【散策まとめ】小田原の桜(小田原城址公園、小田原城、報徳二宮神社)

        写真-旅行・散策   

4月の桜が満開の時期に小田原城に行きました。写真は桜2017の写真ページにまとめました。

/diary_picture/201705/009.jpg

行き

町田から小田原へはロマンスカーで小旅行気分を味わいました。

青いロマンスカーに初めて乗車。/diary_picture/201705/014.jpg

新しくてきれいな車内でくつろぐ。/diary_picture/201705/015.jpg

徐々に山が迫ってくる風景に変化していきます。/diary_picture/201705/016.jpg

小田原城址公園・小田原城

小田原城は小田原市にあるお城で、周辺は小田原城址公園として整備されています。15世紀に大森氏が築いた城郭を元にして北条早雲に始まる小田原北条氏の拠点となりました。上杉謙信、武田信玄の侵攻を防いだ難攻不落の城でしたが、1590年に豊臣秀吉の小田原征伐により開城しました。1870年(明治3)に廃城されましたが1960年に鉄筋コンクリート造で再建され、2016年には天守閣などの平成の大修理が完了しました。桜の名所であり「日本さくらの名所100選」に選ばれています。

小田原駅から歩くと堀沿いに桜のアーチが続きます。/diary_picture/201705/005.jpg

満開の桜の元を歩く。沢山の人が行き交います。/diary_picture/201705/006.jpg

いくつかの門をくぐり天守閣へ向かいます。/diary_picture/201705/007.jpg

城内の美しい桜の木々。/diary_picture/201705/008.jpg

本丸広場に鎮座する大きなお城。昨年の大修理で白くきれいに。/diary_picture/201705/009.jpg

天守閣からは良い眺望、二色の青い海がきれい!/diary_picture/201705/010.jpg

報徳二宮神社

報徳二宮神社は1894(明治27)年に創建された小田原城址内にある神社で、小田原が生地である二宮尊徳(金次郎)を祀っています。美しく手入れされた自然があふれる境内にはお神社とは思えない洒落なオープンテラスのカフェやレストランもありました。

お城の横にある神社です。/diary_picture/201705/011.jpg

ここでも桜が楽しめます。カフェでくつろぐも良し。/diary_picture/201705/012.jpg

祀られている二宮尊徳の像と解説。/diary_picture/201705/013.jpg

終わりに

我が家から比較的近い、最も近いお城ですが今回が初訪問でした。桜の名所ということもあり二重に楽しむことができました。平成の大修理が終わった直後だったのもラッキーでした。ロマンスカーで行ったこともあり小旅行気分を味わえました。

【関連】桜2017の写真ページ

記事へのコメント

コメントを投稿

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須