オオハシ製・コンパクト堅牢なコントラファゴットスタンド

作成:   更新:   カテゴリ:音楽-管弦楽・吹奏楽

前回のFOX製コントラファゴットスタンドに続き、今回はもう1つのスタンド、オオハシ製のコントラファゴットスタンドを紹介します。

楽器を立てるとこんな感じです。なんだか照明がいい感じに(^^)
オオハシ製コントラファゴットスタンド。ステージ上。オオハシ製コントラファゴットスタンド。ステージ上。
大きなAida製と比べると比較的コンパクトで、折りたたむこともできます。
FOX製と比べても支柱が太くてある程度重量感があり、しっかり楽器を支えます。

構造


このスタンドは折りたたみ式のスタンドで、各部分は以下のように動きます。

・三つ脚で支える構造で、左右2つの脚は、前方に回転して一箇所にまとめられる
・支柱は上下に伸縮でき、足側に倒してたためる
・楽器を支える分部も左右それぞれ90度下方向にに折りたためる

分解することはできませんが、細長い形にコンパクトに折りたたむことができます。エンドピンを乗せる穴は2箇所あり、楽器を立てる角度を選ぶことができます。支柱は足側から起す時、垂直方向以上(90度以上)には倒れない構造になっています。また角度はネジで固定します。

オオハシ製コントラファゴットスタンド。折りたたんだ状態。オオハシ製コントラファゴットスタンド。折りたたんだ状態。
※写真は支柱の断面が円形ですが、最近のモデルは四角形に変わりました。おそらく伸縮部のネジが緩い時に支柱が回転して転倒する事を防ぐ改善だと思います。

使用感


FOXと比べると全体的に重量感があり、伸縮や折りたたみの可動箇所も固めで簡単に動いてしまうことはありません。コンパクトながら堅牢で安心感があり、安定性・重厚感はAidaとFOXの中間だと思います。楽器を立てかける部分の高さは、キーを押さえつけないような位置に調整する必要があります。特に左手薬指で押すCキーの長い軸を圧迫しないように注意(私は楽器を右寄りに置いて中央のくぼみ部分でやり過ごすようにしています)。楽器を立てかける部分の幅は、Amatiには広めになっています。

オオハシ製コントラファゴットスタンド。出番待機中。オオハシ製コントラファゴットスタンド。出番待機中。
折りたたみできてしっかり楽器を支えてくれる堅牢なスタンド、という感じですが、頻繁に手で持ち運びをするにはちょっと重いかなと思うので基本的には据え置き用だと思います。価格はFOX製同様2万5千円ぐらいで、Aidaより遥に安くて扱いやすいので、据え置き型としてはこちらをおすすめします。持ち運ぶことが多い場合はFOX製の方がおすすめです。

補足


下端部分がエンドピンしか収まらないぐらい小さいので、ファゴットを立てかけることはできません。メーカーHPの解説によると、ルブランのクリップ型コントラバスクラリネットも対応しています。

※スタンドの使用感等疑問・質問がありましたらコメントかお問い合わせでご連絡下さい。

こちらで購入できます:



【関連】日記:FOX製コントラファゴットスタンド所有楽器:コントラファゴットのページ





コメント一覧(2件)

この記事へのコメント一覧(2件)

* 2015/12/29(火) 19:42 by iga
adlerのlowAコントラを立てられる、持ち運び可能なスタンドを探しております。foxのコントラスタンドはlowAモデルだと不安定かもしれないとのことですが、オオハシのものはいかがでしょうか?ご教示いただければ幸いです。


* 2015/12/30(水) 10:11 by みやだい
コメント頂きありがとうございます。
Foxスタンドの場合楽器を支える位置が低いため、LowAの背の高さではバランス的に不安定になる恐れがあります。例:http://www.howarth.uk.com/ProductImages/abn37web.jpg
オオハシであれば支柱を最大限高くすると記事写真のように左手のキーの少し上あたりで支えるので、LowAの背の高さでも楽器の中心の高さなので問題ないと思います。


コメントを書く

この記事へのコメントを投稿

記入者(*)

コメント(*)

(*)は入力必須項目