【旅行まとめ】広島旅行3日目-後半(千光寺・猫の細道など)

        写真-旅行・散策

広島旅行3日目・前半に続き後半も尾道の続きで、千光寺から下っていきます。

/diary_picture/201709/130.jpg

スポンサーリンク


千光寺

■千光寺/diary_picture/201709/130.jpg千光寺は806年に創建された真言宗系の寺院です。斜面にある境内からは尾道や向島等を一望することができます。

文学のみちを下り千光寺の裏口から入ります。急斜面上にあり狭い岩場に囲われた通路を抜けると展望台同様に良い景色が広がります。狭い境内にたくさんの人がひしめき、高い標高に朱色のお寺の建物があるのが独特です。地上から高さはありますが時折踏切や電車の音が聞こえてきます。

・狭い岩場から出た先の鐘楼/diary_picture/201709/128.jpg

・鐘越しの尾道の風景/diary_picture/201709/129.jpg

・くさり山の途中からの開放的な風景/diary_picture/201709/131.jpg

・斜面にある境内/diary_picture/201709/132.jpg

・鎖で上るくさり山は恐くて登れず/diary_picture/201709/133.jpg

・地面の謎な記号が何か神秘的/diary_picture/201709/134.jpg

スポンサーリンク

猫の細道

■猫の細道/diary_picture/201709/138.jpg猫の細道は狭い坂道の路地に福石猫や猫のモチーフが集まる場所です。どこか懐かしい雰囲気が漂います。

千光寺から尾道らしい坂道を下っていきます。工事中のため迂回して少し迷いつつ猫の細道に到着。さきほどの艮神社のすぐ脇でした。狭くて少し暗い坂道の路地に猫に関するお店やオブジェが続き、そのに人に慣れた猫たちがのんびりと過ごす姿はどこか幻想的で、まるでジブリの世界のような別世界な感じがしました。

・坂を下ると三重塔、脇に猫の細道の入口/diary_picture/201709/135.jpg

・猫と関わりのある建物が現れる/diary_picture/201709/136.jpg

・艮神社脇の細道を行く/diary_picture/201709/137.jpg

・福石猫のある幻想的なエリア/diary_picture/201709/139.jpg

・狭い道に悠々自適に過ごす猫たち/diary_picture/201709/140.jpg/diary_picture/201709/141.jpg/diary_picture/201709/142.jpg/diary_picture/201709/143.jpg

そのまま道を下ると再びロープウェイ乗り場に出て、大分疲れたので道の向かいの「ロープウェイ前ええもんや」にて休憩しました。この辺りは公衆トイレもあり坂道散策の拠点になる場所でもあり、有名人も訪れるお店のようです。はっさくソフトクリームが名物のようですがこの時はコーヒーにしました。

高架線路沿いを歩くといくつか踏切があり、詳しくはないですが映画やドラマ等で撮影されている場所のようです。/diary_picture/201709/145.jpg

千光寺新道

■千光寺新道/diary_picture/201709/147.jpg千光寺新道は昔ながらの民家や石垣の間の狭い石畳の階段状の坂道です。まっすぐ市街地を見下ろした風景は観光ポスターにも採用され、坂の街尾道を代表する風景です。

土堂2丁目交差点からガード下を下った先の坂道は千光寺新道と呼ばれています。住宅街にある石畳の階段が続く静かな場所で、ここにも猫がいました。脇には志賀直哉旧居があります。石垣横を上り切って道が曲がるところから振り返って街を見下ろした風景は有名な撮影スポットで、坂の街尾道らしい風景を楽しみました。

・住宅街にある石畳の坂道の千光寺新道、振り返った風景(上の写真)が有名/diary_picture/201709/146.jpg

尾道本通り商店街

■尾道本通り商店街/diary_picture/201709/149.jpg尾道本通り商店街は東西1kmに延びるアーケードの商店街です。昔ながらのレトロなお店やおしゃれな雑貨屋、飲食店などが並びます。

尾道駅へと戻る途中に取った長いアーケードの商店街。シャッターを閉じた店が多く静かでお世辞にも栄えてるとはいえませんが、レトロな雰囲気のお店や新しいお店などが混在しているの眺めながら楽しみました。/diary_picture/201709/144.jpg/diary_picture/201709/148.jpg

尾道駅前

■尾道駅前
尾道駅前の海沿いは来た時よりも天気が良く、青いきれいな海を見られました。向島からのフェリーには学生さん達が行き来して生活路線なんだなと実感。海風の心地よさに吹かれながら旅の終盤を名残惜しむ。/diary_picture/201709/150.jpg/diary_picture/201709/151.jpg

信号機トラブルのため電車は遅延し少しそわそわした雰囲気。1本先の電車が先に来て乗車し、福山へ向かいます。/diary_picture/201709/152.jpg

福山・帰り

■福山駅/diary_picture/201709/153.jpg福山駅は福山市の中心駅で、JR西日本の山陽本線、福塩線、山陽新幹線が乗り入れています。駅のすぐ北には福山城があります。

ダイヤが乱れて少し到着が遅れつつも福山駅に到着。新幹線ホームからは北側に福山城が間近に見られました。城郭内に堀を埋めて作った駅ということでとても珍しい光景ですね。いずれまた訪れたいです。新幹線が行き交うのを眺めながら乗る列車を待つ、毎度の名残惜しさです。/diary_picture/201709/154.jpg/diary_picture/201709/155.jpg

夕食は車内で浜吉の「福山ばら寿司」、バラの街にちなんでいるそうです。海鮮好きなので美味しく食べました。/diary_picture/201709/126.jpg

今回もお世話になりました新幹線。/diary_picture/201709/127.jpg

旅行を終えて

平和記念公園を訪れて原爆投下時に広島でどれほど悲惨な事が起きていたのか、原爆がいかに非人道的な兵器であるかを強く実感することができました。過ちを二度と繰り返してはいけない、そのリアリティを伝えていかなければならない。人生観が変わる出来事の1つとなり、平和を願う気持ちの裏付けがより強く鮮明になりました。そして世界中の沢山の人がヒロシマを訪れ、何かを感じて持ち帰ってほしいです。

今は大きく栄えた広島の街。全国各地を訪れてもその土地にしかない特有の雰囲気があり、広島でも大都市の中を路面電車が走る風景が印象的でした。広島駅自体工事中で、駅前もタワーマンションが建ったりして風景がどんどん変化していくのかなと思いました。平和を発信する街としてこれらかも発展していってほしいです。

最近お城が好きで100名城スタンプも押し始めているので、広島城、岩国城に行けて良かったです。時間があれば福山城にも行きたかったです。錦帯橋も宮島・厳島神社も日本らしさを感じられる素晴らしい所でした。尾道は海も山もありのどかな雰囲気でとても心地よい場所でした。広島名物のお好み焼きや牡蠣、もみじ饅頭、尾道ラーメンも堪能できました。

天気が良くて写真撮影としては恵まれていましたが、夏の炎天下で体力を奪われ、思っていた以上に疲労がたまりました。その結果行程を削ったりすることもあり、余裕を持ったスケジュールにすることが反省です。とはいえ観光面、社会勉強面共に総合的に、期待以上のとても充実した旅行となりました。半年前から計画して一時は諸事情により中止も考えましたが行ってよかったです。

P.S.今回はタイムラグ短縮のため写真ページを作る前にまとめ記事を書きました。かなり圧縮してまとめたので写真ページにさらに多くの写真を掲載し細かい事も書いていきます。

【関連】広島旅行2017の日記一覧広島旅行2017の写真ページ


スポンサーリンク

記事へのコメント

コメントを投稿

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須