【ライブ】過去最高の大規模大熱狂のライブ!欅坂46東京ドーム公演(全国アリーナツアー2019)

作成:   更新:   カテゴリ:音楽-J-POP

欅坂46の全国アリーナツアーの追加公演として東京ドーム公演が2日間に渡って開催され、その2日目に参戦しました。初の東京ドーム公演、アリーナとは規模が違いとにかく広い!そして約5万人の客の歓声も圧倒的で、コールや声援の反響も大きく、過去最高に熱曲するライブだった。今までに感じた事のない迫力、規模感。今までのライブとは全然違った感覚で圧倒された。そして平手ソロダンス等注目箇所への湧き具合も大きかった。そんなライブの内容のレポートや感想について書いていきます。



【関連】アイドルの枠を越えた表現者、欅坂46の3つの特徴と他のグループとの違い

会場周辺



・昼過ぎ、人がまだ少ないドーム前
欅坂46・東京ドーム・ドーム前欅坂46・東京ドーム・ドーム前
・撮影行列のパネル。ドーム用ロゴは結成日とドーム公演の二日程が書かれている。
欅坂46・東京ドーム・パネル前欅坂46・東京ドーム・パネル前
・入口前、映像が流れていた
欅坂46・東京ドーム・入口前欅坂46・東京ドーム・入口前
・さりげなくドームロゴの旗が並ぶ
欅坂46・東京ドーム・旗欅坂46・東京ドーム・旗
・人が増えた入場前
欅坂46・東京ドーム・入場前欅坂46・東京ドーム・入場前
・混雑する入場ゲート
欅坂46・東京ドーム・入場ゲート欅坂46・東京ドーム・入場ゲート「時間ギリギリの入場は危なっかしい計画ですよ」と係員w

会場内は野球場としては反対向きで外野のセンター方向にステージがある。アリーナあるような大型スクリーンが中央と左右の3つあり、花道は十字クロスになっている。とにかく広いし高さがある。

ライブ前半


最初は廃墟の背景で平手がゆっくり歩いてきて静かに一人でダンスを踊ることから始まる。平手は体調不良でアリーナツアーの前半(仙台、横浜)を休み、後半(大阪、福岡)から一部の曲だけ復活していた。平手がソロで登場して注目を浴び、そのオーラに客も息を飲んで静まっている。そしてステージ上段にあるピアノのA音を出した後、Overtureへと繋がる。本編に入るが全体的に歓声、コールの反響が大きくていつも以上に迫力がある。

前半は「ガラスを割れ」からスタート。全員がMA-1の赤い色側のような衣装で登場。欅坂随一のロック曲でステージには炎も上がり、最初からカッコ良い曲で一気に盛り上がる。前半は曲ごとにダンストラックがあり、欅坂らいしクールでカッコ良い雰囲気を演出する。2曲目は「語るなら未来を…」で引き続きダンス曲で盛り上がる。「Student Dance」は十字型の花道を使って広がる、リズミカルな曲調の中で無機質な感じでライトを照らしたりスマホで撮影したりするのが印象的。ダンストラックは平手ソロダンス、ピアノの上で踊る。4曲目はエキセントリック、厚めの靴は実際に脱いで回して投げた。天ちゃんの「もうそういうのうんざりなんだよ」で湧く。

MC①(全員~田村、松田、森田、山﨑) ※調べて加筆します。
菅井:東京ドームに立てた事がびっくり。欅坂を見たいと思ってくれる人がこんなにいて感謝。昨日は緊張でリップを壊してしまった。
佐藤:21人で始まった時は東京ドームに立てるなんて想像もできなかった。2期生も入ってくれた。お客さんやスタッフのおかげ、恵まれている。
守屋:友香といつかはと話してたし感無量。ステージで踊って東京ドームの広さを実感した、本当にありがたい。
※それぞれ感極まっている様子だった。

松田:
田村:
森田:CDショップでカタミラMV観て欅坂ファンになった、入りたいと思った。
山﨑:(最初マイク遠くて声が聴こえず言い直す)サイマジョ聞いて自分もそう言えるようになりたいと思った。

ライブ中盤


中盤、「世界には愛しかない」で一転して明るい雰囲気に。ペンライトは青色に染まる。平手の髪が伸びてどことなくセカアイ期の雰囲気に近い。傘を使ったパフォーマンスも。「虹が架かった」で石森が映るのが良い。ユニット曲「青空が違う」は引き続き青色、2つの気球に2人ずつ乗って歌う、後方上部の二階席前まで行くのが良い。「バレエと少年」、ここから誰か・何かを想う雰囲気の曲が続く。「制服と太陽」の淡い雰囲気から「二人セゾン」へ。原田や平手が居る本来の形、平手ソロダンスも良かった、湧いた。

いつもの前奏からの「キミガイナイ」は今回は織田というより、卒業メンバーへの想いだろうか。そして「もう森へ帰ろうか?」、背景が東京ドームテーマデザインの森になる。メッセージ性があり表現的な曲でコールもなく聴き入ってしまう、終わった時の拍手が印象的。一転して「僕たちの戦争」でアップテンポに。「結局、じゃあねしか言えない」は4人、事前の呼びかけもありほぼ黄色で統一された客席、緑か赤一色になりがちな欅坂にとって新たな色という感じ。欅坂には珍しいが明るく前向きで良い曲だと感じる。

MC②(井上、関、武元、松平) ※調べて加筆します。
武元:2期生はネガティブで泣いちゃうことも多かったが今は前向き。みなさんのおかげ、恩返ししたい。欅坂の力になれるように頑張るのでよろしくお願いします。
井上:
関:欅坂はサイマジョより前から好きだった。背中を押してくれる曲が多い。二人セゾンが好き。ダンスが苦手でスタッフからも心配されてたが練習していき「上手になったね」と言われて嬉しい。「踊れない」から「もっと上手になりたい」へ意識が変化した。
松平:

ライブ後半


後半、「サイレントマジョリティー」は欅坂の方向性を作った特別な曲で盛り上がる。ここから畳みかけるように強い曲、激しい曲が続くことになる。雷の音から「避雷針」、理佐が抱き止める平手は久しぶり。「アンビバレント」、ここから激しさレベルがさらに上がり、客のコールも大きくなり熱狂感が増す。平手側転成功で湧く。ダンス曲「風に吹かれても」でさらにコールが強くなる。クール系が続くと思ったら「危なっかしい計画」、メンバーの煽りで大人数の会場の客の声がさらに増しヒートアップ。タオル回してジャンプして一体になって盛り上がる。

本編ラストはこのまま突っ走ると思いきや少し落ち着いた雰囲気の「太陽は見上げる人を選ばない」、これは本来けやき坂46(現日向坂46)との合同曲で、太陽が希望であるということを歌っている。この曲がラストである意味は、ファンがメンバーの希望なのか、メンバーがファンの希望でありたいのか、何らかのメッセージがありそうだ。最後の"OH OH OH~"のコールが延々と続いて、菅井様のメッセージ、そして小池の感情を爆発させた「皆のことが大好き」で終える。

アンコール


ドームロゴが両端のスクリーンに表示する中でのアンコールのコール、今までに聞いたことがないぐらい幅広い場所から大きな声量で押し寄せて圧倒される、人数が多いのでタイミングが揃う事もなく、それぞれが声を張り上げ続ける。アンコールは魔曲「不協和音」が久しぶりに復活!衣装も不協和音のもの。不可能と思っていたこの曲のパフォーマンスに大熱狂する。葵櫓も久しぶり。平手の他、長濱代わりの田村の「僕は嫌だ!」も感情爆発して大いに湧く。

メッセージ性が強くリスクもつきまとうこの曲を終え、中央のスクリーンに欅坂ロゴが表示し、再びアンコールの長いコール。不協和音の後だし客席から立っている状態だし大声援が長い時間続く。ずっとこのまま終わってほしくない。そしてセンターステージに平手が1人現れ、映画「響」主題歌の「角を曲がる」を披露すると分かると湧く。熱い曲から一転したしっとりした感じとそれに合わせた表情、平手の歌とコンテンポラリーダンス(不協和音からよく転換できた)に静かに注目が集まる。曲の雰囲気のまま泣きそうな感じで平手の「ありがとうございました」、そして大拍手が起きて穏やかな雰囲気で終演する。

終わりに


初の東京ドームでのライブ、客が約5万人という規模が大きくて盛り上がりが過去最高、大熱狂のライブだった!とにかく歓声がすごい!平手が顕在で、セトリも一回り大きく、不協和音も復活、平手ソロ部分も多い。本当に今までにないすごいものを体感してしまった。心が大きく揺さぶられ、刺激的な大満足のライブだった!毎回最高と思うが、最高を毎回更新していく。今までにないぐらいに興奮が冷めやらない。

広大な客席を埋め尽くすのは忘れられない光景。欅坂も本当に大きくなったと実感して感慨深い。欅坂の集大成のライブ、カッコよさとメッセージ性の表現、自分らしく生きろとこれでもかと言われている。二期生が加わることによって本来の欅坂が戻ってきた感じ、前に進んで行く感じ。二期生は本当に良い形で加わってくれたと思う。そして各メンバーは9thシングルの選抜発表の影響もなく見事に熱演した。

欅坂は誰もが持っている心の闇に寄り添い共感し、自分らしく生きることを説いている存在。従来のアイドルのような明るく可愛く振る舞って鼓舞するイメージとは全く異なる。とてもアーティスティックで、アイドルだけでなくアーティストを含めても唯一無二の存在だろう。そのメッセージ性の強さゆえの脆さもあり、不安定さ、儚さもあるのも事実。

それを乗り越えてなんという今回の大舞台に立つことができ、それを目撃できたのは幸いだ。紆余曲折がありながらも1つの大舞台を無事終え大きな素晴らしい価値を生み出してくれたことは大きな成果であり、ファンとして大いに感謝したい。ぜひ円盤化してほしい。他のアイドルとは全く異なるその主張と本質の魅力について、今後もそれに刺激をもらいつつ応援していきたい。

・終演後
欅坂46・東京ドーム・終演後欅坂46・東京ドーム・終演後

セットリスト 2019.9.19


夏の全国アリーナツアー2019 東京ドーム公演 セットリスト 2019.9.19

影ナレ
上村、菅井、原田

Overture
① ガラスを割れ!
ダンストラック
② 語るなら未来を…
ダンストラック
③ Student Dance
ダンストラック(平手ソロ)
④ エキセントリック
MC①(全員~田村、松田、森田、山﨑)
⑤ 世界には愛しかない
⑥ 青空が違う
⑦ バレエと少年
⑧ 制服と太陽
⑨ 二人セゾン
⑩ キミガイナイ
⑪ もう森へ帰ろうか?
⑫ 僕たちの戦争
⑬ 結局、じゃあねしか言えない
MC②(井上、関、武元、松平)
⑭ サイレントマジョリティー
⑮ 避雷針
⑯ アンビバレント
⑰ 風に吹かれても
⑱ 危なっかしい計画
⑲ 太陽は見上げる人を選ばない

【アンコール】
⑳ 不協和音

【ダブルアンコール】
㉑ 角を曲がる

【関連】欅坂46 ARENA TOUR 2019 in TOKYO DOME SPECIAL SITE





コメント一覧

コメント一覧

コメントがありません。


コメントを書く

この記事へのコメントを投稿

記入者(*)

コメント(*)

(*)は入力必須項目