【櫻坂46】一期生と二期生の推しメン・贔屓メンについて ~ 気になった経緯のまとめ

    自分のこと

前回は三期生おもてなし会参戦をきかっけに決めた三期生の推しメン?について書きましたが、今回はそれ以前からの一期生・二期生の推しメン・贔屓メンのきっかけについて書きます。

櫻坂46メンバー

【関連】三期生についてはこちら

推しメン:大園玲

大園玲

現在の推しメンは大園玲さんです。先日誕生日に1st写真集「半分光、半分影」が発売されましたね。それを機にいつから推しメンになったのかを振り返ってみました。

調べたら、欅坂時代の「FLASHスペシャル グラビアBEST 2020年秋号」(表紙:小林由依)掲載の新2期生のインタビューでした。

「歌詞の中に入り込んで気持ちを伝える一員になりたい」

この言葉を見てピンときました。当時新2期生はまだグループと馴染みたい、個性を出したい等という話が多かったのですが、その中で表現重視のグループの本質に迫る感性と聡明さを感じるこの発言がとても印象に残りました。

当時は渡辺梨加が一推しであり、実質二推し状態でしたが、大園さんにとって最初のライブ(欅坂の改名を発表した配信ライブ)からタオルは買っていました。

以後けやかけでもメモキャラで注目されたり、持ち前のグイグイで新2期生の中でも頭角を現していました。

そして櫻坂46に改名し、1stシングル Nobody's fault では新2期生から唯一歌唱メンバーに選ばれました。正直パフォーマンスはまだまだでしたがグループの本質に迫る意欲が認められたのだと思い嬉しかったです。

その後の活躍は見ての通りでパフォーマンス力も成長し、ついに櫻エイト入りを果たしCoolでカップリングセンターに選ばれ、ラヴィット出演や写真集発売と活躍して勢いのあるメンバーです。

【関連】

次は贔屓メンについて書きます。

贔屓メン

小池美波

小池美波

小池美波さんのきっかけは3rdシングルのバックスライブです。配信で視聴したのですが、それぞれの気迫や表現力がすごかったライブですが、その中でも小池さんの表現力は飛び抜けていると感じました。

それはソロダンスやセンター以外の楽曲を見ても分かるほどで一目瞭然でした。櫻エイト経験者ということもありますが、幅広いタイプの表現に対応できること、MCからも熱さや強さを感じられるところに惹かれました。

小池さんは初期は大人しい可愛いイメージでしたが、二人セゾンのソロダンスを急遽本人の判断で踊ったエピソードなどがあり、元々強いものを持っていたとは思います。強くて逞しい熱いメンバーへと大きく成長した事をバックスライブで強く感じて、目が離せなくなりました。

【関連】

遠藤光莉

遠藤光莉

遠藤光莉さんのきっかけは、けやかけ初登場の時からダンスのカッコ良さに惹かれていました。不器用なイメージもありますが、ノバフォの紅白の時の裏センターでバキバキに踊る姿はくぎ付けになりました。

2回のバックスライブでもノバフォ、BANを踊る姿はスタイリッシュで技術が高くて表現力があって強いものが伝わってきました。言葉で表すのは難しいですが、直感的に好きなパフォーマンスなのです。

そして新2期生として初めてユニット(ジャマイカビール)に選ばれているし、プレバトではスプレーアートで才能アリと認定されました。曼陀羅の絵も特有の特技として持っている等、センスと個性を持っています。

最近は再び休業してしまい残念ですが、またダンスを中心に活躍する姿を見たいです。

【関連】

関有美子

関有美子

関有美子さんは自分が元々渡辺梨加推しだったこともあり、梨加推しで加入した関さんを自然と注目し、同じく吹奏楽経験者であることでに親近感が湧きました。初登場からスタイルの良さにビックリしたのを覚えています。

ラストライブ後のスピーチでの涙ながらの強い言葉も印象的で、なかなか目立った活動はできていませんでしたが五月雨よで表題曲メンバーに入った時は本当に嬉しかったです。引き続き摩擦係数もメンバーに入り良かったです。

もうすぐ卒業を迎えて寂しい実感が強くなっていく日々です。公開されたプレイリストを見ると改めて関さんが欅坂から櫻坂へ激動のグループに身を置いた中で様々な感情を経験してきたのだとその心情に触れられました。

【関連】

元推しメン(卒業):渡辺梨加

渡辺梨加

渡辺梨加さんは卒業するまでの元推しです。欅坂を見始めたのは2016年夏頃のセカアイ期からで、当初は平手さんぐらいしか分かりませんでしたが、二人セゾンがでた頃には、様々なミラクルを起こす面白さから「ベリカはまりそう」とメモしていました(当時からメモ魔)。

不協和音の時に友人に誘われて一回だけ握手会に行き、初めて握手をしました。レボリューションをしてもらったりやはり実際に触れ合うインパクトは強く、これが推しになったきっかけだったと思います。

その後も大人しいけど時々吹っ切れることが自分に似ている気がしたり、様々なミラクルを起こす面白さを楽しんでいました。欅坂の中心メンバーとして、櫻坂になってからも表題メンバー外から櫻エイトにまで上り詰める成長力を見守り、1stアニラでは今まで楽しませてくれた感謝と共に卒業を見送りました。

【関連】

終わりに

推しメンや贔屓メンについて改めて振り返ってみました。それぞれきっかけはその時の直感だったと思うし、その選択に自分らしさがあるのだと思います。グループの本質に惹かれているしそれと照らし合わせる面も大きいです。

とはいえどのメンバーが活躍しても嬉しいし苦悩しても心を寄り添いたいし、実際は箱推し的な側面もあります。魅力的なメンバー達が熱く真摯にパフォーマンスにかけて表現する欅坂46・櫻坂46が大好きです。

★3rd TOUR 東京公演に行ったのでツアーが終わったらまとめます。3rd TOUR 代々木

【関連】三期生についてはこちら

↓拍手ボタンを押して頂けるととても励みになります。

   

みやだいのプロフィールアイコン

Written by みやだい

欅坂46櫻坂46のファン「みやだい」のブログです。アーティスティックな表現力の高さとそこにかけるメンタリティーが好きです。全力でライブレポまとめてます。真面目マイペース平和主義、前向きでいたい。
X(旧Twitter)@miyadai_buddies



記事へのコメント

\コメントを書く/

※絵文字は対応していません。
※攻撃的、乱暴なコメントはしないで下さい。

名前 (必須)

コメント (必須)