有明海フェリー(熊本港~島原外港)[19枚]

九州最大の湾を渡る

2013年8月、九州旅行に行きました。熊本県の阿蘇山から下山し、熊本港から島原外港へ有明海をフェリーで渡りました。潮の香りを感じながら全方向に広い有明海の中を進んでいきます。徐々に見えてくる正面の雲に隠れた大きな眉山をはじめ、周囲の遠い陸地に見える美しい山並みと広い海原を眺めました。1時間ほどで島原外港へ到着し、上陸後はかつて雲仙普賢岳(平成新山)の噴火で土石流の被害を受けた地域を経由しつつ雲仙温泉へ。

作成

撮影時期2013年08月
エリア九州地方熊本県
所在地熊本市新港1丁目、他  [MAP]
ルート熊本港→島原外港

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details

有明海

熊本港からフェリーで有明海を渡ります。東側、阿蘇・熊本方面の埋立地の港の周囲は畑。
[1] 熊本港からフェリーで有明海を渡ります。東側、阿蘇・熊本方面の埋立地の港の周囲は畑。
南東、島原湾の奥に何重にも重なる美しい山並み。
[2] 南東、島原湾の奥に何重にも重なる美しい山並み。
南西、宇土、天草方面
[3] 南西、宇土、天草方面
南南西、島原湾の先の天草灘方面。
[4] 南南西、島原湾の先の天草灘方面。
バスを載せたフェリー内の階段。
[5] バスを載せたフェリー内の階段。
島原に向けて西に出航。港には大きなクレーン。
[6] 島原に向けて西に出航。港には大きなクレーン。
潮の香の中を進む。南側の天草方面。
[7] 潮の香の中を進む。南側の天草方面。
正面に対岸の山がうっすらと見えてきます。
[8] 正面に対岸の山がうっすらと見えてきます。
左前には天草方面の山並み。天草灘の水平線が見えます。
[9] 左前には天草方面の山並み。天草灘の水平線が見えます。
熊本方面、船の背後には金峰山、三ノ岳と思われる山並み。
[10] 熊本方面、船の背後には金峰山、三ノ岳と思われる山並み。
北西の有明海内は陸地が見えない程広く開放的。遠くに船も見かけました。
[11] 北西の有明海内は陸地が見えない程広く開放的。遠くに船も見かけました。
湾の周囲には何重にも重なるきれいな山並みが続きます。
[12] 湾の周囲には何重にも重なるきれいな山並みが続きます。
正面に大きな眉山・天狗山がずっと見えますがなかなか近づかない。
[13] 正面に大きな眉山・天狗山がずっと見えますがなかなか近づかない。
島原の街が見えてきます。
[14] 島原の街が見えてきます。
反対のルートを行く船と、漁船も行き交います。
[15] 反対のルートを行く船と、漁船も行き交います。
灯かりが点滅しているのは、かつて雲仙普賢岳の噴火で火砕流により大きな被害を受けた地域。
[16] 灯かりが点滅しているのは、かつて雲仙普賢岳の噴火で火砕流により大きな被害を受けた地域。
雲に隠れる眉山・天狗山。本当に大きな山です。
[17] 雲に隠れる眉山・天狗山。本当に大きな山です。
夕暮れの有明海、島原湾。
[18] 夕暮れの有明海、島原湾。
1時間ほどで島原外港へ入港、長崎県島原市へ。
[19] 1時間ほどで島原外港へ入港、長崎県島原市へ。

画像の無断利用を禁じます 写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details

「有明海フェリー(熊本港~島原外港)」の地図

所在地熊本市新港1丁目、他
ルート熊本港→島原外港

↓拍手ボタンを押して頂けるととても励みになります。

前後の撮影場所

【NEXT】
勝どき(2013年)の写真ページへ

勝どき(2013年)(15枚)
築地と晴海の間、隅田川の河口の島

【PREV】
阿蘇山・草千里の写真ページへ

阿蘇山・草千里(16枚)
世界最大規模のカルデラ地形

関連ブログ

旅ブログに共通のタグ 「九州旅行2013」の記事があります。