【旅行まとめ】九州旅行:柳川、湯布院、高千穂峡、阿蘇山、グラバー園等

        写真-旅行・散策

8月末に旅行会社のツアーで2泊3日の九州旅行に行ってきました。集中豪雨と台風の合間の日程で天気には比較的恵まれた旅となりました。今回は鹿児島を除く6県にまたがってコンパクトに要所をかいつまんで訪れた形となりました。

【訪れた場所】
佐賀空港→柳川→別府(1泊目)→
湯布院→高千穂峡→草千里(阿蘇山)→有明海フェリー→雲仙温泉(2泊目)→
グラバー園(長崎→望海峰(佐世保)→大河内山(伊万里)→佐賀空港

初めての九州でしたが、ダイナミックな自然の姿と、そこに根付いた歴史・文化を知ることができ、九州に興味を持ち好きになった旅となりました。各地の様子は九州旅行の写真ページにまとめましたのでご覧下さいませ。

訪れた場所

■柳川/diary_picture/201310/049.jpg有明海に面する福岡県柳川市、水郷の城下町。

■別府/diary_picture/201310/050.jpg有名で人気のある国内最大級の温泉地。

■湯布院/diary_picture/201310/051.jpg盆地に広がる高級感のある温泉地。

■高千穂峡/diary_picture/201310/052.jpg「天孫降臨」候補地の1つ、阿蘇山の噴火で削られたダイナミックな峡谷。

■草千里(阿蘇山)/diary_picture/201310/053.jpg世界有数規模のカルデラ、その中心部の烏帽子岳を望む高原。

■グラバー園(長崎)/diary_picture/201310/054.jpg港町・坂の町長崎の南山手に広がる洋館・西洋庭園群。

■展海峰(佐世保)/diary_picture/201310/055.jpg造船の町佐世保の山から望む九十九島。

■大川内山(伊万里)/diary_picture/201310/056.jpg藩御用窯が置かれた秘窯の里。

スポンサーリンク

感想

宿泊した別府と雲仙で温泉に入りましたが、やはり温泉は気持ち良くてて癒されて最高ですね。たまたま他の利用者がほとんどいなかったので開放的な露天風呂を独占できました。宿泊地では中国、台湾、韓国からの観光客も多く見られ、アジアにより近い九州の地理を感じました。

阿蘇山は外輪山までの全体が本当に広範囲でとても美しい山。きれいな形の米塚も印象的でした。熊本から雲仙に渡るフェリーは翌日は台風で欠航したらしく、本当にタイミングが良かったです。雲仙ではかつての雲仙岳の火砕流で被害を受けた地域も通過し、自然の恐ろしさを感じました。

長崎は港街の雰囲気で古い洋館等があり、やはりどこか横浜、神戸、函館に似ていました。坂の町と言われる通り都市が山の斜面に進出している独特の様子も見られました。佐世保も坂の町で、長崎以上に造船所が大きな存在感を出していました。伊万里は山里の落ち着く雰囲気で、雨に降られましたがそれも良い味を出していました。佐賀空港は有明海に面する広大な田園地帯の中にある小さな空港でした。

今回はかなり足早で移動の多い旅で、距離は長いものの訪れた場所は限定的で、それぞれの近辺や、福岡中心部、熊本城、鹿児島県とまだ訪れていない場所も多いので、今後の楽しみとしたいです。

P.S.
先日日本初のクルーズトレイン「ななつ星in九州」が運行開始しました。今回九州を堪能した直後だったので、すごく良い場所を巡る魅力的な列車だなと思いました。リニアも建設中の世の中ですが、車窓をのんびり眺めるスローライフ的な旅もいいですよね。もっと安いプランがあればいいですが…(^^;)

【関連】九州旅行の写真ページ九州の地図


スポンサーリンク

記事へのコメント

コメントを投稿

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須