九頭竜湖駅、道の駅九頭竜[15枚]

恐竜がシンボル、道の駅と一体

2018年7月、滋賀・福井旅行に行きました。九頭竜湖駅はJR西日本越美北線(九頭竜線)の単式1面1線ホームを持つ終着駅です。福井県最東端の無人駅(窓口業務は簡易委託)で旧和泉村の代表駅で、駅名の元となった九頭竜湖の北西に位置します。ログハウス風の駅舎は道の駅九頭竜が隣接しており、舞茸弁当や野菜、工芸品などの特産物直売所や観光案内所があり、外には屋根付きの飲食できるスペースがあります。駅前には付近でテラノザウルスの歯の化石が発見されたことにちなんで動く恐竜のモニュメントが設置されています。付近にはスキー場などがあると共に、山間を走る国道158号線の休憩スポットになっています。

作成

撮影時期2018年07月
エリア中部地方福井県
所在地福井県大野市朝日26-18  [MAP]
アクセス越美北線(九頭竜線)「九頭竜湖」駅

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details

九頭竜湖

緑豊かな山間の九頭竜湖駅。駅舎はログハウス風。
[1] 緑豊かな山間の九頭竜湖駅。駅舎はログハウス風。
和泉ふれあい会館は工芸品の売店、コンサートホール等。
[2] 和泉ふれあい会館は工芸品の売店、コンサートホール等。
道の駅九頭竜が隣接し、人が集まっています。
[3] 道の駅九頭竜が隣接し、人が集まっています。
野外の飲食スペースから見る恐竜のモニュメント。定期的に動いて鳴きます。
[4] 野外の飲食スペースから見る恐竜のモニュメント。定期的に動いて鳴きます。
山間を走る国道168号線、その憩いの場。
[5] 山間を走る国道168号線、その憩いの場。
蕎麦屋と夏にはありがたいミストの噴射。隣には弁当や野菜の直売所。
[6] 蕎麦屋と夏にはありがたいミストの噴射。隣には弁当や野菜の直売所。
駅舎の中へ。無人駅で人はいない。
[7] 駅舎の中へ。無人駅で人はいない。
無人駅で様々なポスターが展示される。
[8] 無人駅で様々なポスターが展示される。
待合スペース。
[9] 待合スペース。
九頭竜湖線の時刻表、1日に5本だけ!。
[10] 九頭竜湖線の時刻表、1日に5本だけ!。
運賃表。本数は少ないが福井と繋がっています。
[11] 運賃表。本数は少ないが福井と繋がっています。
シンプルな単線ホーム。
[12] シンプルな単線ホーム。
駅の先は線路の終端。奥には道の駅の駐車場。
[13] 駅の先は線路の終端。奥には道の駅の駐車場。
線路との間に柵等がない。
[14] 線路との間に柵等がない。
線路の終端部。
[15] 線路の終端部。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details

「九頭竜湖駅、道の駅九頭竜」の地図

所在地福井県大野市朝日26-18
アクセス越美北線(九頭竜線)「九頭竜湖」駅

↓拍手ボタンを押して頂けるととても励みになります。

前後の撮影場所

【NEXT】
郡上八幡城の写真ページへ

郡上八幡城(39枚)
日本最古の木造再建城

【PREV】
越前大野城の写真ページへ

越前大野城(40枚)
大野藩藩庁、天空の城の1つ

関連ブログ

旅ブログに共通のタグ 「滋賀・福井旅行2018」の記事があります。