音楽と自分3 ~ 一般吹奏楽団時代

自分にとって欠かせない存在になっている音楽について、今までの音楽経験について書いていきます。3回目は大卒後の一般吹奏楽団を中心に活動していた時期についてです。※少しずつ加筆、体裁調整していきます。

楽団所属時代

S楽団

大学を卒業してしばらくはどこにも所属していませんでしたが、吹奏楽コンクールでファゴットが足りないということで知り合い伝いにお声がけがあったS楽団に所属することにしました。ここで初めて一般楽団でファゴットが不足していることを実感しました。

しばらく所属していましたが、その後週末も仕事が入るようになったこと等から辞めることになりました。

コントラファゴット購入

そして大学を卒業した約1年後に念願のコントラファゴットを購入しました。卒業してからずっと購入に向けて資金を貯めやり取りを続けていました。詳しくはコントラファゴットのページにまとめます。

・Myコントラファゴット

P楽団

仕事も落ち着くようになり、色々と演奏会を聴きに行ったりして、コントラファゴットもあるし再び音楽をやりたい熱が上がっていきました。S楽団と同じようにP楽団からもコンクールのファゴット不足のために呼ばれ、以後数年間所属して活動をしていきました。

毎年コントラファゴットも編成に入れている大編成の団体です。サウンド作りの特徴でファゴットが吹く所がどんどん増やされて行き、毎回の練習が体力的にハードだったのを思い出します。ある年のコンクールは珍しくファゴット1人で出たのですが、ファゴット奏者の審査員から演奏を褒められたのを覚えています。

数年間活動しましたが、オケを含み様々な経験をした方が良いというアドバイスを大学の大先輩からもらったこともあり退団を決意しました。そして世の中にファゴットが不足する団体が沢山あるので、エキストラ活動を中心にしていくことになりました。

エキストラ活動時代

エキストラ活動概要

当面は知り合い関係の楽団や、P楽団の関連楽団を中心にエキストラ出演をしていました。ファゴットの不足する現状から、それだけでも年数回の演奏会に参加できるぐらいの状態でした。そして知り合い伝いに参加する団体がどんどん増えていきました

意識が変わった出来事

エキストラに対する意識が大きく変わったきっかけは、P楽団の関連団体のR楽団での経験です。オケサウンドを基調としたシビアなサウンド作りをする団体で、練習でうまくいかないことが続発して悔しい想いをしました。主な原因は練習が不十分だったことと、指揮の先振りに慣れてなかったこと、ファゴットも目立つようなサウンド作りに慣れておらず緊張してしまったことです。

合奏を止めてしまうこともあり、あまりに悔しかったので反省して意識を大きく変えました。以後エキストラという立場は周りを不安にさせないように高い意識を持ち、事前にできる限りしっかり練習して臨むことにしました。この経験により意識も技術もレベルアップするきっかけになりました。

・2回目以降は主にコントラファゴットで出ているR楽団

機会に恵まれ経験を積んでいく

コントラファゴットを所有している事もあり、知り合い伝いに徐々にレベルの高い団体からお声がかかるようになりました全国大会常連団体の演奏会にも複数乗る経験ができ、練習からしてとても刺激的でした。自分自身は全国大会に出た事がなかったので、そういう団体の演奏会やイベントの大舞台に出る事ができた貴重な経験となりました。

コンクールに出ていなくても強いコンセプトの繊細なサウンドの団体もシビアで良い経験になりました。ファゴットの長いソロがある曲の代奏者「練習トラ」も経験しました。吹奏楽部がない中高生が集まった団体にも参加し、ファゴットが加わることで協力することができました。

・ファゴットとコントラファゴットで沢山の演奏会を経験

2代目ファゴットに買い替え

2011年には2代目ファゴットのモーレンハウエル(定価約200万円)に買い換えました。柔らかくて厚い響きになり、弱奏もしやすく、滑らかにスムーズに歌うことができ、表現力が格段にアップしました。1代目のシュライバーは沢山の団体での演奏機会と沢山の人と知り合う機会をくれたことに感謝しつつ、音大の先生に売却しました。

・モーレンハウエルのファゴット

まとめ

ファゴットとコントラファゴットで様々な団体に出向くチャンスを得られ、レベルの高い団でも演奏する事ができ、演奏に対する意識レベルが強くなりました。それぞれの異なるサウンド作りに触れ、それぞれの文化に合わせる感覚も身についていきました。このように沢山の実践を通して経験を積んでいき、意識も技術もアップすることができました。

吹奏楽団Festa

吹奏楽団Festaとは

自分の吹奏楽活動の中で最も重要といえるのが「吹奏楽団Festa」という存在です。大学時代の項で書いた「合演」に近い存在で、全国から技術・意識レベルの高いメンバーが集まって年末年始に京都府で合宿をし、音楽に集中できる恵まれた環境で急激に作り上げていき、兵庫県で演奏会を行う団体です。

吹奏楽団Festaでの経験

2010年から毎年参加していますが、毎年大きな刺激と充実感を得る事ができ、欠かせない存在になっています。団体としてはコンセプトに「絆」を掲げ、仲間意識が強いことも特徴で、「また再会したい」「また一緒に演奏したい」、純粋にそう思える仲間が全国に沢山できました。

参加メンバーの多くは全国の強豪吹奏楽団などで活躍していたり、大学を出てから音大に入り直してプロになった人も何人もいます。近年では音大生も加わるようになりました。センス、自己修正力、急激に仕上がっていく音楽。そんなハイレベルな集団の中での音楽作りに大きな刺激を得て、さらに意識・技術共にアップしました。

特にやり遂げた達成感が大きかったのは、バーンズの交響曲第3番(CD発売中)でコントラファゴットを吹いた事、スペイン狂詩曲のソリを吹いたこと等です。「惑星」ではバスオーボエの代わりにG管ファゴッティーノ(後述)を使う意欲的な試みもしました。

年越しアンサンブル

年越しアンサンブルでは毎回ファゴット3~5重奏を演奏していますが、自分でアレンジした譜面を使っています。Pops系やJazz系の曲を演奏したり、コントラファゴットや後述の珍しいファゴッティーノ(C管、G管共に)やバソンを使うなど、自分にしかできない意欲的な演奏に挑戦しています。

まとめ

純粋な気持ちでレベルの高い音楽に思い切り取り組むことができ、強い仲間意識があり、本当に魅力的で大事な存在です。ここで得た経験値はとても大きく、自分の音楽経験の中でも特筆すべきことです。そして彼らとの強い「絆」は続いていくはずです。

初めてのソロ演奏披露

2014年には親戚の結婚式2次会でピアノ伴奏でファゴットのソロ演奏をしました。曲はエルガーの愛の挨拶、サンサーンスのソナタより1楽章、3楽章終盤です。ソロは合奏以上に音1つ1つがシビアで神経を使い、しっかり意志がないと形になりませんでした。練習で録音してショックを受けて直して、を何度も繰り返しました。様々な癖を発見し、こう表現したいという意思も生まれていきました。

そうして緊張の本番を無事やり遂げることができました。心が動いてくれたようで演奏後に何人も声をかけてくれました。演奏面で学ぶことが多かったと同時に、人のために演奏、表現できることは素晴らしいことと感じました。

ファゴット関連楽器に興味が増す

ファゴッティーノを購入

2008年にはWolf社のC管ファゴッティーノを購入しました。きっかけはファゴット関係でお世話になっているefwanさんが所有するG管を吹かせてもらって興味を持ったことです。当初はメーカーに直接メールでやりとりしていましたがとん挫し、楽器店に輸入してもらいました。

楽器を購入したのはリード作りができるようになったことも1つのきっかけです。ファゴッティーノ用のリードは販売されておらず未知で、自作できることが必須だからです。何が正解か分からないので様々な寸法、削り方で試行錯誤しました。

とても珍しい貴重な楽器と言う事もあり、N響の水谷先生が興味を持ち我が家にお越しになり、現代曲での使用の試みのためにレンタルをするという事もありました。その時はefwanさんからお借りしていたG管も我が家にあり、2本とも揃った状態でした。とても貴重な機会でした。

サリュソフォーンに触れる

またある時サリュソフォーンを吹く機会に恵まれました。サリュソフォーンもファゴット奏者が扱う楽器の1つです。希少な楽器でとても興味深く、借りている期間に猛練習しました。ディオニソスの祭りでいつか吹いてみたいです。

所有楽器

これでこの時点でのファゴット属の所有楽器はファゴット、コントラファゴット、C管ファゴッティーノの3本になりました。元々楽器に興味が強かったのですが、サリュソフォーンにも興味を持ち、後にバソンを購入し、ファゴット関連楽器に強い興味を持つ独特の存在へと向かい始めました。