徐々に定着してきた?!2020年も11月11日は「ファゴットの日」

        音楽-管弦楽・吹奏楽

11月11日はゴロの良さから様々な記念日になっています。「ポッキー&プリッツの日」が一般的である他、音楽関係では「ベースの日」(4本の弦から)が有名です。そしてファゴット吹きにとっても「ファゴットの日」として特別な日となっています。そのことについて書きます。

・Myファゴット/diary_picture/202011/201.jpg

スポンサーリンク


「11月11日はファゴットの日」とは?

Twitterでは毎年ファゴット吹き達によって「11月11日はファゴットの日」というツイートが賑わいを見せています。

これはファゴットがポッキーやプリッツ同様に「細長い」形状の木管楽器だからです(まぁオーボエやクラリネット等も細長いですが…、言ったもん勝ちです・笑)。

自慢の愛機の写真を載せたり、4本並んだファゴットの写真を載せたり、ファゴットへの想いを語ったり、今やファゴットが一番注目される日になっています。

以下ツイートから、始まりは「トッポの会!」だったのではないかと思います。

主に以下2つのタグが貼られています。是非ご覧ください。

私も今年もそんなツイート合戦に参加しています。

スポンサーリンク

今年の私のツイート

今年はこんなツイートをしました。

所有する4つのファゴット関係の楽器を、ケース内に入れたり同じような向き置いたりしてみました。写真の各楽器について順番に解説します。

1. ファゴット

/diary_picture/202011/201.jpg管弦楽、吹奏楽、室内楽で年中演奏している一番の相棒です。モーレンハウエル製。マイナーなイメージですがその包み込むような温かい響き、表現力、本当に魅力的です。需要が多く沢山の本番に呼ばれ、この楽器によって人生が豊かになっていると言っても過言ではありません。

2. バソン

/diary_picture/202011/202.jpg2018年に中古で購入した希少なフランス式ファゴットである「バソン」、フランスのビュッフェ・クランポン製です。なかなか練習できていませんが、ファゴットとかなり感覚が違うので苦労しています。でもこの独特の甲高い芯を持つ温かい音色が好きです。

3. ファゴッティーノ

/diary_picture/202011/203.jpgファゴットよりオクターヴ高いC管のファゴッティーノ、ヴォルフ製です。全長はクラリネットぐらい、実物を見るとその小さくてびっくりするはずです。とにかくカワイイです。イングリッシュホルンよりもぼやけた音色で、スタッカートを聞くと「ファゴットだ!」って思います。

4. コントラファゴット

/diary_picture/202011/204.jpgファゴットに次ぐ相棒です。個人所有者御用達のアマティ製です。貴重な楽器でオケでも大編成の吹奏楽でも重宝されています。視界が揺れるほどの圧倒的な深い低音の響きがたまりません。ファゴット以上にパワフルに吹けるのも気持ちいい。この楽器でさらに音楽の世界がぐんと広がりました。

これだけのファゴット関係の楽器を所有している人って日本に他にいるのだろうか…。元々楽器というもの自体が好きだったんですが、気づけばこんな状態になっていました(笑)。

徐々に定着してきた?!

「11月11日はファゴットの日」のツイートですが、元々ファゴットアンサンブルの団体やファゴット吹きの個人アカウントが中心だったと思うのですが、気が付けばプロのオーケストラ、楽器メーカー、楽器屋さん、楽譜出版社にまで拡がっています!

・日本フィルハーモニー交響楽団&ヤマハ・ウインドストリーム

・管楽器専門店ダク

・ロケットミュージック

段々認知が進んできたようで嬉しいですね!この調子でどんどん広めていきたいです。ファゴット吹きは認知度アップには貪欲ですから(笑)。

おわりに

「11月11日はファゴットの日」、さすがにトレンド入りはできませんでしたが2020年も楽しく賑わいました。ファゴットの魅力を良く知っている人達によるファゴット愛にあふれたツイート合戦。毎年どんどん拡がっていくことを願います。また来年楽しみましょう!

【関連】
#11月11日はファゴットの日 / Twitter検索
#ファゴットの日 / Twitter検索


スポンサーリンク

記事へのコメント

コメントを投稿

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須