【旅行まとめ】北海道旅行2日目(札幌、留萌)

        写真-旅行・散策   

1日目に続き、2日目はあいにくの雨。午前は札幌の市街地を中心に回ります。

札幌

■5.旧道庁/diary_picture/201606/019.jpg北海道庁旧本庁舎は1888年(明治21年)に竣工されたかつて北海道庁の本庁舎として使われていた赤レンガの建物で、国の重要文化財に指定されています。館内は北海道開拓の文書館・資料館として公開されています。

雨に降られる中、自然豊かな前庭をささっと回りました。サトザクラがきれいでした。/diary_picture/201606/020.jpg

■6.さっぽろテレビ塔/diary_picture/201606/021.jpgさっぽろテレビ塔は1957年(昭和32年)に完成し高さは142.7m、札幌のシンボルの電波等です。高さ90mの展望フロアからは札幌の市街地を一望できます。

天気は良くないもののかすむことなく市街地や大通公園の先の大倉山などの景色を眺めることができました。

■7.羊ヶ丘展望台/diary_picture/201606/023.jpg羊ヶ丘展望台はクラーク博士像で有名な札幌を代表する観光地の1つ。札幌市街地の南東に位置し、広大な牧草地や札幌の市街地を一望することができます。

雨でしたが北海道らしい広くて開放的な場所でした。牧場の奥には札幌ドーム。/diary_picture/201606/022.jpgここでジンギスカンを食べました。肉は牧場のではなく輸入物らしいです。高校の修学旅行でもここで食べました。/diary_picture/201606/013.jpg

その後ちょっと滝川の親族宅に寄った後、松尾ジンギスカン滝川本店へ。実は親族ともかかわりがある企業で、ジンギスカンを買って帰りました。/diary_picture/201606/014.jpg

留萌

その後留萌へ向かいました。長い距離の途中の山に桜の木が点在したり、日陰には少し雪が残ったりしていました。

■8.黄金岬/diary_picture/201606/024.jpg黄金岬は留萌の西側の海岸にある岬で、「日本の夕陽百選」にも選ばれています。市街地から離れた静かな海岸で、穏やかな波の音とカモメの鳴く声、潮の香りが漂っていました。

夕陽の名所ですが天気は微妙。静かな海岸で水平線へと続く海を眺めました。

旭川

のどかな留萌を出発し、北海道で2番目に大きい都市、旭川へ。2日目は旭川のホテルで宿泊。高級感のある雰囲気のロビー、部屋は高層階で眺めが良い。/diary_picture/201606/015.jpg夕食はホテルで中華料理のコース。/diary_picture/201606/016.jpg/diary_picture/201606/017.jpg/diary_picture/201606/018.jpg2日目も留萌に寄ったのでそれなりに長い距離の移動となりました。

3日目に続く☆

【関連】北海道旅行2016の写真ページ

記事へのコメント

コメントを投稿

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須