モーレンハウエルのファゴットを入手!

    練習・体験

モーレンハウエルのファゴットMollenhauer(モーレンハウエル)のスタンダードモデルを中古で入手しました!

純正ヘッケル(完全オーダーメイド・4~5年かかる)に次ぐ最高峰のメーカーとして知られ、音大生やプロにも人気のある上級機種メーカーです。同モデルの新品の今の定価は200万円ほどです!
(Fgのこの価格感覚にすっかり慣れてしまったのが恐い…w)

↓JDRサイトより。こんな価格帯
http://shop.jdrshop-jdri.jp/eshopdo/refer/refer.php?sid=sg56817&cid=16&scid=43
(年々価格が上がっているような・・・昔は160万ぐらいだったのに)

↓メーカーの解説を抜粋

モーレンハウエルは1864年にドイツのカッセルで産声を上げました。モーレンハウエルはヘッケルに次ぐ歴史を誇り、平均年齢が50歳を越える卓越した熟練工だけで作られています。その技術により、美しく輝く磨き上げられた楽器が作られます。貴婦人を思わせる柔らかくて清楚な多くのプロ奏者の信頼を得ています。

ずっといつかは手にしたかった高級機種なので、すごく嬉しいです♪♪ 外見のフォルムもワインレッドの色も、最も美しいメーカーだと思っています。 少し吹いただけでも今までのシュライバーとの大きな違いを実感。

まず音1つ1つが柔らかくて厚い響きに包まれている。今までより少し遠くで鳴っているような、明るすぎない包まれた響き。 鋭さが減って、しっかり息を入れても荒くなりにくい。 そして、スムーズに歌うことができる! 特に中・高音域。今までのは何だったんだろうっていうぐらいに、楽に響かせられて、弱奏もしやすく、甘美にカンタービレが表現しやすい♪ ファゴットらしい柔らかく包まれた滑らかで優美な響きを、めいっぱい吹きまくれると思うとすごく幸せです(^^)♪

まだほんの少し吹いただけなのですが、これだけ素晴らしさを感じてしまった。今後の演奏活動が今までとはまるで全然違うぐらいに充実しそうな予感です♪

高校の時に購入して14年間使用してきたシュライバー5031は下取りに出すことになると思いますが、 この楽器のおかげで数多くの団体で演奏経験できたし、本当にたくさんの人に知り合うきっかけをくれた、大切なパートナーです。 そのありがたみを忘れずに、今後もファゴットの素晴らしさを広めていきたいです!

さて新しい楽器にもまずは慣れないといけないので、少しずつ手の感覚や吹き心地に慣れていき、本来の魅力が出せる演奏ができるようにがんばります!合うリードの傾向も変わってくるので、しばらくは研究が必要ですね。色々面倒な事も多い楽器ですが、それがまた楽しくていいのです!

↓拍手ボタンを押して頂けるととても励みになります。

   

みやだいのプロフィールアイコン

Written by みやだい

ファゴット一眼レフ風景写真が好きな「みやだい」です。コントラファゴットやファゴッティーノやバソンも所有、風景写真は定期的にテレビ等に提供しています。旅行、猫も好きです。真面目マイペース平和主義、前向きでいたい。
X(旧Twitter) → @iadayim



記事へのコメント

\コメントを書く/

※絵文字は対応していません。
※攻撃的、乱暴なコメントはしないで下さい。

名前 (必須)

コメント (必須)