とっても珍しいバスサリュソフォンのソロ動画!

        音楽-管弦楽・吹奏楽   

とっても珍しいバスサリュソフォンのソロ動画を見つけました!

■Bass Sarrusophone by Michel Jolivet

バスサリュソフォンとは?

サリュソフォンは金属管を持つダブルリード楽器の一属で、サキソフォン属と同じようにE♭管とB♭管が交互にソプラニーノからコントラバスまで存在します。現在では廃れた一属で、その中でもコントラバスサリュソフォン(E♭管)のみがコントラファゴットの代わりとして使われることがありますが希少な楽器です。

バスサリュソフォンはその5度上のB♭管の楽器で、ちょうどバスサックスと同じ音域を持ちます。コントラバスサリュソフォンのような具体的な用途はなく、より希少な楽器です。

感想

遠目にはベルの短い金属製ファゴットといった形状ですね。音色はブリブリという感じでコントラファゴットが近く、ファゴットのような木質的な柔らかさやサキソフォンのような太さとは違い、なんとも独特な音色です。以前コントラバスサリュソフォンを吹いたことがありますが、一回り小さいせいかなんだか別の楽器という感じがしてしまいます。コントラバス以外のサリュソフォンはスーパーレア級なので、この楽器がどのように入手されたのかも気になります。見た感じ新しそうなのでオーダーメイドでしょうか。今回偶然Bassを見つけましたが、いつかサリュソフォン属全部の音を聴く日は来るだろうか…(^^;)

音楽-管弦楽・吹奏楽 |  コメント(0)

記事へのコメント

コメントを投稿

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須