新倉富士浅間神社(新倉山浅間公園)[山梨県]*25枚

2015年8月、山梨に行きました。新倉富士浅間神社は甲斐国八代郡荒倉郷の氏神として慶雲3年(705年)に創建されました。戦国時代には武田信玄の父・信虎が境内地である新倉山に陣をとり、戦勝を祈願して勝利し、刀を奉納した。現在では災除け・家庭円満・安産・子育ての神として信仰を集めています。本殿からさらに山を登った中腹には五重塔・忠霊塔があり、富士山と五重塔を同時に収める構図はガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」の表紙となり、外国人に人気のスポットになっています。

作成

撮影場所の概要
撮影時期2015年08月
エリア中部地方 / 山梨県
所在地山梨県富士吉田市新倉3353-1
アクセス富士急行線「下吉田」駅徒歩10分
地図

写真コンテンツ「全国風景写真」について

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


本殿周辺

駐車場から階段を上る。
駐車場から階段を上る。

[1/25] 駐車場から階段を上る。

すぐ本殿などのある広場へ到着。
すぐ本殿などのある広場へ到着。

[2/25] すぐ本殿などのある広場へ到着。

手水舎。
手水舎。

[3/25] 手水舎。

本殿と神楽殿。
本殿と神楽殿。

[4/25] 本殿と神楽殿。

見上げると美しい緑の木々。
見上げると美しい緑の木々。

[5/25] 見上げると美しい緑の木々。

子育て神木。
子育て神木。

[6/25] 子育て神木。

塩釜神社。長い階段はこの横から。
塩釜神社。長い階段はこの横から。

[7/25] 塩釜神社。長い階段はこの横から。

階段を登る

階段途中の愛宕神社。
階段途中の愛宕神社。

[8/25] 階段途中の愛宕神社。

長い階段を頑張って上ります。
長い階段を頑張って上ります。

[9/25] 長い階段を頑張って上ります。

横には車も通る蛇行した坂道がたまに近づく。
横には車も通る蛇行した坂道がたまに近づく。

[10/25] 横には車も通る蛇行した坂道がたまに近づく。

忠霊塔周辺

忠霊塔付近へ到着。高さがあり眺めが良い。
忠霊塔付近へ到着。高さがあり眺めが良い。

[11/25] 忠霊塔付近へ到着。高さがあり眺めが良い。

盆地の富士吉田市の街並み。
盆地の富士吉田市の街並み。

[12/25] 盆地の富士吉田市の街並み。

富士山は残念ながら雲に隠れていた。
富士山は残念ながら雲に隠れていた。

[13/25] 富士山は残念ながら雲に隠れていた。

富士山麓、富士急線富士山駅周辺。
富士山麓、富士急線富士山駅周辺。

[14/25] 富士山麓、富士急線富士山駅周辺。

戦没者慰霊の五重塔、忠霊塔が立つ。
戦没者慰霊の五重塔、忠霊塔が立つ。

[15/25] 戦没者慰霊の五重塔、忠霊塔が立つ。

山の中腹に立つ忠霊塔。
山の中腹に立つ忠霊塔。

[16/25] 山の中腹に立つ忠霊塔。

さらに高台へと斜面を登る。
さらに高台へと斜面を登る。

[17/25] さらに高台へと斜面を登る。

富士山と五重塔の眺め。富士山は残念ながら雲隠れ。
富士山と五重塔の眺め。富士山は残念ながら雲隠れ。

[18/25] 富士山と五重塔の眺め。富士山は残念ながら雲隠れ。

後ろに明治天皇像。
後ろに明治天皇像。

[19/25] 後ろに明治天皇像。

高台からの眺め。
高台からの眺め。

[20/25] 高台からの眺め。

忠霊塔付近へ戻る。
忠霊塔付近へ戻る。

[21/25] 忠霊塔付近へ戻る。

下山

今度は坂道を下る。
今度は坂道を下る。

[22/25] 今度は坂道を下る。

緑が美しい。
緑が美しい。

[23/25] 緑が美しい。

山を下り、入口の鳥居へ。
山を下り、入口の鳥居へ。

[24/25] 山を下り、入口の鳥居へ。

車の人も正面のこちらから入る方が良いです。
車の人も正面のこちらから入る方が良いです。

[25/25] 車の人も正面のこちらから入る方が良いです。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


「新倉富士浅間神社(新倉山浅間公園)」の地図

所在地山梨県富士吉田市新倉3353-1
アクセス富士急行線「下吉田」駅徒歩10分

近隣の写真ページ

※距離は代表的な座標同士の自動計算のため誤差があります。

前後の撮影場所





  1. ホーム
  2. 写真
  3. 中部地方
  4. 山梨県
  5. 新倉富士浅間神社(新倉山浅間公園)