【全力ライブレポ(MC有)】櫻坂46「3rd TOUR 2023」大阪公演Day2配信視聴 ~ 世界に配信・スタオバ初披露・声出しの力

    ライブ・イベント

2023年春に開催された櫻坂46の全国ツアー"3rd TOUR 2023"、大阪城ホールで開催された千秋楽の大阪公演のDay2(6/1(木)))の配信を視聴しました。その時の内容や感想レポートをまとめます。セトリはこちら

※今回も配信内容を沢山メモしての全力の大作になりました。

・3rd TOUR イメージ(東京公演の時の旗)櫻坂46 3rd TOURイメージ

【ツアーの別の公演】


ライブの概要

3rd TOURは東京、愛知、福岡、神奈川、大阪の順で開催しており、今回は千秋楽の大阪Day2で配信を視聴しています。

【主なポイント】

  • 初めて世界にも配信
  • 遠藤光莉が休業中のため欠席
  • 三期生が一期生、二期生に加わる形の初めてのライブツアー
  • 今ツアーでCool、無念、もしかしたら真実、魂のLiarを配信を除くライブで初パフォーマンス
  • 三期生がDead endをパフォーマンス(センター村井)
  • BANは三期生も加わるスペシャルVer.(三期生センター石森)
  • Start over!を初パフォーマンス
  • Buddies、櫻坂の詩は三期生も加わる

【出演メンバー】

【一期生】上村莉菜、小池美波、小林由依、齋藤冬優花、土生瑞穂(計5人)
【二期生】井上梨名、大園玲、大沼晶保、幸阪茉里乃、武元唯衣、田村保乃、藤吉夏鈴、増本綺良、松田里奈、森田ひかる、守屋麗奈、山﨑天(計12人)
【三期生】石森璃花、遠藤理子、小田倉麗奈、小島凪紗、谷口愛季、中嶋優月、向井純葉、的野美青、村井優、村山美羽、山下瞳月(計11人)

合計28人

※遠藤光莉は休業中のため欠席
※関有美子はツアー途中の福岡公演で卒業

ライブの様子

MC部分は概略であり口調は異なります(特に語尾) ※リアルタイムで筆記メモしたもので録音、録画はしていません

影アナは同い年JKコンビの山﨑天と小島凪紗が担当。

山﨑は少し噛み気味を言い直した「公演Guideline」の英語の発音が良かった。
声出し対決をする流れ、「JKなめんなよー」からコール&レスポンスを開始。
「大阪」「天様」「こんなぎ」「Buddies」「大好き」のコール&レスポンス
そして「盛り上がっていくぞー!」

※下記動画(12:17~でリンク)でその様子が見られます。

ロック調なハードなBGM(従来のリズム系とは異なる)で盛り上がっていく。

序盤

Overtureは今ツアーから声出しバージョン。Woh~、やハイ!などで一体感とともにテンションが上がっていく。

ダンストラック、Overtureが終わるとライトが消え、"SAKURAZAKA46 3rd TOUR"と表示して湧き上がる。"Reload"、ギラギラにライトが飛び交う中でステージにメンバーが現れて守屋がセンターで1列になる。闇の中に点滅するスポットライトを浴びながらリズミカルでクールな激しいダンスを決めた(ペンライトは様々)。

大園がセンターステージ(以後センステ)の下から出てきて"Scanning"として平面的な緑色のレーザーが上がっていく。大園は少しにやけたクールな表情で、ステージに向けて歩いていく。ステージに到着すると大園は引き続きクールな激しいダンスをリードする。最後は髪を引っ張るポーズであの曲に続く。

Cool、ペンライト色々、2種類の衣装、カラフルなライトに照らされて背景はカラフルなボトル。内面的な強い物を感じさせる、表情でも表現していて切実な表情も感じられるパフォーマンス。髪を引っ張る振りは印象的で、特に間奏ではそれを上下させるのは奇妙で引き込まれる。

1番Bメロは大沼が関・遠藤のパートを引き継いで長いソロとなったのが印象的。齋藤のキレのある強いダンス、上村もしっかりダンスしている。藤吉はこの時点でも強い表情でいつも以上に入り込んでいるのが分かった。長い綺麗な髪が印象的な大園はセンターやソロで先導してカッコ良い、ラストはソロダンスを決めて、全員倒れて終わる。

ダンストラックは山﨑を中心としたクールなダンス。

半信半疑、ペンライト色々。ハード目なバンドサウンドで深いビート、照らすライトはギラギラでカラフル。声援や合いの手がありハイテンションな雰囲気。山﨑は上段で1人でパフォーマンス、アイソレもしっかり決め、ソロ的で堂々としてカリスマ感のあるオーラを感じさせる。全体的にハードでカッコいい雰囲気が続く。この曲も藤吉は苦しい表情で入り込んでいるのが分かった。

[曲間]ステージ上の円形の照明が重厚な音と共に下りて来る。まるで宇宙船みたいな雰囲気。

摩擦係数、ペンライトは白に染まる。挑戦的で独特なスタイルのカッコ良さ、強さ。山﨑の堂々とした余裕感はすごいしカッコいい。森田はキレがあり手の振りが速くて2人は好対照。サビのダンスは全体がキレがあってカッコいい。2サビ山﨑と森田ソロダンスはスキルの高さを感じさせる。

この曲も藤吉の表情は強い。ブレイクダンスでは声援が飛んだ。小林の強い顔を映しながらの「ま・さ・つ!」の声の一体感があった。曲が終わると声援が長く飛び続けて熱狂感が止まらなかった。

MC1(松田) ※概略、口調は異なる(以後同様)

【松田】皆さんこんばんは!、せーの、櫻坂46です。櫻坂46 3rd TOUR 2023へようこそー!
楽しんでますかー?大阪の人ー?それ以外から来たよーって人ー?沢山ありがとうございます。
そして今日はなんと配信もしているんです、楽しんでますかー?そして今回はなんと海外も配信しているんですよ。嬉しいー、ありがとう、Helloー! I love youー! 皆様のおかげでBuddiesの輪が世界へ広がっていると感じて嬉しいです。いつもより沢山の人に見られて緊張が増しちゃう、楽しんで頂けるよう精一杯全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

遠藤光莉が体調不良のため活動休止し休養中なんですけど、メンバー一同帰りを待ってるし帰って来る場所もある、焦らずゆっくり休んでほしい、皆さんも暖かく待って下さると嬉しいです。引き続き遠藤光莉の応援をよろしくお願いします。(温かい長い拍手) きっとこの温かい拍手声援、光莉も嬉しいと思います。ありがとうございます。届いてると思います。ありがとうございます。

そして、この前先日公開のStart over!が100万回再生行ったんだって、すごい!ありがとうございます嬉しいです(歓声)いつも以上に速い気がする。
昨日発表があった櫻坂46の歴史と未来をたどる「新せ界」の開催が決まりました。空間演出にはPERIMETRONのOSRINさんが出がけて下さっています。(日程の話)、行けそうな日にご都合が合えば足を運んで頂けたら嬉しいです。

【藤吉】こうやって大阪でライブさせて頂けて嬉しいです。この会場でずっと櫻坂46として立ちたかった、すごく嬉しく思います。ありがとうございます。
【田村】ライブとか他のアーティストさんを観ていた
【山﨑】やっぱりあこがれ
【土生】ホンマにあこがれ(笑)
【田村】ツアー回って今日最終で個人的に短かったと思わなくて、メンバー、Buddiesと濃い時間が過ごせた。昨日までは一生続くんじゃないかなと思ってた。後悔ないように最後まで全力で駆け抜けます。
【松田】ファイナル公演なので特別な日になるように全力で楽しみましょう。
ファイナルだぞー!行けるのかー!(歓声)最後まで楽しんでいきましょー!
(リズミカルなBGM)
【山﨑】皆さんいい声出てますよー!もっともっと声を聞かせてくださーい!
アリーナー! スタンドー! はいしーん! みんなでー! 盛り上がっていくぞー!

中盤

それが愛なのね、ディスコサウンドでリズミカルな深いビート感、ペンライトも色々でカラフルで雰囲気を作る。まばゆいレーザーが飛び交い、様々な色で満たされる。センステで会場に向けてのパフォーマンス、「ハイ!」やレスポンス等の声の一体感、終始ノリノリで楽しそうな雰囲気が伝わる。

山﨑は堂々として煽りを含めてスムーズでしっかりしている。2番前の山﨑の煽り「皆で声出していきますよー!この会場を1つにしていきましょー!」→ハイ!×4。最後の山﨑はプク顔→手でハート。

すぐに不穏な雰囲気から恋が絶滅した日、ペンライトは赤に染まる。スクリーンには歌詞が英語で大きく表示する。力強い深いビートにリズミカルで気取った雰囲気、Wow-やHey!などの声で参加する。山﨑は発音の良い英語、ノリの良いカッコ良さを感じられてクール。意外と激しいダンス曲だと感じられカッコいいダンスナンバーだ。土生の色気あるカッコよさが印象的だった。

[曲間・長め]青いライトやレーザーが飛び、徐々にペンライトも青に変わっていく。穏やかで神秘的なBGM、柔らかいキラキラサウンド。ステージ上の円形の照明が下りて来る

ブルームーンキス、そのまま青いスクリーンでペンライトも青、照明全体は暗めで、白いモコモコ衣装に代わって登場。この曲特有の妖しい雰囲気にドキドキさせられる。各ソロは1人ずつスポットライトを浴び個性が出ている。ポジション代理は理佐→井上、守屋茜→大沼、尾関→齋藤、菅井→幸阪。

闇の中で森田のセリフは緊張感がありドキドキで息をのみ、すぐに声援が湧き上がった。静かもある独特の空気感、緊張感の曲で、可愛い系でも櫻坂らしいミュージカル風の雰囲気、表現の幅の広さを見せる。ラストは森田が指でチュッとして声援が上がる。

[曲間]穏やかなピアノのBGM(Eb-Major)に青いライト。背後は雨が降る窓で雨の音が聞こえ、山﨑が1人立つ。

五月雨よ、緑に染まっている。背景は窓が複数で雨の景色。山﨑の歌入りから始まり、切なくも清々しい、気持ちを込めた雰囲気で皆良い表情をしている。山﨑の表現力を感じさせ、藤吉の入り込んだ表情が印象的。

それぞれが切ない表情などをしっかり表現していて、場面により明るさと切なさの表現がぐっと色が変わるのが分かる。Wow-は低めの音域のレスポンスで一体感。ラスサビの1列は関のポジションを開けているのがグッとくる。全体的に良い雰囲気だった。

[曲間]守屋が1人登場して窓を開ける。

もしかしたら真実、ペンライトは色々。青と白のライトに横長の大きな窓、青空とカーテン、綿毛、緑の草がひらひらした光景。淡々とした曲調で進み、一見ドライなようで1人1人想いを秘めた切実な表情をして、感情を込めたパフォーマンスが伝わって来る。しっかり伝えてる表現曲だ。藤吉は表情が強く入っている。切なくて街の中1人という光景が浮かぶ。最後は守屋が切ない感じで終わる。

すぐ一転して無念、イントロから「ハイ!」の声やコール(超絶~等)がある。ペンライトは色々、明るいスクリーンの前で明るいサウンド。素早く力強いキレのあるダンスで切実さ、熱さ、エネルギッシュさが感じられるパワフルなパフォーマンス。一見諦めの歌詞だが逆境から強い反発という感じで意志の強さを感じられ、元気湧いてくるし見入った。特に大沼や武元がパワフルだ。改めて好きな曲だと思った。曲が終わると声援、名前を呼ぶ声が飛ぶ。

MC2(田村)

【田村】みなさーん楽しんでますかー?(イエーイ!)今回のツアーから皆さんの声が聞こえるようになったという事で、天ちゃん、はい間違えた
【山﨑】天ちゃんじゃないのぉ?
【田村】綺良ちゃんどうですか?
【増本】大阪の皆さんは声と表情が良くて、(マスクしてても)にこやかにされているのが伝わります。魔法の言葉を聞きたい、「なんでやねん」を言って欲しいです。
大阪の皆さん、大阪46です。→「なんでやねん!」さすが本場はちがうわー
【田村】関西出身だよね?
【増本】似非っぽい?
【田村】もう1人、今度こそ天ちゃん
【山﨑】やったー!それが愛なのねの前の煽り、大阪の皆さん本当に良い声出ててもう一回聴きたいなぁって思うんですけど、準備いいですかー?(イエーイ!)
私達ってカワ?「イー!」
おもしろ?「いー!」
ダンスうま?「いー!」
皆の事が大す?「きー!」
これからもいっぱいいっぱい声出してほしいなって思います。
【田村】最後の文字を言うのは櫻坂でしかないコール、覚えて帰ってほしいなって思います。
こうしてコール&レスポンスができるようになって、櫻坂46として活動始めてライブとか直接会うことが難しくて、櫻坂が好きでいてくれる人どこにいるんだろう?と不安でした。でも今こうして前に沢山の声援やサイリウム沢山嬉しいです。どんなに険しい坂道も挑戦し続けられるのはBuddiesがそばにいてくれるから。全部×4出し切りたい。ついてこれますかー?(イエーイ!)
盛り上がって行きましょう、この後は、3期生の登場です!(歓声)

三期生のダンストラック、村井から始まり長い髪が印象的。スポットライトで1人ずつが照らされるクールなダンス、キレや一体感があり躍動的でカッコいい。谷口がラストで指をさして湧く、最後は中央に集まる(手を繋いだように見えた)。

夏の近道が始めると湧く。ペンライトは色々。明るい爽やかスクリーン、青色に葉が飛ぶ。アップテンポでコールが大きく盛り上がってるのが分かる。全体的に髪を振り乱すのが印象的で段々激しくなるダンス、2番からセンステへ出てきて近づいた。谷口の込めた表現力の高さ、ストーリーを伝えている。

アイドル的なコールが多くて楽しく、間奏の「ハイ!」でより盛り上がる。改めて楽しくて飽きない好きな曲だと思った。ラストは1列になってお辞儀、曲が終わると大きな声援が飛んだ。

MC3(中嶋)

【中嶋】Buddiesの皆さん、改めましてこんばんは、私達、櫻坂46三期生です。皆さん盛り上がってますかー?
三期生は今年加入し、3月にはおもてなし会を行いました。4月から3rdツアーに参加させて頂いて大好きな先輩達と一緒にライブを披露してきました。おもてなし会を見て頂いた方や、これまでツアーにお越し下さった方いらっしゃいますかー?(イエーイ!)
キャッチコピーを考えてきたので11人自己紹介させて下さい。

【石森】今日は大阪にちなんで1つ質問があります。皆さんはトロトロのたこ焼きとカリカリのたこ焼きどちらが好きですか?(声飛び交う※メンバーはトロトロが多い)私はカリカリが好きです。(メンバー:そっちかー)
【遠藤】突然ですが皆さんは何派ですかー?(理子派ー!)赤ちゃんって呼ばれてるんですけど、赤ちゃん担当は認めませーん(えー!)
【小田倉】実はキックボクシングをやっていました、三期生のパワー担当
【小島】みなさーん、(こんなぎー!)爽やかポニー担当になり切れない楽屋の会話泥棒
【谷口】背が小さくて皆になめられちゃう三期生の不憫担当
【中嶋】三期生の皆が恋人にしたいランキング1位、皆の恋人
【的野】櫻坂46最年少、皆に甘えちゃうぞ、と見せかけて射抜いちゃうぞ
【向井】沢山食べて成長するので褒めて下さーい!(偉いよー!)三期生で一番褒められたい担当
【村井】I am Yu, I love you. 性格はマイペース、踊ることが大好き
【村山】三期生の見つけやすさ担当、三期生の中で一番背が高いので見つけやすいと思います。皆さんの事沢山見つけます。
【山下】食べる事大好き、三期生のラーメン替え玉担当

【中嶋】これから色々な事に挑戦してもっともっと成長していきます。Buddiesの皆さん応援よろしくお願いします。ツアーファイナルあっという間、これまでツアーを振り返って先輩と一緒の時間で沢山学ばせていただきました。Buddiesと音楽を楽しむことがこんなに楽しいんだと。三か月前のおもてなし会の不安を思い出すと、皆にパワーを頂いて成長できたのではと思います。感謝の気持ちを忘れずに。
ファイナルということで皆さんに愛をお届けしたいです。私たちは、Buddiesのみなさんのことが、大好きやでー!(歓声)からのー、シャキーン(戦隊ポーズ・歓声)
残りの時間、全力で楽しみましょう、準備はいいですかー!(イエーイ!)まだまだ足りません!ステージ裏の先輩方に届けたいと思いますので、全員声出して下さいよ!みなさーん!後半戦も盛り上がっていけますかー!(イエーイ!)後半戦も盛り上がっていきましょー!(歓声)

終盤

魂のLiar、白と黄色の衣装に変わっている。上段に一列並ぶのは壮観だ。暗めのライトの中のパフォーマンス、ロックな口調で伝えるメッセージで強い雰囲気。闘志を燃やす魂の叫びという感じで力強くて熱い、表情でも表現しており、しっかり伝える曲だ。

クラップ部分は配信では分かりにくいが、まだペンラありでクラップもまばらに見えた。アウトロは手拍子、静かに熱く秘めた雰囲気。守屋が手を上げて行く。終わると歓声が上がる。改めて好きな曲だと思った。

ダンストラック、ドラムを中心としたリズム的なBGMに森田のソロダンス。ライトが激しく点滅する中でハイテンションでパワフルでカッコ良く決めた。最後はノバフォに繋ぐ見据えるような表情。

Nobody's fault、ペンラは色に染まっている。スモーク噴射、強い意志をパフォーマンス。森田堂々としたオーラは強い。メンバーが入れ替わっても強い(井上、上村、大沼、齋藤)。キレが増してパワーアップしているし余裕すら感じさせる。サビ前の大園の牙をむくような強い表情も。2番から森田はリフトアップ、上段でジャンプを決める。ラスト森田の強い表情で終わる。

ダンストラック、センステの八角スクリーンが下りて来る。強いBGMで藤吉がその中で踊り、スクリーン外側の絵と同期している激しくてカッコ良い演出。ステージは青いレーザーと赤いライトのためか、ペンライトは赤に染まっていく。

なぜ 恋をして来なかったんだろう?、ペンライトは引き続き赤に染まっている(賛否あった)。藤吉は今までの強い表情とは一転してウキウキした表情が見られた。紐は使わず八角スクリーンが上下する構成で、2番は藤吉を囲うように各メンバーが配置、レーザー的なスクリーンがきれいだしショー的な雰囲気。藤吉ソロの表情、表現に見入った。ラスサビはステージへ。藤吉カラーを出した曲で新鮮なステージ構成に見入った。藤吉は終始明るい表情だった。

[曲間]怖めのBGM、赤いライト点滅、天井から火花が噴射される。

流れ弾、ペンライトは赤に染まっている。とにかく激しい!田村の強い表情、最初は不気味な冷静さ、上で1人指揮している掌握感。ライトやレーザーが激しくまばゆい、スクリーンは様々な絵文字が現れる。1人1人が激しく熱く踊り狂う。2番は田村は1人花道で出て会場を見渡す、苦しい表情も見られる。

火花も激しいし「リンチパーティー」等のレスポンスの声も飛び会場の一体感がある。ラストはさらにブースト、田村は強く指さして終わる。終始ハイテンションでとても熱狂した!激しい曲だがかつてより余裕感があった。

[曲間]赤色に染まったまま八角スクリーンが下りてきて黄色で目立つ。そして"3rd Members"と表示する。

その中から三期生が現れDead endの三期生バージョンが始まる。ペンライトは赤。冒頭から「ハイ!」の声、まばゆいライト。村井が「ツアーファイナル、いくぞー!」と大きな声で煽る。村井のソロから始まり歌も良いしカッコ良くてしっかり主役感がある。センター横は谷口と山下。衣装が変わっていてスポーティーでパワフルなカッコ良さ、長い髪振り乱すのが印象的、ハイテンションで気分がぶち上がるパフォーマンス。

それぞれがキレがあってカッコいいパフォーマンスに三期生の頑張りと成長を感じた。1サビ前「Buddiesー、手を上げろー!」サビの"Dead!"、"end!"のレスポンスが大きくて盛り上がっている。ラスサビ前「ラストー!叫べー!」。全体的にハイテンションで盛り上がりがすごくて引き込まれた。ずっと見ていたかったし見事なパフォーマンスだった。

ダンストラック、青ライト(ペンライトは赤のまま)で山﨑が花道に出てきてソロダンス。スタイル活かしたカッコいいダンスでスキルの高さを感じさせられる。

条件反射で泣けて来る、独特のクールで気取ったカッコ良さの曲。センステで山﨑がリフトアップされた状態が長いパフォーマンス。山﨑の誘い込むような表現力に見入った。鯛焼き食べるポーズはかわいい。ピアノの所は去年のような目立った演出ではなく山﨑が下りてきて檻が上がる。全体的に山﨑の凄さを見せつけられた。

[曲間]暗闇の中で鐘と鳩時計の音が鳴り響き、3つの時計塔がゆっくりと下から出て来る。中央の時計は3時4分(おもてなし会初日が3月4日と関係?)、左右の時計は10時10分頃を指している。立っている誰かのシルエットが映し出される。徐々にクリアになり、それが石森璃花だと分かりゾクゾクした(神奈川Day3の話は聞いていたもののやはり驚いた)。強く見据えて立つ石森を三期生が来て囲う。

BANの三期生によるパフォーマンスが始まり歓声が沸いた。ペンライトは赤に染まっている。一期生二期生と色違いで白とピンクの衣装。三期生が健闘した熱いパフォーマンス、見入ってしまい言葉を失う。短期間での大きな成長と感慨深さ。三期生はやはり長い髪が印象的だ。石森のセリフ部分は強い表情で大きく叫んで歓声、ゾクゾクした。サビでの石森の強い表情がすごい。高揚して強く感情を刺激された時間だった。

1番が終わると間奏部分が延ばされて後ろから一期生と二期生が入ってきて歓声が上がる。2番からは先輩として見せつけるような強いパフォーマンス、三期生も両脇で負けじと共闘する。映し出された大沼は熱い、怖いぐらいだ。小林と武元の2番のセリフは澄ましたような余裕感。

間奏は延ばしてダンスバトル的な雰囲気に突入、前後で交互に魅せる。大人数で熱い、激しいしとても感慨深い。櫻坂46が1つになったパフォーマンス、2色で大人数で迫力があるし、その意味を考えても言葉にならない感情を刺激し続ける。とても熱い構成、熱いパフォーマンス。特別な瞬間を見逃すまいと終始見入った。終わると拍手歓声が長く続いた。

[曲間・長め]穏やかなBGM、青いライトの世界、"Last Song"と表示。スクリーンに桜の木が下りて来る。センステの下からピンク衣装の守屋が登場して拍手が起き、桜の方へとゆっくり歩いていく。幻想的で繊細で美しい光景が続く。

桜月、ペンライトがピンクに染まっていてきれい。ピンク色の繊細な衣装。イントロはMV序盤のような円形になっている。儚くも美しい、女性的、綺麗で繊細な雰囲気。切ない感情を込めたパフォーマンスに感情が移り心に響く。それぞれが表情で切なく表現しつつもキレもあり内面的な強さも伝わる。藤吉のオクターヴ上のクリアな声は印象的。

ラスサビはスクリーンに桜吹雪が綺麗で感情がたかぶっていく。終始とても良い雰囲気でツアー集大成となるその美しく儚い表現に見入った。曲が終わると一瞬拍手歓声があったがすぐ止んだ。

幻想的なBGMで守屋が1人で花道に出て来る。暗闇にピンクのペンライトと青いライト、切ない表情でゆっくり歩きながらの柔らかなソロダンス、会場中が静かに見守った。上から下りてくる八角スクリーンの枠の中へ、穏やかな表情で踊り続ける。桜の花びらの軌跡で"Thank you Osaka"の文字が描かれて拍手に包まれ、守屋は中に消えていった。静かに見守るとても穏やかで良い雰囲気で感動的に終わった。

アンコール

アンコールの大きい声が飛び交い続ける。

ベーススラップが聞こえて歓声が沸く。Start over!ライブ初披露。最初藤吉はすすり泣く声が聞こえた。MV同様の躍動的なジャンプ。軽快なダークなサウンド、暗めのライトで強い雰囲気、藤吉の苦しそうな表情。森田はMV同様に眼鏡姿。衣装は黒シャツにブルーグレー系のロングスカート。

藤吉は切実な表情で自由に踊り狂う、気を発する。2番Bメロは小林を連れ出して抱き合う、お姫様抱っこして回転する。2番は丸いフォーメーションで土生がセンター的なポジション。間奏は火花もありドラマティック。

ラスサビは激しい!狂気のパフォーマンス。曲を終えて花道前の藤吉は倒れそう「ハァハァ」と聞こえる。終始目が離せない熱いパフォーマンス、大声援と拍手が包み込んで熱狂した。

MC4(松田→武元)

【松田】みなさーん、アンコールありがとうございます!6枚目シングル Start over! を披露させて頂きました。歓声を頂いて曲が鳴った瞬間に皆さんの声聞こえて、音取り難しいけど聞こえなくなるぐらい湧き上がる感情が伝わって一気にスイッチが入った。みなさんいかがでしたかー?(イエーイ!)喜んで下さって嬉しいです。
【土生】6枚目シングルは前作、前々作とは違った魅力を研究しました。櫻坂46に沢山の方が惚れてほしいなと。ありがとうございました。(拍手)
【松田】桜月とは違うギャップを見せたい
【大沼】初めての披露で緊張した。監督のヒデジンさんが一人一人キャラ設定を書いて下さって愛を感じました。私はバックスライブで唯一無二だったから驚異的なものをやってほしいと言って下さって。何回も観てキャラを想像してほしいです。
【松田】ありがとうございます。MVのポイントである、色が違うから何回も観てまさかとか
【田村】ひーちゃん眼鏡、髪飾りとか眼鏡とか今まであまりなかった。晶保ちゃんカチューシャ(大沼:唯衣ちゃんも)
【山﨑】改めてツアーファイナルという大事な舞台で新曲披露するってことなかなかないから、本当に緊張した。配信もあるし海外からも見て下さってるから、すごく良い反応で満足です。ありがとうございます(歓声)
【土生】リハでもバレないようにとこっそり、あの練習やりますとか。
【山﨑】プロジェクトX
【松田】もしかしたらまだMV観てない方、これをきっかけに観てほしいです。これから披露していくのが楽しみですし、私達もこの Start over! を高めていきたいと思いますのでこれからも頑張りまーす!(歓声)
【山﨑】どうですか私達のこの衣装?
【上村】シャツの前後で長さが違う、靴も全員違う
【山﨑】スカートだけ一緒
【松田】私(シャツ)アウトでボタン1個開けてる(一番下)
【土生】第1ボタンほしいなー(?第2ボタン?と笑いが起きる)
【山﨑】Buddiesの皆さんお揃いにして下さるから楽しみにしてます。ライブでいらしゃるかな

(着替えではける、先に着替えたメンバー入場)

【武元】新曲聞いて下さりありがとうございます。
【井上】みなさんどうでしたかー?(歓声)嬉しいですね。会場、配信、世界中の方が見て下さっていて、新しい櫻坂46の見せ方をお見せ出来て良かった。曲の前は緊張してた、後ろ向いててフォー!って(イントロのベース)ドクドク。これからも色々な所で披露頑張っていきます。
【武元】早着替えして着替えに集中してた。イントロの瞬間おおーって
【森田】眼鏡大丈夫でした?(かわいいー!)眼鏡かけてフルパフォーマンス初めてで客席に飛んで行っちゃわないか心配してた。新しい一面をお見せ出来たと思います。スパーク、ライブでも上がってたの気付いてました?(歓声)好きでかっこいいなと思って見てた、楽しかった。
【齋藤】実はMVでも今の披露でも夏鈴ちゃんが1サビでメンバーの上に登る所、私夏鈴ちゃんのおしりの下なんです(歓声)。風鈴姉妹でも(森田:すごい安定感です)この曲も土台に選ばれて、みんな優しくてスタッフさんもメンバーも心配して下さるけど、ゆいぽんと玲の腰に支えられてる。1人でも欠けたら完成しない。皆が1つになって作っている。
【武元】このシーンは何十回も練習した。(拍手)
【齋藤】夏鈴ちゃんも頑張ってた。

(全メンバー入場)

【松田】改めましてアンコールありがとうございます(歓声)
Start over!にもうちょっと浸りたいところですが、続いてはこの曲を全員で披露したいと思います。Buddiesーぅ!

Buddies、三期生を含めたバージョン。ペンライトは色々。三期生はステージ、一期生二期生はセンステで始まる。リラックスした雰囲気皆楽しそうな良い表情をしている。Yo!のパワー、壮大で爽やかな雰囲気で会場の一体感。

田村の良い笑顔が印象的だった。2番Aメロで井上武元が絡む姿が見られて何かほっとした。ファンサあり、和気あいあいとした雰囲気で進行。

山﨑は4月からのツアーでのBuddiesへの感謝を語った。「これからも一緒にいてくれますかー?(歓声)ありがとー!」。延長バージョン、終わってほしくない多幸感。曲が終わり山﨑「ありがとー!」に歓声。

MC5(守屋)

【守屋】改めてアンコールありがとうございます。Start over! とBuddiesを披露させて頂き、いかがでしたか?(歓声)配信をご覧の皆さん盛り上がってますかー?今日でツアーが終わるということで、メンバーに聞いていきたいと思います。
【松田】ありがとう、これやられたかったです、回してる事多かったから。
ツアーを通して色んなことを学べたし得られた。キャプテンになって初めてのツアー、リハ始まる前からずっと緊張してた、ツアー中緊張しなかった日がなかった。メンバーにふがいない姿を見せてしまって情けないと思ってたが良い経験、伸びしろいっぱいあるなと。(歓声)
メンバーに本当に沢山支えられた感じがしてて、凄い良い子達なんです。グループとしてもいっぱいこうしていきたいとかしなきゃいけないなとか見えた気がする、このツアーで来てよかったです。皆さんありがとうございます!(歓声)
【村井】三期生は今回のツアーが初めてですごく緊張もあった、一緒に盛り上げ上手く繋いでいけるように、来ていただいた方に100%楽しんで頂けるよう、毎公演全力でパフォーマンスしました。ツアーを通してBuddiesに沢山お会いできて配信をご覧の方もいらっしゃって、本当に幸せです。ありがとうございます(歓声)
【小林】4月から11公演駆け抜けて、1公演1公演歓声を久しぶりに聞いたからやっと本来のライブが出来た実感がありました。この瞬間が当たり前じゃないからありがたみを知ってるからこそ皆さんに会えることの感動を感じた。これからもずっとBuddiesでいてほしいですし(かわいいー!)ライブとかテレビとか、お仕事を全部見て頂いて、もらったパワーをライブとかいろんな場でお返しできたらと思いますので、これからもBuddiesでいて下さいねー(かわいいー!)
【守屋】もうすぐライブツアーも5枚目シングル期間も終わろうとして、私自身も沢山色んな気持ちを経験させて頂いた。メンバーにもスタッフさんにもBuddiesの皆さんにも支えて頂いたのでツアーを完走できて嬉しく思います。本当にありがとうございました(歓声)
ステージから見るこの景色が本当に毎回忘れられなくて毎回目に焼き付けようとしている。声を聞くことでパワーが出るのでこれからも沢山櫻坂46を応援して頂きたいです。
続いては最後の曲になります。(えー!)ペンライトをサクラピンクにして頂いて、一緒に満開の桜を咲かせてほしいなと思います。

櫻坂の詩、三期生含めたバージョン。その都度歌詞が沁みるメッセージソング。「当たり前」ではなかった声出しでパワーを感じられたツアー。お互いに作り上げて完走を遂げた。

手を振ったりして良い雰囲気、清々しく温かい雰囲気が包み込み皆良い表情をしている。ペンライトの動きも一体感を感じられた。

MC6(松田)

【松田】皆様足を運んで頂きありがとうございました。最後に夏鈴ちゃん、一言もらってもいいかな?
【藤吉】Start over!という楽曲の中で、力強く…(涙)(声援)、すごく自由に生きることができてすごく幸せでした。ありがとうございました。(拍手歓声)
【松田】ありがとう夏鈴。
改めまして、(感謝とステージ写真シェアの話)
これから6月26日に6枚目シングルの Start over! を発売し、7月には初めての展覧会が開催されます。11月には3rdアニバーサリーライブが初めてスタジアムで、ZOZOマリンスタジアムで開催します。
いつも支えて下さるBuddiesの皆さんに沢山の恩返しできるよう感謝の気持ちを込めて、笑顔や幸せ、心躍るものを届けたいです。ツアーで得たものを沢山活かして精進して参ります。
3rd TOUR大阪公演、各公演に足を運んで頂き、配信をご覧頂き、本当にありがとうございました!
以上!櫻坂46でした!ありがとうございました!

メンバー達はステージ背後へ退場していく。「またねー」「ありがとー」「大好きだよー」、守屋は目に涙を浮かべていた。最敬礼は石森と山下。良い雰囲気で盛大に終演した。

・写真掲載のモデルプレスのツイート

感想

千秋楽について

ツアー完走おめでとうございます。配信で観た千秋楽も素晴らしい熱いライブでした。見どころ沢山でどこから上げるか悩むぐらい、盛沢山で満足感でいっぱいです。何度観ても飽きないし何度も体感したいし、改めて今後が楽しみだと思えたし、世界にその魅力が届いていたらいいなと思います。

Start over!の初披露は熱かった!藤吉の表現に入り込んでいる感じ、狂気の感じはゾクゾク・ワクワクでした。この魂の叫び的な雰囲気は、正直欅坂時代の事を考えると少し心配にはなるけど、櫻坂46として新しい領域に入ったという感じがしました。そんな新しい期待感で終われたツアー、藤吉の地元大阪で終わった事は良かったです。

藤吉はライブ序盤から気持ちが入り込んでいるのがはっきり分かりました。強い感性、パフォーマンス力を感じて表現者としての可能性にワクワクしました。6th期間はまた新たな勝負になります。櫻坂の魅力を広めるのは楽しみだし世界を驚かせてほしいし応援しています。

■櫻坂46『Start over!』

この日のライブは初めて世界各国に配信されました。去年から世界を意識した動きがありますが、世界にどう評価されたのか気になります。櫻坂の魅力が伝わっただろうか?世界進出へと良い足掛かりになるといいなと思います。

三期生から始まり一期生・二期生と融合する「スペシャルBAN」はとても熱かったです!神奈川公演Day3での話は聞いていたものの、櫻坂46の1つになるというとても意味深くて象徴的な瞬間は、とても気分が高揚して言葉にならないほどでした。本当に見事な演出でした。

声出しで実現した本来の熱いライブ、多様なスタイルに対応した実力と可能性、大きな余韻とともに櫻坂46が本当に好きだと改めて思いました。感情を込めた心に響くパフォーマンスはどんどんレベルアップし、三期生も大きく成長しました。まだ何回も観たい、終わるのが惜しいと思うぐらいに素晴らしい物でした。本当にお疲れ様でした!

・終演後の櫻坂46公式ツイート

ツアー全体を通して

5thシングルの桜月をコンセプトにして、初めての春の全国ツアーとして走り抜けました。個人的には最初の東京公演Day2と、終盤の神奈川公演Day1,2に参戦して毎回大きな刺激を受けたと共に、徐々に変化、成長していくのを感じてきました。

本編は大園から始まり守屋がトリを務めて「新二期生」だったメンバーも活躍し、今回から三期生が加わって盛り上がりを見せました。中盤の福岡公演では関有美子が地元であるその場で卒業し、その後はスペシャルBANやStart over!に向けてという2つの構成でした。

・井上梨名のブログ更新ツイート

メイン曲となった桜月、守屋麗奈の5thシングル期間がこれで終わることになり、本当にお疲れ様でしたと言いたいです。繊細な美しさが合うし本当に素晴らしい曲で、ライブでその表現を見守る空気感も良かったです。去年から守屋の大きな成長を感じていましたが、このような大舞台を務めて上げて感慨深いです。もう立派なエースメンバーで、ツアーを通したまた大きく成長したと思います。

5thの他の曲もライブで体感して好きになりました。Coolは独特な不思議なオーラがあって見入ってしまうし、夏の近道はとても楽しく盛り上がるし、もしかしたら真実は淡々としながらもしっかり伝えており、無念と魂のLiarは強い意志を持った熱いパフォーマンスで特に好きになりました。

・5thシングルの顔を務め上げた守屋麗奈(シブツタのパネル展示より)守屋麗奈

それ以前の持ち曲もどんどんパワーアップしていました。流れ弾や摩擦係数などハードな過去のライブのトリ曲を平然とやってのけて実力を見せ、さらに桜月やStart over!へと駆け上がりました。

幅広いスタイルへの対応力の凄さを感じられ、本当に多彩な色に染まれるグループになってきました。表現しているオーラ、強い意志が伝わるダンスや表情、メッセージ性が心に沁みるパフォーマンス、これぞ櫻坂46だと実感できてとても魅力的でした。

メンバー個人については見えやすかった範囲でしか語れませんが、山﨑の堂々としたしっかりした主役感、小林や齋藤のダンスの凄さは明確に感じました。山﨑の自信に満ちた実力はカリスマ的とでもいうか、やはり特別なものを感じるし高校生というのが信じられないぐらいにしっかりしていました。

──────────

三期生が加わって櫻坂の魅力と楽しみが広がりました。登場するとワクワクするし本当に好きな存在です。パフォーマンススキルが高くてすごいし、ツアー中にもどんどん成長していて、恐ろしいぐらいでした。

自己紹介でも大いに盛り上がるし、夏の近道は何度体感しても飽きないです。Dead endも熱かったし村井優は煽りもパフォーマンスも凄かったです。スペシャルBANは三期生の健闘や融合の意味を考えてもとても心が動き熱狂しました。

短期間で三期生が櫻坂46にとって重要な存在になったと感じました。既にしっかりパフォーマンスの櫻坂46の姿になっているのは本当に凄い事です。櫻坂46に入ってくれて本当によかったし、これからの動向もとても楽しみです。

・三期生の旗(神奈川公演、おもてなし会と同じ会場)櫻坂46三期生

解禁になった声出しの影響の大きさを実感したツアーでもありました。ようやく本来のライブができた感じですが、メンバーからも声出しが力になっている話がありました。5th以前の曲もさらに楽しく熱くなりパワーアップしました。お互い刺激になったと思うし、まだパフォーマンスいていない曲も今後が楽しみです。

声出しやクラップ等は序盤の東京公演ではまだあまり積極的ではなかったものの、神奈川公演ではより改善され、大阪公演ではさらに良くなったと思います。ツアーを通してメンバーとBuddiesとで育てていったライブと実感できました。

拍手や歓声が長く続く時があったのも印象的でした。静かに見守る場面もその雰囲気を壊さないようにと一体感がありました。お互いに感情を共有して、一緒に作り上げたライブだったと感じられました。

松田里奈はキャプテンになってから初めてのツアーであり本当に頑張ったと思います。MCも毎公演沢山あり、裏でも見えない所での努力が沢山あったと思います。キャプテンの頑張りがあってこそのこの素晴らしいツアー、本当にお疲れさまでしたと言いたいです。

・松田里奈のブログ更新通知ツイート

休業中の遠藤光莉への温かさも印象的でした。ファンの拍手も温かくて気持ちが伝わりました。メンバーもBuddiesも皆で1つで支え合って本当に良い雰囲気です。6th期間は初表題曲センターの藤吉も支えられるでしょう。

櫻坂46はコロナ禍でスタートしたグループであり、当たり前ではないありがたみを知るからこそ謙虚さを忘れず、常に真摯に向上できるグループだと思います。そんな姿勢だからファンの心に響き、クリエイター陣も刺激するようなパフォーマンスができているのだと思います。本当に素晴らしいグループです。

櫻坂46の魅力であるパフォーマンス力、成長力、絆の強さ、一体感、そこに声出しにより感情やパワーの相互作用が加わった事を感じた素晴らしいツアーでした。心に響く魅力あふれる本当に素晴らしいグループでさらに好きになりました。沢山の人に知って欲しい、日本中に、世界に、ぜひ分かってくれー!

・終演後のTAKAHIRO先生のツイート

セットリスト

影アナ:山﨑、小島

Overture
DanceTrack
1. Cool(大園)
DanceTrack
2. 半信半疑(山﨑)
3. 摩擦係数(森田、山﨑)
MC
4. それが愛なのね(山﨑)
5. 恋が絶滅した日(山﨑)
6. ブルームーンキス(森田)
7. 五月雨よ(山﨑)
8. もしかしたら真実(守屋)
9. 無念(松田)
MC
DanceTrack(三期生)
10. 夏の近道(谷口)
MC(三期生)
11. 魂のLiar
DanceTrack(森田)
12. Nobody's fault(森田)
DanceTrack(藤吉)
13. なぜ 恋をして来なかったんだろう?(藤吉)
14. 流れ弾(田村)
15. Dead end 三期生 Ver.(村井)
DanceTrack(山﨑)
16. 条件反射で泣けて来る(山﨑)
17. BAN(森田) ※三期生も加わるスペシャルVer.(三期C:石森)
18. 桜月(守屋)

アンコール
EN1. Start over! ※ライブ初披露
MC
EN2. Buddies(山﨑) ※三期生含む全員
MC
EN3. 櫻坂の詩 ※三期生含む全員

関連公式動画

■櫻坂チャンネル/【禁断の裏側】「3rd TOUR 2023」大阪公演の本番前の櫻坂46とは!リハーサルからケータリング、メイクまで!?

■櫻坂チャンネル/【潜入】櫻坂46のライブ打ち上げに突撃!人気No.1は!?

編集後記

今回もかなり時間をかけてじっくりまとめました。今回もメモした量が尋常ではなかったし、これだけの文章を書くのは本当に疲れましたが達成感があります。最近ずっとこればかりやっていた感じです。

MCはもっと概略的に省略した方がよかったのかなぁ。でもどうせメモしたんだし全部載せたくなっちゃう、けどむしろ読みにくいのかも?等悩みは尽きません。

そしてこのボリュームのライブレポを書くのは正直きつくて(時間、手間、気力、集中力)存在価値が不明なので、今後どうしようかなとは考えています。周りと比べて考察力、文章力に自身が無い事もあります。

ということで今回も燃え尽きたライブレポになりました。いずれ円盤が出るかもしれませんがライブを思い出す記録になったら幸いです。あと年月経ってからの方が色々思い出すきっかけになると思うので、過去分も見て頂けると嬉しいです。

【リンク】タグ「ライブレポ」

【前のライブ】

↓拍手ボタンを押して頂けるととても励みになります。

   

みやだいのプロフィールアイコン

Written by みやだい

欅坂46櫻坂46のファン「みやだい」のブログです。アーティスティックな表現力の高さとそこにかけるメンタリティーが好きです。全力でライブレポまとめてます。真面目マイペース平和主義、前向きでいたい。
X(旧Twitter)@miyadai_buddies



記事へのコメント

\コメントを書く/

※絵文字は対応していません。
※攻撃的、乱暴なコメントはしないで下さい。

名前 (必須)

コメント (必須)