東日本大震災から3年

        日常・時事

昨日2014年3月11日は、東日本大震災から今日でちょうど3年の日。あの時の事やその後の事は、到底語りきることはできませんが、自分にとって人生最大の出来事であった事は確かです。

その時の一連の長いメモの中に、

命ほど大切なものはない。命さえあればいい

と書いていました。心の奥底から出てきた言葉だったと思います。

そんな状況の中で何もできない、しない自分というのは意志に反していることに気づき、今を大切に、やりたいと考えたことは素直に実行しないとダメだと何度もふっきれていた。

・今しかできないこと
・自分にしかできないこと
・自分が本心からやりたいと思うこと
・人のためになること
・良いと思うこと

これらを迷わず素直に実際に行動に移すこと、悔やまないこと。そんなテーマが生まれました。

その時の大きく変化した意識は、今も時々思い出すようにしています。うまくいかない事も多いですが、それよりも自分のできる活きる事に目を向ける。その意識は年月と共に徐々に薄れてきているので、毎年再確認の日として、自分なりに極端に前に進みたいという意思を枯らさないように生きていきます。

震災で被害を受けた方々に心から、お見舞いを申し上げるとともに、1日も早い完全復興をお祈り申し上げます。

これからも自分なりに震災と向き合い続けます。


スポンサーリンク

記事へのコメント

コメントを投稿

※2021/2 現在絵文字が文字化けする状態のため近日中に対応します。

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須