名古屋旅行・交通編

        日常・時事

名古屋旅行の時の話を小出しにしていきます。今回は交通関係。

ドニチエコきっぷ

/diary_picture/201305/017.jpg

「ドニチエコきっぷ」は、名古屋の市バス・地下鉄で使える一日乗り放題のパス。名古屋城、栄、名古屋港など、名古屋市内の主な観光地は市バス・地下鉄で行ける場所が多いので、名古屋観光では欠かせないパスです。今回の旅行でも大いに活用しました。

【料金】大人600円・子供300円、
【利用可能日】土曜日、日曜日、祝日、8日
【通用区間】名古屋市営バス、名古屋市営地下鉄
※詳しくは http://www.kotsu.city.nagoya.jp/ticket/weekend_ticket.html

スポンサーリンク

名古屋観光ルートバス「メーグル」

名古屋の主な観光地を巡るガイド付きのバスで、ドニチエコきっぷでも乗ることが出来ます。休日ダイヤでは20~30分に1本の間隔で運行しています。名古屋駅からは8番乗り場(桜通口を出て左側)が乗車口で、列に並んでいたらドニチエコきっぷ等のパスを売りに来たのでそこで買いました。三連休のためかかなり混雑していて、名古屋城に行く客は別の臨時バスへ誘導していました。

【バスのルート】名古屋駅→産業技術記念館→ノリタケの森→名古屋城→徳川園・徳川美術館→文化の道「二葉館」→市政資料館南→名古屋テレビ塔→広小路栄→広小路伏見→名古屋城→ノリタケの森→産業技術記念館→名古屋駅
※大回りのためテレビ塔~伏見は地下鉄の方が早いです。

※詳しくは http://www.nagoya-info.jp/routebus/

名古屋市営地下鉄

名古屋市交通局が運営する地下鉄で、以下6路線があります。
・東山線 :高畑駅~名古屋駅~藤が丘駅
・名城線 :金山駅~栄駅~大曽根駅~八事駅~金山駅(環状線)
・名港線 :金山駅~名古屋港駅
・鶴舞線 :上小田井駅~赤池駅
・桜通線 :中村区役所駅~名古屋駅~徳重駅
・上飯田線 :平安通駅~上飯田駅~名鉄小牧線と相互直通

名古屋駅を通っているのは東山線と桜通線です。
主な場所への行き方:

栄 :名古屋から東山線で2駅
大須 :名古屋から東山線で1駅目の伏見駅から鶴舞線で1駅目の大須観音駅へ
名古屋城 :栄から名城線(右回り)で2駅の市役所駅
名古屋港 :栄から名城線(左回り)で4駅目の金山駅で名港線乗り換えで終点へ(たまに直通あり)
東山動植物園 :東山線東山公園駅または星ヶ丘駅

名城線は環状線で、方向は「右回り」と「左回り」という独特の呼び方をしています。
最初よく分からなかったのですが、環状なので右か左かどちらか一方だけに周り続ける特徴を利用しているんですね。

右回り:栄→久屋大通→市役所→名城公園→・・・
左回り:栄→矢場町→上前津→東別院→金山→・・・

※詳しくは http://www.kotsu.city.nagoya.jp/subway/


スポンサーリンク

記事へのコメント

コメントを投稿

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須