音楽と自分2 ~ 大学時代

自分にとって欠かせない存在になっている音楽について、今までの音楽経験について書いていきます。2回目は大学時代についてです。※少しずつ加筆、体裁調整していきます。

大学時代

大学での活動概要

東海大学吹奏楽研究会(通称「吹研」=すいけん)で活します。今でこそ全国大会常連ですが、当時はどん底から這い上がっていく時期でした。特に最初は活動自体が不安定で編成も整わず、1年間はコンクールが終わるころまでクラリネットに移っていました。後にファゴットに戻りますがマーチングはクラリネットのまま続けました。

吹研での活動

1年時には高校時代と比べて円滑に活動できないもどかしさもあり、辞めることも考えていました。同じような考えは付属校をはじめ強豪高から来た人が多かった同期にも広がっていました。そんな時、12月に開催された東京都大学吹奏楽連盟の合同演奏会(通称「合演」)に出場し、他大学の人達と交流することで踏みとどまることになりました後述)。

2年時以降はファゴットに戻り、もう1人ファゴットの同期はいたのですが、3年時からはファゴットは1人で活動していきます。4年時にもファゴットは入らず後継者問題に直面しました。そんなときにまた団体がコントラファゴットを購入しましたが、1人のため惜しくも使う事ができませんでした。このことでコントラファゴットへの意識がさらに高まりました。

役職としてはシンフォニックスタッフという、シンフォニック系の曲に関する役に就いていました。合奏前にはハーモニーディレクターを使って個人別のチューニングを行っていました。

吹奏楽コンクール

吹奏楽コンクールは1年時はプッチーニ作曲「トスカ」より、2年時はシュミット作曲ディオニソスの祭り、3年時は「サロメ」より7つのヴェールの踊り、4年時はホルジンガーの「春になって、王たちが戦いに出るに及んで」を演奏し、都大会(地方大会レベル)の銀(ダメ金だったかも?)まで行きました。神奈川県内を中心に活動してるので、当日は朝3時から練習ということもありました。

まとめ

大学は高校と勝手が違い様々な問題が生じて悩むこともあり、自分自身もかなり迷走していた時期でしたが、特に他大学の様々な人たちと交流を広げることで新しい世界が広がりました。1年時は予選落ちだったコンクールも都大会上位に食い込める程に上り詰めることができたのは良かったと思います。

東京都大学吹奏楽連盟の合同演奏会

合演について

通称「合演」とよばれるイベントで、都の連盟に所属する各大学からオーディションで選ばれた奏者が集まり、12月に合宿を経て開催する演奏会です。ポップス、マーチング、シンフォニックの3ステージで別々のメンバーで演奏し、自分はシンフォニックステージで1年時と3年時に参加しました。

特に1年時は他大学の人達と交流が広がったことで、辞めそうになっていた音楽を続けるきっかけになった重要なイベントです。彼らとの交流で、それぞれの人が自分と同じように普段の活動に不満を持っていたり、活動にかける想いを聞き、自分も頑張ろうと思う事ができました。彼らとの仲は今でも続き、大切な友人になっています

演奏内容

1年時はレスピーギのシバの女王ベルキス、3年時はストラヴィンスキーの火の鳥をメイン曲として演奏しました。火の鳥の子守歌のソロは本格的な長いソロとしては初めての経験でした。どちらも技術や意識が高いメンバーと音楽を作り上げることができ、大きな充実感が得られた思い出深い演奏会となりました。

その後

後にそのOB的団体の一般吹奏楽団「吹奏楽団ひよこ」が結成されたので参加していました。演奏会を数回開催しましたが、指揮経験者達が遠隔地に離散したことなどから活動は無期限休止状態になりました。今はそれぞれ家庭を持ったりして難しくなっていますが、また何かの形で再開できたら良いと思います。

その他

編曲と吹きオフ会

個人では独学で編曲を始めた時期でもあります。吹奏楽やアンサンブルを中心にアレンジをし始め、譜面の読み書き、耳コピ力が養われていきました。アレンジした吹奏楽曲は大学吹究で地域での依頼演奏で実際に使用したこともあります。

その他、ネット上で知り合った人達と「吹きオフ会」を開催したことがあります。アレンジしたアンサンブル譜を使って木管五重奏(Fl,ASax,Cl,TSax,Bsn)の演奏を楽しみ、飲み会をしました。彼らとは吹奏楽団の立ち上げの話も出ましたが結局実現しませんでした。

エレキベースの経験

エレキベースを知人からもらいました。初めての弦楽器で最初は音の発音が確実ではなく不安定でしたが、全部の音で左手のポジションも右手の弾く指もきっちりすぎるぐらい正確にしよう、と意識を変えて上達しました。このことはファゴットを演奏する時にも「全部の音を確実に発音する」という意識の強化に応用しました。

クラリネットの経験

ファゴットを演奏する上でもクラリネットの経験は役立っています。ファゴットで練習したフレーズがクラリネットでも吹ける(逆も同様)ように、演奏する時に「イメージ」の領域がある事を多角的に認識できるようになりました。異なる楽器を演奏することも役に立つことがあると感じました。


スポンサーリンク