【旅行まとめ】四国旅行3日目(高知城、徳島城跡)

        写真-旅行・散策   

四国旅行2日目後半に続き、3日目は高知から徳島を経て帰ります。この日は終始快晴で天気に恵まれました。

/diary_picture/201711/098.jpg

高知城

街中にある見上げる高さの上に建つお城でした。山内一豊像の近くの黒い追手門から入り、石段を登り続けていきます。二の丸、三の丸には建物がないですが、切り立った石段が印象的でした。頂上の本丸には途中にはなかった櫓等の建物が沢山並んでいました。天守閣からの風景は都市風景が広がり、路面電車等街の音が聞こえ、都市の中のお城という感じでした。

・追手門、山内一豊像/diary_picture/201711/092.jpg/diary_picture/201711/093.jpg

・高台に立つお城、切り立つ石垣を横に石段をどんどん上がる/diary_picture/201711/094.jpg/diary_picture/201711/095.jpg/diary_picture/201711/096.jpg/diary_picture/201711/097.jpg

・天守閣、庭園やお城名物急階段/diary_picture/201711/098.jpg/diary_picture/201711/099.jpg/diary_picture/201711/100.jpg

・天守閣は都市に囲まれた眺望、街の音も響く/diary_picture/201711/101.jpg/diary_picture/201711/102.jpg/diary_picture/201711/103.jpg

・屋敷跡は緑豊か、猫発見/diary_picture/201711/104.jpg/diary_picture/201711/105.jpg高低差があり歩く距離も長いお城でした。

お城の麓の県庁から通りに出ると路面電車とさでんが行き交う。/diary_picture/201711/106.jpg

徳島城跡

一路四国三県目の徳島へ。かなり長い距離の移動となりました。徳島城は徳島駅の裏手にある城跡です。道沿いに堀の石垣はありますが建物は平な公園部分に門が1つ残るのみでした。駅が近いのでディーゼル車の音が鳴り響いていました。SLも展示されていました。お城の本丸跡のある丘は自然豊かで、急な石段を登って行くと石垣のみの遺構が現れます。頂上の本丸は広い平らな広場で、建物等は何もなくて静かな安らかな遺跡感。高台ですが斜面に生えた高い木々に阻まれ風景はその隙間から少ししか見えないのが残念でした。しかし公園の看板を見ると、市内で貴重な森林を保護しているということで、伐採する事はできないということで納得しました。

・徳島城跡の丘/diary_picture/201711/107.jpg

・公園部で現存するのは数寄屋橋、鷲の門や石垣/diary_picture/201711/108.jpg/diary_picture/201711/109.jpg/diary_picture/201711/110.jpg

・お花見広場、奥には博物館と庭園/diary_picture/201711/111.jpg

・近くに徳島駅裏の車両基地、ディーゼル音が響く/diary_picture/201711/112.jpg

・丘の麓には貝塚、記念碑、池など/diary_picture/201711/113.jpg/diary_picture/201711/114.jpg

・SL展示場、徳島駅のすぐ裏手、ここでも猫発見/diary_picture/201711/115.jpg/diary_picture/201711/116.jpg

・緑豊かな丘の石段を登る、記念碑や櫓跡など/diary_picture/201711/117.jpg/diary_picture/201711/118.jpg/diary_picture/201711/119.jpg

・頂上の本丸広場は静かな遺跡空間、景色は貴重な森林の隙間からわずかに見える/diary_picture/201711/120.jpg/diary_picture/201711/121.jpg駅の裏手という立地にひっそりと歴史を伝える城跡がありました。丘を上がって現れる石垣群は地上とは別世界の雰囲気でした。

帰り

お城巡りを終えて帰途につきます。鳴門大橋を渡り淡路島を経て明石海峡大橋を渡り、新神戸駅へ向かいます。/diary_picture/201711/088.jpg

淡路SAで見た夕暮れの明石海峡大橋はきれいでした。明石焼きも食べました。/diary_picture/201711/122.jpg/diary_picture/201711/089.jpg

新神戸駅から新幹線に乗車。夕食は弁当の但馬めしを食べました。/diary_picture/201711/090.jpg

毎度名残惜しい旅の終わり。/diary_picture/201711/091.jpg

旅行振り返り

今回の旅行は前回の広島旅行の終着地の福山からスタートし、今治、松山、大洲、宇和島、高知、徳島と、四国の内3県を中心に日本100城を巡る旅でした。台風が心配でしたが特に2日目からは台風一過のような快晴でむしろ天気に恵まれて良かったです。海の近くのお城、川の近くのお城、駅の近くのお城、都市の中のお城、平らなお城、標高の高いお城、城跡と様々なタイプのお城を見ることができました。あまり訪れない四国のそれぞれの街の雰囲気の違いを感じると共に、それぞれバリエーションのあるお城の建物や天守閣からの眺望が素晴らしくて印象に残りました。どこが一番か、というのは決められないですね。今年から始めた日本100名城のスタンプを8個押すことができ、愛媛県、高知県、徳島県はコンプリートできました。香川県には岡山とセットでいつか行く予定で、寝台特急のサンライズ瀬戸で行けたらいいなと思っています。今後も旅行と写真を楽しみにしていきます。

【関連】四国旅行2017の写真ページ

記事へのコメント

コメントを投稿

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須