が響く。

海沿いとは思えない巨大な函館山。
海沿いとは思えない巨大な函館山。

[5/23] 海沿いとは思えない巨大な函館山。

立待岬の石碑。
立待岬の石碑。

[6/23] 立待岬の石碑。

夕空と行き来する船。
夕空と行き来する船。

[7/23] 夕空と行き来する船。

岬の先端へ。海風が強くカモメが飛ぶ。
岬の先端へ。海風が強くカモメが飛ぶ。

[8/23] 岬の先端へ。海風が強くカモメが飛ぶ。

断崖の上にあります。
断崖の上にあります。

[9/23] 断崖の上にあります。

広がる水平線の開放的な眺望。天気が良いと下北半島が見えるようですが今日は見えず。
広がる水平線の開放的な眺望。天気が良いと下北半島が見えるようですが今日は見えず。

[10/23] 広がる水平線の開放的な眺望。天気が良いと下北半島が見えるようですが今日は見えず。

波が打ち寄せる岩場。
波が打ち寄せる岩場。

[11/23] 波が打ち寄せる岩場。

波が打ち寄せる岩場。
波が打ち寄せる岩場。

[12/23] 波が打ち寄せる岩場。

ダイナミックな函館山。
ダイナミックな函館山。

[13/23] ダイナミックな函館山。

東側のベンチへ。湾の向こうの函館東部の街並みや山並み。
東側のベンチへ。湾の向こうの函館東部の街並みや山並み。

[14/23] 東側のベンチへ。湾の向こうの函館東部の街並みや山並み。

足元の岩場。
足元の岩場。

[15/23] 足元の岩場。

函館の中心地方面。
函館の中心地方面。

[16/23] 函館の中心地方面。

東側の先端。
東側の先端。

[17/23] 東側の先端。

石碑。
石碑。

[18/23] 石碑。

石碑。
石碑。

[19/23] 石碑。

与謝野寛・晶子の歌碑の解説。
与謝野寛・晶子の歌碑の解説。

[20/23] 与謝野寛・晶子の歌碑の解説。

与謝野寛・晶子の歌碑。
与謝野寛・晶子の歌碑。

[21/23] 与謝野寛・晶子の歌碑。

歌碑から見た先端方面。
歌碑から見た先端方面。

[22/23] 歌碑から見た先端方面。

駐車場からの函館山。
駐車場からの函館山。

[23/23] 駐車場からの函館山。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details



前後の撮影場所

「立待岬」の地図

所在地北海道函館市住吉町
アクセス函館市電「谷地頭」電停徒歩15分

立待岬の近隣

※距離は代表的な座標同士の自動計算のため誤差があります。
関連ブログ

ブログに共通のタグ 「道南旅行2018」の記事があります。



↓拍手ボタンを押して頂けると励みになります。