【能登旅行】(2) 巌門めぐり、総持寺祖院、白米千枚田

    中部地方

こんにちは、旅行散策と一眼レフ撮影を楽しんでいる「みやだい」です。

2023年(令和5年)9月の能登旅行2日目は、能登半島の先へと進んでいきます。このページは主に午前中をまとめました。

【追記】令和6年能登半島地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。皆様の無事と1日も早い復興を心から願っています。

白米千枚田

遊覧船・巌門めぐり

バスで福浦風力発電所のある道沿いを進み、間近に迫力ある風車を見ました。

巌門(がんもん)の駐車場に到着。高さのある売店付近からも景色良いですが岩場を下って行き船に乗りました。

・能登金剛遊覧船・巌門めぐり(乗り場)のマップ

きれいな海が広がり、周囲にはダイナミックな岩場があります。

・駐車場からの海や岩場の眺望巌門めぐり

・岩場の階段を下って乗船します巌門めぐり

・右側は水平線まで海がきれいです巌門めぐり

左側には生々しい岩がいくつか見られました。その内の1つに近づきました。

・大きく穴が開いた岩巌門めぐり

・その中に入りました巌門めぐり

・周辺の生々しい岩場巌門めぐり

・右側には小さな島が点在巌門めぐり

・小さな島にカモメがいて可愛い巌門めぐり

・生々しい岩の近くを通る巌門めぐり

・ダイナミックな自然を感じる巌門めぐり

・別の船が行き交う巌門めぐり

・灯台が見えてきた巌門めぐり巌門めぐり

南側にある福浦港に到着しました。小さな静かな漁港みたいなのどかで良い雰囲気です。巌門めぐり

バスは北上しますが道の途中では世界一長いベンチの付近を通り、権現岩(トトロ岩)は特に目星付けてなくてもすぐに気付きました。

総持寺祖院

・総持寺祖院のマップ

総持寺は地元近くの横浜市の鶴見にもありますが、その元になった場所とのことです。お坊さんの案内で境内を散策していきます。

・お寺の入口総持寺祖院

左には焼失しなかった建物の1つ、経蔵ではお経を入れる八角柱の「輪蔵」を回す体験をしました。

・経蔵総持寺祖院

山門の前には橋が二つあって、その意味の説明を受けました。総持寺祖院

大きな山門から境内を一周して見学しました。右側の仏殿は仏像と、通路側には大きなすりこぎとしゃもじがあります。総持寺祖院

・中庭から見る山門と法堂総持寺祖院総持寺祖院

・大きな禅の字総持寺祖院

奥の法堂は読経の大広間、天皇家の家紋、開祖の一生を描いた絵があります。

・法堂総持寺祖院

左奥には開祖の墓が焼失せず残っていて再興のきっかけになったといいます。総持寺祖院

左には修行者の就寝・読経場所である僧堂(撮影不可)。

・一周して山門に戻ってきた総持寺祖院

全体的に焼失して鶴見に移ったが一部残って祖院として再興したお寺、特にお墓が重要だったようです。大きな立派なお寺でした。

時間が余り、お寺の売店はやっていましたが珈琲店がお休みでちょっと残念。休んだり周辺を散策したりしました。

・お寺周辺の町並み総持寺祖院

バスで移動、左は海がきれいで、たまに生々しい岩が見える風景を楽しみました。

白米千枚田

・白米千枚田のマップ

白米千枚田は道の駅らしい雰囲気の高台の駐車場から、斜面の千枚田や海の開放的な眺望が見られます。

・入口と看板白米千枚田白米千枚田

斜面に千枚田のきれいな緑の模様が広がります。

・開放的な白米千枚田の眺望白米千枚田白米千枚田

海もきれいで浅瀬が透明、海の音が聞こえ、島がいくつか見えました。

・綺麗な海白米千枚田白米千枚田

駐車場には車以外にもツーリングのバイクなども沢山で、人が多くてにぎわう場所でした。

・駐車場と展望デッキ白米千枚田

・道の駅の建物白米千枚田

・階段で下に降りられます白米千枚田

・より間近に見られる白米千枚田白米千枚田白米千枚田

バスで移動、千枚田の中の道を通りました。白米千枚田

この先も今まで同じく海がきれいで岩がより生々しい感じになりました。

この美しい風景だけでも訪れる価値を感じますね。塩田が現れますが後で行きます。

昼食

昼食は「長橋食堂 ~小さい港のゲストハウス~」にて。

昼食場所

のどぐろは塩味、カニ、あわび、それぞれ風味豊かで美味しかったです。

昼食場所昼食場所

食後の小散策、周辺は小さな穏やかな漁港の雰囲気でした。

昼食場所昼食場所

2日目後半に続きます。

【次へ】

【前へ】

↓拍手ボタンを押して頂けるととても励みになります。

   

みやだいのプロフィールアイコン

Written by みやだい

ファゴット一眼レフ風景写真が好きな「みやだい」です。コントラファゴットやファゴッティーノやバソンも所有、風景写真は定期的にテレビ等に提供しています。旅行、猫も好きです。真面目マイペース平和主義、前向きでいたい。
X(旧Twitter) → @iadayim



記事へのコメント

\コメントを書く/

※絵文字は対応していません。
※攻撃的、乱暴なコメントはしないで下さい。

名前 (必須)

コメント (必須)