【演奏会後記】赤坂ウインドオーケストラ 第10回記念定期演奏会

        音楽-管弦楽・吹奏楽

土曜日の「赤坂ウインドオーケストラ 第10回記念定期演奏会」は無事終演しました。

・会場のミューザ川崎/diary_picture/202105/401.jpg

ミューザ川崎シンフォニーホールでの演奏は2回目で、改めてとても響きが良くて素晴らしいホールだと感じました。このご時世にお客さんありでの演奏会の開催は本当に恵まれていて、ホールの素晴らしさと共にとても貴重な演奏機会となりました。

最近では当たり前になりましたが座席は1席開ける形となりました。ステージ後方の座席は使用していませんが、開放した座席はほとんどが埋まり、沢山のお客さんに聞いて頂くことができました。

今はコロナ禍で誰しもが大変な思いをしています。そんな中で癒しのひと時になれていたら幸いです。

・ホール内のイメージ(ホールのパンフレット)/diary_picture/202105/402.jpg

私は一部分の曲のみ乗りでした。特にメインの「ダフニスとクロエ第2組曲」は高校時代にも演奏したことがあり思い出深い曲でした。ラヴェルという作曲家も大好きで、その色彩豊かで繊細な音楽は改めて魅力的だと感じました。

ホールの響きの素晴らしさを感じながら思い切り表現することを楽しみました。演奏していて響きで包まれている感じがとても気持ち良かったです。目立ちにくいファゴットとしてもいつも以上に響いて存在感が出せていることが実感できました。

周りにはプロの方も結構いらっしゃって、サウンドに光るものが沢山感じられました。打楽器もプロ集団で「メトセラII」等も見事でした。ハープやピアノも効果的で美しい雰囲気を作っていました。お子様にも人気のジブリ曲もあり、総合的に多彩で豪華な演奏会になったと思います。

・ステージより(リハ休憩中)/diary_picture/202105/403.jpg

久しぶりの演奏会が終わった後は気分爽快で、毎回の演奏会はこんな感じだったと思い出しました。個人的に去年はお客さん入りの演奏会が1月の1回しかありませんでした(多い年は20回出た事がありますが)。

そのまま飲みに行けたら最高ですが、それが叶う日までは我慢です。都内では施設が使えなくなり練習すら難しい状況なので、演奏会ができたことだけでも恵まれています。

当団体は感染症対策への意識がとても高く、毎回の練習でも除菌、換気、話する場合のマスク、黙食、練習後の会食禁止など徹底してきました。こういう良いモデルが広がって、安全な形で演奏会開催が増えていくと良いなと思います。

・背後にそびえるオルガン(終演後)/diary_picture/202105/404.jpg

ジブリ&クラシック in ミューザ/赤坂ウインドオーケストラ 第10回記念定期演奏会

【日時】2021年5月8日(土) 開場12:45 開演13:30
【会場】ミューザ川崎シンフォーニ―ホール
【指揮】西野 宏
【入場料・座席】全席指定(要事前申し込み) 入場料後払い制(お気持ち制) ※小学生からご入場可
【曲目】
風の谷のナウシカ(久石譲)
天空の城ラピュタ(久石譲)
となりのトトロ(久石譲)
魔女の宅急便(久石譲、荒井由美)
千と千尋の神隠し(久石譲、木村弓)
ミュージカル「キャンディード」序曲(バーンスタイン)
バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲(ラヴェル)
メトセラII ~打楽器群と吹奏楽のために~(田中賢)/diary_picture/202105/201.jpg



音楽-管弦楽・吹奏楽 |  コメント(0)


記事へのコメント

コメントを投稿

※絵文字は対応していません。

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須