【旅行まとめ】和歌山・奈良旅行1日目(和歌山電鐵・高野山)

        写真-旅行・散策

8月上旬に夏旅行第1弾として和歌山・奈良旅行に行ってきました。

/diary_picture/201608/017.jpg

スポンサーリンク


行き

行きは空路で羽田から関西国際空港へ。早朝の羽田空港での朝食は海鮮釜飯。/diary_picture/201608/004.jpg/diary_picture/201608/005.jpg初めての関西国際空港に到着。海上の空港という感じ。外に出るとセミの鳴き声が鳴り響く。/diary_picture/201608/006.jpg1日目はレンタカーで和歌山県内を走ります。空港から和歌山は意外と近い。

スポンサーリンク

和歌山電鐵・伊太祈曽駅

■1.伊太祈曽駅/diary_picture/201608/009.jpg伊太祈曽(いだきそ)駅は和歌山電鐵の駅で駐車場があり、貴志駅のたまII世駅長に会いに行くには伊太祈曽駅か和歌山駅から乗車します。駅の横の車庫では水戸岡鋭治デザインのたま電車、いちご電車などが見られる時もあります。

駅の裏にある駐車場で車を停める。駅にはちょうどたま電車が停車していました。/diary_picture/201608/008.jpgいちご電車に乗車して猫駅長の貴志駅へ向かいます。車内は観光客でいっぱい。

貴志駅

■2.貴志駅/diary_picture/201608/011.jpg貴志駅は和歌山電鐵貴志川線の終点駅で、猫の駅長が居る駅として話題になっています。先代たま駅長の死去に伴い、現在はニタマが駅長となって乗客を迎えています。猫をモチーフにした駅舎は多くの観光客でにぎわっていました。

先代たま駅長はたま大明神となって見守る。/diary_picture/201608/010.jpg元々伊太祈曽駅に居たニタマ駅長が今は貴志駅の駅長として勤務中。/diary_picture/201608/012.jpgたまグッズであふれる売店では今は亡きたま駅長の写真も飾られる。/diary_picture/201608/013.jpg暑いのでカフェでアイスを食べて休憩。お土産も購入。/diary_picture/201608/007.jpg二代目に引き継いだ今も観光客でにぎわう和歌山電鐵でした。伊太祈曽駅に戻り、次は高野山へ向かいます。

高野山・檀上伽藍

■3.高野山・壇上伽藍 /diary_picture/201608/017.jpg高野山は約1200年前の平安時代に弘法大師によって開山された日本仏教の聖地です。山内全体が金剛峯寺の境内で世界遺産。壇上伽藍は高野山二大聖地の1つで、弘法大師が真言密教を広めるための根本道場を建造された場所で19の建物が建っています。

車で高野山に到着。標高が高く大門前は山並み風景。夏らしく日差しが強くセミの鳴き声が響きます。/diary_picture/201608/014.jpg昼食処を探すもどこも閉まっている。そのためか繁盛していたファミリーマートで昼食。
高野山は標高の高い山の中の仏教都市という感じ。中門と六角経蔵、他沢山の建物が並ぶ。/diary_picture/201608/015.jpg/diary_picture/201608/016.jpg

金剛峯寺

■4.金剛峯寺 /diary_picture/201608/018.jpg金剛峯寺は高野山全体も指しますが、その中で豊臣秀吉ゆかりの青巖寺と興山寺を合併した寺院を「金剛峯寺」と呼びます。高野山真言宗総本山で世界遺産。

東に進んで金剛峯寺へ。ややこしいのは高野山全体も金剛峯寺であること。正門はかつて皇族や高野山の住職だけが通れたという。/diary_picture/201608/019.jpg

今回は奥の院は見送ったものの訪れた範囲だけでも山の中にこれほど大規模なお寺があるというのは不思議なぐらいで、聖地と呼ばれるだけの風格を感じます。
宿のある和歌山市内へ戻りますが途中山中で急に大雨に見舞われました。和歌山は降水量が多い地域なので和歌山らしさを感じた出来事の1つといえそうです。

2日目へ続く☆

【関連】和歌山・奈良旅行2016の写真ページ


スポンサーリンク

記事へのコメント

コメントを投稿

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須