コントラファゴット掃除方法を考える

作成:   更新:   カテゴリ:音楽-管弦楽・吹奏楽

コントラファゴットには専用の掃除用品はありません。水分が通るところが金属管であることもあり、一般的に掃除が疎かになっている気がします。でもやっぱりせっかくの高価な楽器ですので長持ちさせるためにも水分取りはすべきです。今回は楽器の構造をじっくり見て、どうすれば適切に水分がとれるかを考え、必要なメンテ用品を揃えてみました!

コントラファゴットの水分取り方法


ボーカルを差し込む直線金属管の掃除には、U字管をはずして、Fg用ワンピースタイプのスワブ(Fgの2つの管共用。YAMAHA製)を使用。長い管ですがこのスワブは十分な長さがあり、管の太さもFgのスワブを通す部分と同じぐらいなのでぴったりです(^^)
コントラファゴットの掃除コントラファゴットの掃除かつてはFgのテナージョイント用スワブを使っていましたが、こちらの方が布の面積があってごっそり水分がとれます。

直線金属管の下にあるU字管の掃除にも、同じスワブを使用。おもりがチェーンタイプなので、片方の穴から突っ込んで逆さにして反対側からおもりを引き抜きます。
コントラファゴットの掃除コントラファゴットの掃除
ボーカルの掃除はFg用のボーカルスワブをそのまま使います。管がFgよりほんの少し太い程度なので問題なく使えます♪
コントラファゴットの掃除コントラファゴットの掃除
もう1つ大事なのが、U字管のウォーターキーのコルクの水分取り。クリーニングペーパーで水分をしっかり取ります。

これでコントラファゴットの水分を取ることができました!ファゴット同様に木部に水分が流れないように、水抜きをする前に楽器を地面など横に置かないことも大事ですね。貴重な楽器ですので大事にして効果的に使っていきたいですね。

※このようなまとめた情報がなかったので広めていきたいです。

利用した掃除用具


◆ファゴット用ワンピースタイプスワブ


◆ファゴット用ボーカルスワブ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ファゴットボーカルスワブ  【メール便OK】
価格:1328円(税込、送料別) (2017/6/28時点)





- NEXT -
都予選:コンクール結果まとめ(2011/08/20)
- PREV -
コンクール結果(2011/08/20)

コメント一覧(1件)

この記事へのコメント一覧(1件)

* 2013/03/14(木) 01:43 by のん
正しいお手入れの仕方があまりわからず困っていました。とても参考になります!ありがとうございます!


コメントを書く

この記事へのコメントを投稿

記入者(*)

コメント(*)

(*)は入力必須項目