音楽と自分4 ~ 管弦楽進出時代

自分にとって欠かせない存在になっている音楽について、今までの音楽経験について書いていきます。4回目は今まで吹奏楽中心だったのが管弦楽に進出していく時期についてです。※少しずつ加筆、体裁調整していきます。

2013年・管弦楽への進出

管弦楽への進出

それまでずっと吹奏楽で活動してましたが、徐々に管弦楽(オーケストラ)にも活動の場を移していきました。完全に移行したわけではなく、吹奏楽も管弦楽も両方やっています。吹奏楽と比べてより主体的な立場で目立ち、ソロも多く繊細な表現が求められ、その経験からさらに意識、技術共にアップできたと思います。

それまでの管弦楽に近い経験

今までの吹奏楽活動で最も管弦楽に近いスタイルでやっていたのは前述のR楽団です。オケを意識した編成で、吹奏楽ではやらないような交響曲を演奏し、そのためにとても繊細な表現を求められ、指揮も先振りでした。そこで一般的な吹奏楽と比べオケに準じたシビアな雰囲気の音楽作りを経験していました。この経験がオケへのシフトをしやすくしたと思います。

管弦楽やシビアな吹奏楽を経験

以後、印象が強かった演奏会を中心に書いていきます。

オケを本格的に最初に経験したのは、2013年に第九の1・4楽章を演奏する公募オケでした。コントラファゴットで参加したので4楽章のみですが、あの部分的に狂ったような譜面を吹いてオケデビューしました。翌年常設団体のY楽団となり、所属することになりました。

他にも某官庁内のオケに賛助に行きました。某省内の中での演奏はとても貴重なものでした。その時もコントラファゴットも使い、デュカスの魔法使いの弟子ではソロを吹きました。ここでも管弦楽の経験値を上げていきました。

吹奏楽でも、過去に何度か聴きに行っていてその繊細なサウンド作りにとても魅力を感じていた千葉県のI楽団に知り合いがいて、ファゴット不足のため賛助に呼ばれる機会がありました。コンクールには出ておらず、こちらもオケに近いスタイルでシビアな音楽作りをしていて、とても良い経験になりました。

2014年~2016年

印象深い演奏会

2014年、前述R楽団が第40回記念演奏会で吹奏楽ながら第九全楽章を演奏する機会がありました。コントラファゴットですがコントラバスをベースにしていて全楽章を吹くアレンジで、40ページ以上の過去最長の譜面を吹きました。例年コントラバスクラとバスサックスと共にオケのコントラバスパートを演奏しています。体力的な疲れ、シビアな表現と大変でしたが、とてもやりがいがある思い出深い演奏会でした。

年末にはY楽団の第1回定期演奏会を迎えました。所属オケとしては初めての演奏会となりました。以後定期演奏会、夏のロビーコンサート、年末の地区センターと大さん橋での第九・4楽章と活動していきました。

2015年に賛助で埼玉県のO楽団に行きました。第九を演奏するのですが当初コントラファゴットだけの予定が、本番1週間前に2アシも吹いてほしいと言われ猛練習した記憶があります。何かと第九を演奏する機会は多いですが、3楽章までをファゴットで吹いたのは初めてでした。

ファゴット支援の意識が向上した出来事

2015年には、ファゴットとコントラファゴットでE高校の吹奏楽部の賛助に行きました。ファゴットの生徒3年生1人だけで、教わる人もおらず後継者もいない、そんな厳しい現状を目の当たりにしました。その経験から吹奏楽のファゴットの支援をしたいという気持ちが強くなりました

最も本番が多かった2016年

2016年は演奏会本番に20回乗った怒涛の年でした(吹コン、地域イベントを含めると24回)。1/4の吹奏楽団Festaから始まり、所属オケや常トラの各団体、高校OBジョイントコンサート、トラで新規に呼ばれて行ったオケや吹奏楽団、最後は12/27の吹奏楽の本番でした。月に2回は本番という常に演奏会を意識した日々で、やり遂げた事は自信につながりました

6月には後に毎年参加する室内楽のA楽団に初参加しています。木管五重奏などの室内楽は何度か演奏していますが、本格的に音楽作りをして演奏会で披露するのは初めてでした。演奏したのはモーツァルトのグランパルティータ。希少なバセットホルン奏者をかき集めての演奏でした。室内楽は1人1人がとても重要であるし、毎年とても勉強になっています

本番が多かった2016年ですが、以後回数を減らして1回1回の本番をもっと丁寧に取り組もうと方針転換しました。エキストラ依頼をお断りする事も増えていきました。

2017年~

音大出身者が中心の団体に参加

2017年には吹奏楽団のL楽団に賛助出演しました。音大出身者が中心となっている団体で、某プロ楽団の関係者、CDを出す人等、今までになくハイレベルな団体でした。皆さんとても技術が高くて素晴らしい演奏でとても刺激になりました。そのような場に呼ばれて演奏できて幸運でした。

2018年のL楽団では、キャンディード序曲、リンカンシャーの花束、ドラゴンの年、天国の島。いずれもファゴットにとってシビアな曲で苦労しました。ソロや重要な目立つ部分が多く、吹奏楽であってもファゴットが主体性の意識と技術がないとやり遂げられない曲目でした。大変でしたがとても良い経験でした。

その他・印象深い演奏会

管弦楽のW楽団で、ラフマニノフの交響曲第2番を演奏しました。この曲は今までの演奏経験で最も苦労した挑戦の曲となりました。曲の流れがなかなか覚えられず、細かい動きをさらっても身につかず、それまでにないぐらいイメトレして乗り越えました。本番はしっかり余裕をもって演奏することができました。

2018年にY楽団のロビーコンサートではモーツァルトの「2本のファゴットのためのソナタ K.292」を演奏しました。録音を聞いて癖を認識して直し、単調にならないようにメリハリを付けたりどう歌いたいかのイメージを作っていき、良い経験になりました。

2018年は所属のY楽団にて、チャイコフスキーの交響曲第5番を演奏しました。ファゴットが活かされる部分が多くてやりがいがありつつ、シビアな部分が多くて苦労する曲です。特に3楽章はファゴットがリードしていく部分があり、そこが終わるまで緊張感が抜けません。ソロのシビアさは悩まされましたが、本番は強い気持ちで音楽に集中してやり遂げました。

2019年、S楽団にはもう10年ぐらい出ていますが、第30回定期演奏会だった今回は広瀬勇人先生による委嘱作品がありました。作曲者の方が直々に指導して頂いて、作曲者視点の音のニュアンスや意図、求めるバランス、込めた意味などを直接伝えられ、新鮮で貴重な機会となりました。便宜上である譜面から感じ取って解釈する事の大事さを実感しました。

吹奏楽団Festaの終わり?

2020年、1月に例年の吹奏楽団Festaの演奏会がありましたが、目標としていた「ローマの祭り」を演奏しました。明確に終了宣言されたわけではありませんが、「まだ終わってほしくない」と皆が涙を流した演奏会となりました。今後どうなるか分かりませんが、かけがえのないとても大切な場であったことは間違いありません。

活動できない苦悩の2020年

その後は新型コロナウイルス蔓延の影響で演奏会が軒並み中止に、練習すら開催できない苦しい日々が続いています。この期間は多重録音の準備を進めています。

バソンを購入・次の目標は

バソンを購入

2018年7月、中古のバソン(フランス式ファゴット)を購入しました。前年に大阪の楽器屋さん「アトリエ・アルファ」で試奏して以来バソンが気になっていました。そのことを発信していた事もあり、バソンを買い替える人から連絡が来て買い取ることにしました。

1960年代製造の楽器ですが、外見はそれほど古いとは思えない程きれいです。一般的な(ヘッケル式)ファゴットとはまた異なる優美さのある外見が魅力的です。

吹いてみるとキー配置の違い、運指の違い、吹奏感の違いなどもあり、ファゴットとはずいぶん感覚が違います。基礎練習から始めて試行錯誤しています。その難しさにめげそうになりますが、練習を重ねるほどコツをつかんで行っています。いつか本番で吹いてみたいです。

所有楽器と今後

これでファゴット関係の所有楽器はファゴット、コントラファゴット、C管ファゴッティーノ、バソンの4本となりました。純粋に楽器への興味が強いことから増やしている楽器達ですが、これだけ所有する人は世の中にそうはいない、かなり貴重な存在になったと思います。

でもまだ終わりません。次はサリュソフォーンを購入したいと考えています。以前吹く機会があってその魅力にとりつかれています。基本的に古い楽器が多いのですが、エッペルスハイムがサキソフォーンをベースにした仕様の新品を製造しています。具体的にはまだ未定ですが、次に購入する楽器として目標にしています。


スポンサーリンク