海芝浦(2010年)[神奈川県]*21枚

2010年5月、海と工場地帯の雰囲気を味わいに海芝浦へ行ってきました。海芝浦へは鶴見駅から3両編成のローカル線・鶴見線に乗っていきます。沿線は閑散としていて田舎気分な路線でした。鶴見から3駅ぐらいは住宅街、その先は工場地帯へと走っている。この日も3駅ぐらいまでの間にほとんどの人が降り、残ったのは観光客のみ。本線から海芝浦方面への分岐点である浅野駅を過ぎると、草が生えた線路を走り、運河と工場が見える。海芝浦駅は運河の岸壁の上にホームがあり、とても開放的な風景。目の前にはつばさ橋が見え、運河には船が行き交っていました。駅の外はとある会社の私有地のため一般客は下りられず、陸の孤島。ホームや公園で海を見ながら静かに時間が過ぎるのを待ちました。

作成

撮影場所の概要
撮影時期2010年05月
エリア関東地方 / 神奈川県
所在地神奈川県横浜市鶴見区末広町二丁目
アクセスJR鶴見線「海芝浦」駅構内
ルート鶴見線「海芝浦」駅・海芝公園
近隣海芝公園、東芝京浜事業所
地図

【他の時期の同じ場所】

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

浅野駅・新芝浦駅

本線と分岐する浅野駅付近。鶴見線はほとんどが無人駅で、時間帯によっては乗客もほとんどいない。横浜市内とは思えない雰囲気を味わえる。
本線と分岐する浅野駅付近。鶴見線はほとんどが無人駅で、時間帯によっては乗客もほとんどいない。横浜市内とは思えない雰囲気を味わえる。

本線と分岐する浅野駅付近。鶴見線はほとんどが無人駅で、時間帯によっては乗客もほとんどいない。横浜市内とは思えない雰囲気を味わえる。

浅野駅から新芝浦駅へ向かう途中。運河と平行しているルートを低速で走っていく。
浅野駅から新芝浦駅へ向かう途中。運河と平行しているルートを低速で走っていく。

浅野駅から新芝浦駅へ向かう途中。運河と平行しているルートを低速で走っていく。

海芝浦駅の1つ手前の新芝浦駅。運河の前で工場群が広がる非日常風景が味わえる。ここまでは道路が通じています。
海芝浦駅の1つ手前の新芝浦駅。運河の前で工場群が広がる非日常風景が味わえる。ここまでは道路が通じています。

海芝浦駅の1つ手前の新芝浦駅。運河の前で工場群が広がる非日常風景が味わえる。ここまでは道路が通じています。

スポンサーリンク

海芝浦駅からの風景

新芝浦駅を進んで90度曲がり、海芝浦駅に到着、後ろを振り返ったところ。このようにホームは京浜運河のすぐ横にある珍しい駅!羽田空港が近いので飛行機もよく見えます。
新芝浦駅を進んで90度曲がり、海芝浦駅に到着、後ろを振り返ったところ。このようにホームは京浜運河のすぐ横にある珍しい駅!羽田空港が近いので飛行機もよく見えます。

新芝浦駅を進んで90度曲がり、海芝浦駅に到着、後ろを振り返ったところ。このようにホームは京浜運河のすぐ横にある珍しい駅!羽田空港が近いので飛行機もよく見えます。

ホーム側。岸壁そのものがホームという珍しい構造。運転士も柵につかまり、海を眺めていた。降りた乗客も皆カメラを持っていた。
ホーム側。岸壁そのものがホームという珍しい構造。運転士も柵につかまり、海を眺めていた。降りた乗客も皆カメラを持っていた。

ホーム側。岸壁そのものがホームという珍しい構造。運転士も柵につかまり、海を眺めていた。降りた乗客も皆カメラを持っていた。

ホームからつばさ橋方面を眺める。ホームは開放的で、真下からは波が打ち寄せ、潮の香りもして気持ち良い。
ホームからつばさ橋方面を眺める。ホームは開放的で、真下からは波が打ち寄せ、潮の香りもして気持ち良い。

ホームからつばさ橋方面を眺める。ホームは開放的で、真下からは波が打ち寄せ、潮の香りもして気持ち良い。

対岸を眺める。埋立地に首都高速湾岸線と工場が見える。新鮮な眺めですね。正面は東京ガスの扇島工場。
対岸を眺める。埋立地に首都高速湾岸線と工場が見える。新鮮な眺めですね。正面は東京ガスの扇島工場。

対岸を眺める。埋立地に首都高速湾岸線と工場が見える。新鮮な眺めですね。正面は東京ガスの扇島工場。

小さい船がたくさん行き交っていた。開放的でのんびりな風景です。
小さい船がたくさん行き交っていた。開放的でのんびりな風景です。

小さい船がたくさん行き交っていた。開放的でのんびりな風景です。

大黒ふ頭方面、ずっと続いている内海の風景。ベイブリッジも見える。飛行船も飛んでいた。
大黒ふ頭方面、ずっと続いている内海の風景。ベイブリッジも見える。飛行船も飛んでいた。

大黒ふ頭方面、ずっと続いている内海の風景。ベイブリッジも見える。飛行船も飛んでいた。

対岸。昭和シェルのタンク周辺は古びて荒れた工業地帯な風景。普段見られない風景。
対岸。昭和シェルのタンク周辺は古びて荒れた工業地帯な風景。普段見られない風景。

対岸。昭和シェルのタンク周辺は古びて荒れた工業地帯な風景。普段見られない風景。

短い駅舎も古びた木造の無人駅。電車も本数が少なく、日中は2時間も来ない時もある。
短い駅舎も古びた木造の無人駅。電車も本数が少なく、日中は2時間も来ない時もある。

短い駅舎も古びた木造の無人駅。電車も本数が少なく、日中は2時間も来ない時もある。

のどかで静かで、海が近くて、駅から出られない、本当に珍しい駅。横浜市内ながらどこか遠くの地方都市に来たような感覚が味わえる。
のどかで静かで、海が近くて、駅から出られない、本当に珍しい駅。横浜市内ながらどこか遠くの地方都市に来たような感覚が味わえる。

のどかで静かで、海が近くて、駅から出られない、本当に珍しい駅。横浜市内ながらどこか遠くの地方都市に来たような感覚が味わえる。

駅の延長上には小さな公園がある。駅のホームかここで待つしかない、陸の孤島。なんだか船の上みたいな構図(^^;)
駅の延長上には小さな公園がある。駅のホームかここで待つしかない、陸の孤島。なんだか船の上みたいな構図(^^;)

駅の延長上には小さな公園がある。駅のホームかここで待つしかない、陸の孤島。なんだか船の上みたいな構図(^^;)

海芝公園の様子。駐車場の一角を利用した小さな公園です。
海芝公園の様子。駐車場の一角を利用した小さな公園です。

海芝公園の様子。駐車場の一角を利用した小さな公園です。

久々にホームにやってきた鶴見線。窓には水の波が写っていて、ここが駅のホームであることが信じられない。
久々にホームにやってきた鶴見線。窓には水の波が写っていて、ここが駅のホームであることが信じられない。

久々にホームにやってきた鶴見線。窓には水の波が写っていて、ここが駅のホームであることが信じられない。

スポンサーリンク

海芝浦駅からの夕景・夜景

日が沈んでいき、湾岸線の向こうの空が徐々に夕陽色へ、夕景へと変わっていく。
日が沈んでいき、湾岸線の向こうの空が徐々に夕陽色へ、夕景へと変わっていく。

日が沈んでいき、湾岸線の向こうの空が徐々に夕陽色へ、夕景へと変わっていく。

高速道路や工場に、徐々に繊細なライトが灯っていく。これが輝かしくてとてもきれい。
高速道路や工場に、徐々に繊細なライトが灯っていく。これが輝かしくてとてもきれい。

高速道路や工場に、徐々に繊細なライトが灯っていく。これが輝かしくてとてもきれい。

電車の中から。シートに座った状態でもすぐ海と橋が見える、本当に珍しい場所。
電車の中から。シートに座った状態でもすぐ海と橋が見える、本当に珍しい場所。

電車の中から。シートに座った状態でもすぐ海と橋が見える、本当に珍しい場所。

ホームが海の前というより、岸壁の上にホームを作ったというような感じ。
ホームが海の前というより、岸壁の上にホームを作ったというような感じ。

ホームが海の前というより、岸壁の上にホームを作ったというような感じ。

大分空色が暗くなってきて、高速道路や工場のライトがさらに映えてくる。
大分空色が暗くなってきて、高速道路や工場のライトがさらに映えてくる。

大分空色が暗くなってきて、高速道路や工場のライトがさらに映えてくる。

夜の港町の風景。湾岸線とつばさ橋の光りの軌跡の夜景がとてもきれい。行き交う船も夜景の1つ。
夜の港町の風景。湾岸線とつばさ橋の光りの軌跡の夜景がとてもきれい。行き交う船も夜景の1つ。

夜の港町の風景。湾岸線とつばさ橋の光りの軌跡の夜景がとてもきれい。行き交う船も夜景の1つ。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details


スポンサーリンク

「海芝浦(2010年)」の地図

所在地神奈川県横浜市鶴見区末広町二丁目
アクセスJR鶴見線「海芝浦」駅構内
ルート鶴見線「海芝浦」駅・海芝公園

【他の時期の同じ場所】

近隣の写真ページ(近い順)

前後の撮影場所


スポンサーリンク

スポンサーリンク