【旅行まとめ】神戸・姫路旅行2日目-前半(ベイエリア・クルーズ船)

        写真-旅行・散策

雨に悩まされた1日目に続き2日目です。

/diary_picture/201610/025.jpg

スポンサーリンク


心配された天気は・・・晴れ!\(^o^)/

/diary_picture/201610/018.jpg天気が本当に不安だったので起きて晴れ空を見てテンション上がり、雨だった前日の分まで楽しもうと張り切って出発しました。午前中はホテル近くの海沿いのエリアへ。

メリケンパーク・ハーバーランド

■2.メリケンパーク/diary_picture/201610/020.jpgメリケンパークは神戸ポートタワーの東側の公園です。公園には神戸海洋博物館、ホテルオークラ、阪神・淡路大震災で崩壊したメリケン波止場を保存した神戸港震災メモリアルパークがあります。港町らしい開放的で潮風が心地よい場所です。

■3.ハーバーランド/diary_picture/201610/024.jpgハーバーランドはメリケンパークの西側の再開発地区です。ウォーターフロントには神戸ハーバーランドumieという複合商業施設があり、目の前の高浜岸壁からは客船コンチェルトが発着します。岸壁沿いにはモザイク大観覧車、神戸港旧信号所、神戸煉瓦倉庫などがあります。

爽やかな晴れの中、メリケンパーク、ハーバーランドと海沿いを散策します。天気が良くて開放的で本当に気持ちよかったです。横浜生まれとしてはこの海風と潮の香り、波の音は親しみを感じます。

一角には被災の様子を伝える神戸港震災メモリアルパーク。/diary_picture/201610/019.jpg海は本当に爽快で気持ちいい!岸壁沿いには様々な船が停泊します。/diary_picture/201610/021.jpg中突堤中央ターミナルのロイヤルプリンセス。/diary_picture/201610/022.jpgハーバーランド側のコンチェルト。/diary_picture/201610/023.jpgハーバーランドから眺めるメリケンパークは神戸港の典型的なビューです。/diary_picture/201610/025.jpg神戸煉瓦倉庫まで行き、ポートタワーが営業開始する時間になったので戻ります。

スポンサーリンク

神戸ポートタワー

■4.神戸ポートタワー/diary_picture/201610/029.jpg神戸ポートタワーは1963年に神戸港の中突堤に建てられた高さ108mのタワーです。双曲面構造で鼓型をした珍しい形状のタワーで、神戸のシンボルとなっています。展望フロアからは360度の眺望で、幅広い神戸港や六甲山が迫る神戸の街並み、遠くには淡路島や紀伊半島を眺めることができます。

神戸のシンボルといえる鼓型のタワー。展望室からは海側山側両方の風景を楽しみました。海側は港風景や造船所、ポートアイランドなどの他、天気が良いので大阪や紀伊半島まで見渡せました。/diary_picture/201610/027.jpg大都市神戸の人口を抱える内陸側は狭い平地にマンションやビルがひしめき合っているのが印象的でした。/diary_picture/201610/026.jpg

クルーズ船「オーシャンプリンス」

■5.クルーズ船「オーシャンプリンス」/diary_picture/201610/028.jpg「オーシャンプリンス」は中突堤中央ターミナルから発着するクルーズ船です。メリケンパーク、ハーバーランドの間を過ぎると川崎重工、三菱重工の造船所などの工業風景になり、神戸空港付近からポートアイラインド西側を経て戻ってくる45分ほどのクルーズです。

クルーズ船がいくつかある中、デッキが広いこの船を選びました。出航15分前からチケットが買えます。強風のため少し短縮した港内ルートではありましたが、船上はとても開放感があり強い海風を受けながら海を進んで行き、とても爽快なクルーズでした。間近に見た巨大な造船所が大迫力でした。/diary_picture/201610/030.jpg神戸港の灯台、広い海の先に淡路島。/diary_picture/201610/031.jpgとても心地よい海のクルーズ。/diary_picture/201610/032.jpg

前日とは打って変わって天気に恵まれ、午前中だけでも港町神戸らしさを十分に満喫した気分になりました。次はポートタワー前の乗り場から巡回バスのシティループに乗り南京町に向かいます。

2日目後半に続く☆

【関連】神戸・姫路旅行2016の日記神戸・姫路旅行2016の写真ページ


スポンサーリンク

記事へのコメント

コメントを投稿

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須